「クズ」になる薬 by 細谷 知司

『ヒール〜先生はいつだって上田馬之助だ!〜』ただ今Amazonにて好評発売中♪

全体表示

[ リスト ]

反攻

それなりの紆余曲折はあった気がする。
しかし、拡散する傾向にしかなかった状況が、少しずつ収縮に向かい始めた。
あるいは、地下に潜んでいる長い歳月、地上に置きっ放しにし、散り散りバラバラになってしまっていたものを、かなりの部分回収できたように思う。
戻って来たものは色であり匂いであり、確かな生の実感であり。
そして最後にやっと、この道を進んでゆく勇気が私のもとを訪れた。

ただの遠回りのように見えたかもしれない。
いや、もしかしたらカゴの中のモルモットのように、くるくると同じ場所を回り続けていただけなのかもしれない。
それでも、私には回り続ける時間が必要だった。
遠心力で吹き飛ばされそうになりながら、何かにしがみつく己の弱さが必要だった。
たとえ本当に空回りだったのだとしても。

勇気と弱さは同じコインの表と裏だ。
そんなコインをどちらの側から眺め続けるのか。
その時々で、どちらかの面しか視界に入らないことがある。
裏が出れば打ちひしがれ、再び表を目にすることで生きる力を回復する。
それが自然な心の在り方であるように思う。

地下にいる間、コインを眺めること自体を忘れようとしていた。
長いことそうしていると、コインの眺め方を本当に忘れてしまった。
想い出すまでにけっこう時間がかかった。
裏ばかり眺める時間がようやく終わり、私は表にも目を向けることを覚えた、実に久しぶりに。
物事はまだ何も始まっていない、むしろこれからだ。
反攻開始。今ならそう言っても外れていないだろう。


↓よろしければこちらもクリック願います。
イメージ 1



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事