色即是空

ブログ移設のお知らせ

ボクシング

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

両国国技館で行われた、東洋・太平洋バンタム級12回戦は、WBC世界1位の岩佐選手がチャンピオン椎野選手を完封。
前に出て迎撃にまわらされた椎野選手の打ち終わりにカウンターを合わせポイントを稼ぐ展開。
5ラウンド終盤、岩佐選手左ストレートがカウンターでジャストミート。
ダウンを奪いバンチをまとめストップを呼び込んだ。

一ファンの身勝手な戯言だが、今も自分は椎野選手がバンタム級最強と感じている。
リベンジが得意な無類のパンチ力を誇る椎野選手だけにしっかりと怪我を治し、リングに戻ってきてほしい。
しばし戦士の休息を。

村田選手の2戦目は相手の芯でもらわない柔らかさとセンスに手を焼く展開。
退路を塞がず追いかけっこ、狙いすぎ、的になって被弾し、会場がざわめくシーンが繰り返された。
が、長いレンジでのリードと、至近距離で右にダッキングし顔を隠す相手への左フック起こしで展開を変えた村田選手の強打が、芯で相手を捉え始め、テーマを絞った5ラウンド中盤から試合は急展開。村田選手の強打にダメージの蓄積が足を止め、最終8ラウンドにサンドバック状態でフィニッシュ。ストレスの溜まった観客の溜飲を下げた。

雑音が聞こえようが、得手の特化が世界の趨勢。
これまで、日本のミドルウェイトチャンピオンは、海外のミドル級の8回戦ノーランカーに遊ばれるレベルだった。
村田選手はそういう意味において、日本の歴史始まって以来初の、世界のミドルウェイトに、
伍して切り開く唯一無二のタレントだ。
これまでのプロ・ミドル級は、東洋では一番でも、北中米と相まみえた瞬間に敗北が待っていたものだった。
唯一の勝利は竹原さんのタイトル奪取劇のみ。
世界戦線に躍り出る途上に、世界のタレントと伍すということは、
それだけであり得ない価値を持つ。
そこで登りつめたのなら、その足跡は日本プロボクシングの歴史上、
前人未到の快挙だ。
まるで彼がミドルウェイトにおいてオリンピックチャンピオンになったように。
いや、それ以上に。
力みが抜けた終盤の速いバンチと手数は、村田選手のタレントの披瀝。
これが常に出れば、やはり時代は彼を求めてしまうと感じた。

恐るべきは井上尚哉選手。
手数、パワフルさ、試合運び、そしてディフェンスのセンス。
あらゆるエレメントで、会場中の数多の観客たちの期待を凌駕した試合。
口々から発せられた、お〜、ほ〜っという母音のどよめき、波が彼の非凡さを強く印象付ける希有な状況を作り上げた。

こんな会場の雰囲気は生まれて始めて。

この記事に

開く コメント(2)

15日はボクシング史上歴史的なビックマッチが2試合続く。

無敗のスーパースター、WBA.Cの覇者ダニー・ガルシアが、アルゼンチンの破壊王、WBC暫定王者のルーカス・マティセを迎え撃つ。

それにしてもマティセの剛腕振りは、凄まじいの一言に尽きる。
以前にも触れたが、KOするためにはそれ程パンチ力は必要なく、得手して無駄なエネルギーの消費になりがちだが、
マティセ程のパンチ力になると、相手の頭のどこかに触れただけで薙ぎ倒してしまう威力があり、その突出したパンチ力で前節、本来パンチャーが最も苦手とする技巧派王者、IBFのレイモンド・ピーターソンを仕留めた様は、正に圧巻であったし、
今や技巧だけでは長く世界を平定できないことを世に知らしめた点で、センセーショナルな試合であった。
しかもマティセの場合、バカげたパンチ力の上に、パンチ自体がソリッドで速くキれ、回転力もあるため、対戦相手にとっては厄介この上ない。

フッカーのダニー・ガルシアにとってレンジの長いマティセは、名実共にスーパーライト級を平定する為に越えるべき、最後にして最大の山であろう。
勝機はパンチ交換時の精度にある。
精度勝負になれば、凱歌はガルシアに揚がるであろう。

34勝32KOのマティセ、対する26勝16KO無敗のガルシア。

この試合はとことん面白い。
さて、
勝負の行方は、
如何に?

この記事に

開く コメント(0)

オリンピックチャンピオン&ゴールドメダリスト
村田諒太(三迫)が25日プロデビューを果たす。
自分も選手からではなく、はじめてチケットぴあからボクシングのチケットを購入した。
この日は井上尚弥(大橋)がキャリア4戦目で日本タイトル奪取がかかる試合も行われる。
ボクシングファン垂涎の一日となる。

ボクシングモバイルには両者の試合が取り立たされている。
さて今日は、その記事を読んでいて感じたことを。

村田諒太のプロ仕様へのモデルチェンジは成されたという記事で、彼の武器は右ストレートと中短距離の左ボディだというくだり。
自分としてはモデルチェンジが成されたか否か、
その是非は打点の伸びしろにあると考えている。
日本におけるトレーニングでは、肩を回さずショートで打ち抜くパンチを徹底的に選手に、身体で覚えさせる。
トレーナーがミットやバックでこれを徹底させるので、シフトウェイトによるナックルパートへのパンチの乗せや、打点によるレンジ変えを軽視しがちだ。

だが実は、
“効かせる”
には500キロのパンチ力は不要で、せいぜい135キロあれば充分だ。
しかも打ち抜きには、手首から拳先までのレンジさえあれば充分。
だが致命的なことに、
打撃感のフィードバックの強さ=パンチ力
と錯覚して刷り込まれた選手たちは、バックやミットを打った時、強いフィードバックを感じないと、強いパンチが打てていないと錯覚してしまう。

また、肩を入れないパンチではレンジがでない。
従って回転で打つ連打時は肩が入らない分手打ち感は否めず、
肩を入れる他国の選手にひけを取る。
打ち抜かず肩を回しロングレンジを覚える。
それが世界と伍すには必須にして最初の、モデルチェンジだろう。
ロングレンジでの闘いには他に多くの利点がある。
一番の利点はディフェンスにおける目が効くところだ。
重い階級になればなるほどリスクは上がるため、如何にダメージを負わず世界ランクを駆け上がるかが重要なエレメントとなる。
かつてオリンピックという檜舞台で、村田諒太を守ったギアと厚いグローブはもうない。
従って堅牢なオンガードポジション一辺倒のスタイルは放棄されるであろう。
問題は次なるエレメンツ。
25日はそこを観たい。
果たしてモデルチェンジは成されるか。
オリンピアン、特にメダリストは強い。
ナショナルチャンプにひけを取ったというデータは、過去皆無だ。
否が応にも、期待は高まる。

2013.8.25 sun
有明コロシアム於
14時開場
15時試合開始

この記事に

開く コメント(0)

荒川仁人のモデルチェンジは成しえなかった。
テキサスのサン・アントニオで行われたWBCライト級暫定王座決定戦に臨んだ
同級1位 荒川仁人は2Rと6Rにダウンを奪われ、判定で敗れた。
 
「ここまで応援してくれた人たちがいるので、
あきらめるわけにはいかなかった」
この試合後の言に、
モデルチェンジを成しえなかった仁人の特徴がよく、表れている。
彼は相変わらず、心やさしきボクサーであった。
 
天から授かったパンチ力。
その長所を特化すれば、
全戦全KOのキャリアを積み重さねることも不可能ではなかった。
そんな傑出したタレントはしかし、
自分の為よりも人のためを優先し考えるような、
やさしい心に宿ってしまった。
そしてその、やさしき心は、
彼のウォーリアーとしての適性を疎外し、
その成長する幅を鈍化させることになった。
 
世界戦線の最前線に立つには、
強烈な闘争における勝利者欲求と、
自分の強さを世に知らしめたいという、
あくなき顕示欲が不可欠だ。
「俺が世界で一番強い!」
そう言行で主張して止まないウォーリーヤーであって始めて、
重い扉は開かれる。
 
こればかりは生まれ変わらなければ、
成しえないであろう。
だが、それ故に荒川仁人の姿勢は、同じく心やさしきフアン達に大いなる魅力を植え付け、
そのファイトスタイルは感動を呼び起こし、
応援したくなる気持ちを奮い立たせた。
ウォーリアーとしての適性を度外視して。
 
効かされた時を想定した練習という、
短所是正の是非は、敗戦という結果が全てだ。
驚異的な粘りを見せた仁人が、及ばなかったベルト。
あと一歩で戴冠を成すか成さぬかは、
フィジカルよりもむしろ、
メンタルの在り方に依るところが大きく、
時代はあくまで長所特化に走るであろう。
だが、君の真摯な自己研鑽。
実直な姿勢。
人を思いやる心音。
そんな稀有なボクサー荒川仁人をぼくは大好きだし、心から尊敬する。
願わくばこんなボクサーらしからぬボクサーが、
世界のベルトを腰に巻く姿を見たかった。
 
最後に、このブログの8年間の足跡は一重に、
荒川仁人のお陰にほか、ならなかった。
仁人が世界チャンピオンになるまでを記録しようと始めたブログだが、
改めて仁人に、この8年の歳月の芳醇な積み重ねに、
感謝したい。
世界初挑戦、お疲れ様でした。
しばし戦士の休息を。
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

筒井マネージャーより外電!

>仁人は350アンダーで仕上がったので応援Tシャツを持って計量台に乗りジャストパスしました、
>オマールは昨日の穏和な顔ではなかったので、やはり多少オーバーで結局はフルチンバスタオルで前を隠してパスしました
>昨日はゴロフキンのイメージだったので警戒してましたが、今日は神経質な感はいなめなかったですね〜
>まぁ明日は膨れてデカクなると思いますので舐めてはいませんが…
>
>体格も事前調査では、
>背は180で、リーチは184より長いと聞いていたのですが、背は仁人と殆どかわらず、リーチも1インチしか長くなかったです、並ぶと肩幅以外の骨格は全て仁人が厚くゴツイです。
>
>画像はご自由に(笑)
>では明日!キッチリ決めてきます!
>
>筒井

この記事に

開く コメント(0)

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事