「クズ」になる薬 by 細谷 知司

『ヒール〜先生はいつだって上田馬之助だ!〜』ただ今Amazonにて好評発売中♪

全体表示

[ リスト ]

わかれうた

「好きで別れ歌うはずもない、他に知らないから口ずさむ」
ほんの少しだけ、そんな心境を理解できるようになった。
別れることが目的ではない、だが、そうする以外に方法を知らない、そんな状況のことを。
どんなに深い愛で結ばれていても、少なくとも現世においてはいつか必ず死が二人を分かつ。
どんなに別れたくはないとしても。
 
だから私たちは真剣に愛する。
限りある生を懸命に生き、己が生きた証を誰かの中に見出したいと考える。
もちろんすべてが上手くいくわけではない。
いや、上手くいかないことの方がずっとずっと多いだろう。
それでも愛そうと試みる、ないしは、それでも別れようと試みる。
 
すべての愛が幸せなわけではないし、すべての別れが不幸なわけでもない。
裏切りや嫉妬、猜疑心、そんなオプションに彩られる愛だって中には存在する。
それでも愛は愛だ。
「クズ」のような私に愛を語る資格などないことはわかっている。
しかし、そうだとしても、愛に焦がれて泣き狂う人の愛を応援したい気持ちを隠すことができない。
 
失敗したらまたやり直せばいい。
ひとつの愛の終わりがすべての愛の終わりでは決してないのだから。
山頭火の言うように会えば別れの雪が降るのだとしても、凍える中で愛することには何らかの意味がある。
だから何も怖れる必要はない。
「わかれうた」だって立派な愛の詩なのだから。


↓よろしければこちらもクリック願います。
イメージ 1



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事