八犬伝の四方山話

ワン達から飛行機まで幅広く私の趣味を書いちゃいます(^^;...

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
<2010年11月10日>

最近、「生物多様性」という言葉を目にする。

世界各国がその重大さを論じ、国際的な会議を重ねているらしい。

日本もその会議に参加し、生物多様性回復への協力を誓ったらしい。


生物多様性?? 重大な問題?? 世界会議??

いったい人間界は、何を言いたいのだろうか??

いったい、何をどうするつもりだろうか??

・・日本も参加??

その「崇高な目標」と現実社会が、余りに懸け離れてはいないだろうか??

弁舌と本心とのギャップが、余りにも大き過ぎやしないか??


<すべては、連関している・・・・>

<すべては同じ根本であり、すべては同じ泉から湧きあがる・・・・>


生物多様性??

それは日本では無理に近いだろう。

考えなくても分かることだ。

今の日本社会が考えていること、世間が考えていること、

それを思い浮かべてみれば、生物多様性など夢のまた夢だ。

「え?? なんで??」と思う人は、鈍い人だ。とぼけた人だ。

その人だって、世間の感情を、世間の本心を、知っているはずなのだ。


一般的には・・・・

屋根がある家。暖かい部屋。腹を満たす食事。

金に余裕があるなら・・・・

グルメを楽しんだり、酒盛りを楽しんだり、買物を楽しんだり。

そういう生活の中で、人びとはネットに「意見」を発信する。

たとえば「山獣飢餓問題」・・・・

たとえば「理不尽な虐待を受ける動物たちの問題」・・・・

たとえば「余りに安易に捨てられるペットの問題」・・・・

こういった身近な動物たちの悲劇に対して、人びとの反応は実に酷薄である。

「人間優先が当たり前でしょうが!! 動物が苦しもうが知ったこっちゃない!!」

「動物の境遇を考えるなんて偽善でしょうが!! 偽善許すな!!」

結局は、大多数が、このような見解に纏まるのである。

このような見解の人が正常であり正義であると審判されるのである。

≪根本は同じである・・すべては同じ泉から湧きあがる・・・≫

どこに「生物多様性」を生む土壌があるというのだ??

どこに異種生命への寛容があるというのだ??

どこに異種生命への謙譲心があるというのだ??

自分たちは「我慢」を拒み、「与える」ことを拒み、異種生命にはそれを強要する。

自分たちは快適生活を追い求めながら、異種生命の過酷生活を平然と眺める。

いったい、どこに異種生命への理解があるというのだ??

そこに尊厳意識が無いのに、どうやって「多様性」に向かうのだ??

・・二枚舌はいい加減にしてもらいたい・・・・・

まず「意識」からだということを、社会は肝に銘じて欲しいものだ。

意識が変わらねば、肝心な部分は変わらずに終わるだろう。

心から湧きあがる「本心」だけが、根本へと辿り着けるのだ。

異種生命に対して、どこまで尊厳を感じることができるか??

すべては、そこに懸かっている。

だがそれは、理屈でどうにかできる領域ではない。

つまりそれは、最も至難な領域である。

最も至難な領域だからこそ、「新たな意識」に挑まねばならない。

新たな意識に挑まねば、生物多様性回復など絶対に不可能だ。

それが不可能だということは、人間の未来も閉ざされるということだ。

なぜなら、生物多様性が地球本来の姿だからだ。

それが大自然を支え地球を支え、人間を養ってくれてきたのである。

・・だが現実はどうか??

人間の一党独裁であり、わがまま放題やりたい放題である。


人間はペットの気持ちも分からない。家畜の気持ちも分からない。

ましてや、やむなく里に降りてきた熊の胸中も分からない。

人間は、なにしろ異種生命のことが分からない。

<異種生命たちは、互いに自然に交感できるというのに・・・>

つまり、それが人間の「特徴」である。

人間がそれを不得意とするならば、努力して得意としなければならない。

だが人間は、一向に努力する気配が無い。

多分人間は、己の特徴に気付いていないのだろう。

多分人間は、「交感」が如何に重大かを知らないのだろう。

交感の中にこそ、偉大なヒントが隠されているというのに。


■世間では「熊対策」に非情な意見が多い。

だが、里に降りた熊を、食糧の無い山に帰してどうするのか??

降りた熊は、なにしろ飢えているのである。

「飢える」という状態がどういうものなのか、人間は全く分かっていない。

<人間も、せめて三日でも絶食してみれば分かるだろう・・・>

飢えた熊は、一縷の望みを託して、危険を承知で、また降りてくるだろう。

どうにもならないから降りてくる。当然だと言える。

そんなことは、考えなくとも分かることだ。

あるいは人間は、地獄の「ワナ」を、あちこちに仕掛ける。

地獄のワナに捕えられ、苦痛に喘ぐ熊の意識は、全山に伝わる。

動物たちの感覚は鋭敏そのものなのだ。人間とは異次元なのだ。

山の動物たちは、特に同族である熊は、苦痛に喘ぐ熊の意識に感応する。

熊たちの心境は、ただならぬものとなる。混乱も生じるだろう。

同族の悲痛な叫びを聴いて、胸の内は、張り裂けんばかりになるだろう。

熊は、物凄く繊細な感性の持ち主なのだ。人間以上と言えるだろう。

家族を殺された熊が、三日三晩泣き叫んだという話もある。

人間に拾われた子熊が、少し大きくなって車で遠い山に運ばれて置き去りにされたが、

その子熊は、硬い硬い舗装道路を、危険に満ち満ちた道路を、

一晩中走り続けて、帰りたい一心で走り続けて、ついにその人の家に帰還したという。

熊とは、そういう感性の生きものだ。

心に混乱をきたすのも、感性溢れる生きものだからだ。

それを知らずに、いったい何を語れるのか??

もし人間から迫害を受ければ、抗議したい時もあるだろう。

その「抗議の心境」も分からないで、いったい何を語れるのか??

生物多様性・・と言うけれど、彼らは「物」ではないのである。

彼らを「物」と見て、数字やデータだけを追いかけても、根本は解決しない。

人間は自然界を、数字だけでコントロールできると思っているのだろうか??

あるいは、人びとの多くが、野生に手を貸してはならないと言う。

だがもはや人間社会の影響が「気候」にまで及んでいるのは周知の事実だ。

気候にまで影響が及べば、当然、山の食糧にも被害が及ぶ。

そんなことは、考えなくとも分かるはずである。

それなのに、ただ「降りてくるな!!山で飢えてろ!!」と人は言う。

もはや人間社会の影響が、隅隅にまで行き渡ってきているのだ。

だが依然として「手を貸すな!!それが自然保護だ!!」と評論する人が多い。

そもそも「自然保護」という言葉自体が、勘違いだというのに。

自然界は本来なら、自ら絶妙の調和を成しているのである。

それを崩してきた張本人が「保護・・」などと語ることが、勘違いなのである。

人間は、これほどまでに自然界から恩恵を受け続けてきたのに。

その自然界を育んできたのは、異種生命たちの全身全霊の生涯だというのに。

なのに人間は、未だにそれを理解しようとしない。

それは「恩知らず」というものだ・・・・

ところで人間が自然界から「資源」を得たいなら、

人間側もまた「我慢と協力と寛容」を心得なければならない。

「欲しい!!欲しい!!よこせ!!よこせ!!」だけでは道義に反するのだ。

もし資源を得たいのなら、己も代償を覚悟するのが道理である。


■南無華厳 狼山道院■

転載元転載元: 狼の山の魂

ブログ巡りの中でこんな記事を見つけました、解りやすい解説ですので転載させていただきました。
以下転載 (転載元http://blog.goo.ne.jp/jule2856/m/201011
質問です。(宇佐見魅)
今学校で「殺処分防止!!」という題で追究しています。
そして今、今までのまとめをしているのですが、
殺処分の必要性を上手くまとめられなくて殺処分の必要性を
簡潔に教えていただきたいのですがよろしいでしょうか。


宇佐美さん。コメント欄に上記のご質問をいただいたのですが、
回答をつくっていたら、とても長くなってしまったので、
ここで殺処分せざるを得ない現状をご説明します。

結論からいえば、行政の収容施設に収容しきれないほどの
異常に多くの犬や猫達が、捨てられているからです。

もし、殺処分せずに今のまま行政の施設が犬猫を引き取ったとしたら、
行政の収容施設は、まず1年ももちません。
日本にある104ヶ所の収容施設は、今の倍以上の譲渡を達成しても、
たったの1年で1ヵ所あたり平均2,016匹もの犬猫を収容できる
動物園並みの規模をもたなければならないことになります。
それほど多くの犬猫が捨てられているのです。



http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/11/10/img_6039.jpg


1年間に収容施設に引き取られている犬猫は、全国で315,107匹(平成20年度環境省発表)。
全国(都道府県・政令指定・中核都市)には104ヶ所の収容施設があります。
平均すると1ヶ所の施設で1年間に3,030匹が引取られていることになります。
つまり、日に8.3匹が収容されていることになり、1週間では58匹になります。

一方、1年間に収容施設で返還・譲渡されている犬猫は、全国で41,085匹。
平均すると1ヵ所の施設で1年間に395匹が返還・譲渡されていることになります。
仮に毎週末、譲渡会を開催し、返還もしているとすると、1年48週として、
週に8.2匹が譲渡・返還されていることになります。

http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/11/10/img_5971.jpg

さて、日本の平均的な収容施設では、毎日毎日8.3匹収容され、
1週間で58匹になるわけですが、
仮に、現状の倍以上の努力で毎週末に譲渡会を実施して、
週に20匹を譲渡・返還できるようにしたとします。

想像してみてください。
まずはじめの1週間が終わって翌週まで残ってしまうのは38匹です。
引き取られる315,107匹のうち、実に55%にあたる173,430匹は、
離乳していない子猫子犬です。
38匹のうち21匹は1日中、面倒をみてあげなければなりません。
でも、21匹ぐらいであれば、施設に交替で寝泊りしたり、
家に何匹か連れ帰って面倒がみれそうです。

でも、現実的には1週目だから38匹なのであって、
これが次の週が終わると76匹、1ヶ月経ってみると152匹。
1日中面倒をみなければいけない離乳前の赤ちゃんだけで84匹。
1ヶ月は頑張っても、次の月が終われば赤ちゃんが168匹!
2ヶ月は頑張っても、3ヶ月後には赤ちゃんが252匹!
ボランティアのシェルターでもピーク時で200匹ぐらいと聞きますから、
この状態がどんどん膨れ上がっていくのは、どう考えても無理があります。

http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/11/10/img_4731_2.jpg

あくまでも仮想ですが、いまの倍以上努力してこの状態です。
これでは施設がどんなに立派でも、スタッフが何人いても、
譲渡しきれる数ではないことがわかると思います。
譲渡しきれずに収容していけば、行政の施設自体が多頭飼い崩壊して、
結局のところ、面倒をみれずに空腹や病気などで苦痛のうちに死なせてしまうことになります。
http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/11/10/img_4749.jpg
だから、できるだけ苦痛のない状態で、殺処分せざるをえないんです。
行政の現状もけして良いわけではありませんが、
いくらなんでも捨てられすぎているのが現状です。
http://buntano-ie.cocolog-nifty.com/blog/images/2010/11/10/img_4747.jpg

テーマになさっている殺処分防止の一番の解決策は、
行政に殺処分廃止を呼び掛けるよりも、
施設に引き取らせる飼い主をなくすことだと思います。
 
 
以上転載、写真は変更してあります、
千葉県動物愛護センターにて撮影した物、仔猫は我が家に来てからのものです。
 
上記の数字は、全国平均です。
平成20年の千葉県にだけ限定すると.....
捕獲収容頭数    
犬    3,444頭
引き取り数    
成犬  1,149頭
子犬    932頭 
計    2、081頭
引き取り数     
成猫      822頭
仔猫   5,933頭
計     6,755頭
総計          
計      12,281頭
殺処分数        
犬            4041頭
猫            6220頭
計          10,260頭
残りが譲渡あるいは返還です。その数は僅か2千頭余り.....
1日辺り、約33,65頭、1週間で約235.5頭.....
1ヶ月で1,000頭余り.....
あっという間に愛護センターはあふれかえる....
たった1週間で機能は麻痺してしまうのです。
いくら広大な敷地を持ってしてもまずは無理だろう。
まして千葉県の予算、税収不足でどんどん削られ、職員の給料もかなり下がっていると聞く(私の仕事も年1割カットしてくれとhttp://emojies.cocolog-nifty.com/emoticon/shock.gif)。
そんな中での殺処分無しの運営は困難であろう。
こう書いてはいるが私は殺処分を容認していない、その原因を取り除かなければ,何時までもいたちごっこ....
今現在飽和状態のペット業界と、飼い主の意識を改革しなければ!、我々の税金を使う殺処分は無くならない!。

嫌な話

動物愛護管理法の改正が2011年に行われるのは皆さんも知っていると思うが、ここにきて環境省が変な動きを見せている。
 
法改正委員会メンバーによる会合が行われているのだが、どうも密室で行われてしまっているよう。
 
しかも過半数が業界関係者とそのシンパの模様。
 
ここにリンクしたので読んで欲しい。
放送作家 藤村晃子さんのブログ。
.................
また 動物愛護法改正(検討・実行)委員会メンバーには『全国ペット協会』『JKC』が含まれます
更に『日本動物福祉協会』『日本愛玩動物協会』『動物との共存を考える連絡会』なども法改正議案に否定的な意見を出しています.この3団体はペット業界から支援を受けている立場上.ペット業界に不利益な法改正議案には否定的な意見を出していると思われます
この様な方々が動物愛護法改正(検討・実行)委員会のメンバーではペット・販売・繁殖業界に対しての厳しい規制強化は全く望めません。
...................
転載記事(転載元http://pksp.jp/doubutuaigo/?&o=0
  『ペットショップ・ブリーダーにおける、生後8週齢未満の販売規制は本当に実現するのか!?』 ペットショップ・ブリーダーでの、生後8週未満の犬や猫の販売規制の要望は、前回の法律改正時もありました。 動物取扱業者の猛烈な反対により、前回の法改正には盛り込む事が出来ませんでしたが、今回こそはと動物好きな人々、個人ボランティア、動物愛護団体が切に願い、署名などでも要望してきています。
 
ですが、ここにきて、その要望の中心にいるはずの人々が、業者の味方についているのではないか、という事態が露見してきています。
 
やはり、動物の事を愛し、真剣に不幸な動物をなくしたいと損得なく純粋に願っている人達の希望は商売や儲けで成り立つ業界には勝てないのでしょうか…?
 
生後8週未満の販売規制について否定的な意見を出しているのはペット業界人だけではありません。
『動物との共生を考える連絡会』 『日本動物福祉協会』 『日本動物愛護協会』 なども否定的な意見を出しています。
 
動物愛護法改正を決定する2つの委員会。 『中央環境審議会動物愛護部会』・ 『動物愛護管理のあり方検討小委員会』・ この2つの委員会に全国ペット協会副会長・JKC理事長などの人物が君臨しています。
 
更に委員会メンバーである日本動物福祉協会・日本愛玩動物協会・動物との共存を考える連絡会などはペット業界から支援をもらっています。
 
動物愛護を考えながらもペット業界の利益損害にならない様にとも考えていると思われます。
この様な方々が動物愛護法改正(検討・実行)委員会のメンバーではペット・販売・繁殖業界に対しての厳しい規制強化は全く望めません。   
 
『全国ペット協会』はペットショップやブリーダーなどの集まりです。 その役員に常務理事として空港ドックセンターの0氏が役員名簿上から5番目に載っています。
空港ドックセンターの噂を聞いた事がある方々もいると思います。 また、実際に空港ドックセンターへ行った方、空港ドックセンターからペットを購入した方々、まともで綺麗なペットショップだと思われましたか? この様なペットショップが役員の全国ペット協会。
 
そして全国ペット協会副会長が動物愛護法改正の委員会メンバーとして大きな影響力があるのが現状です。
 
ペット業界への厳しい規制は即、自分達の首を絞める事に繋がります。  
『動物との共生を考える連絡会』 『日本動物福祉協会』 『日本動物愛護協会』 この3団体は、ペット業界から支援してもらってます。
 
口では動物愛護を唱えていますが、動物愛護法改正ではペット業界から支援を貰っている立場上、ペット業界の不利益になる様な法案には賛成出来ないでしょう。
更に前回の生後8週未満の生体販売を見送った法改正の時に環境省室長(トップ)だったT氏が『日本愛玩動物協会』(小委員会メンバー)理事となって天下りしています。
 
未だに環境省へ影響力があると思われます。
天下った官僚への報酬は一般レベルとはケタが違います。
その報酬は何処から得ているのか… ペットを販売する者たちで組織された『全国ペット協会』・その組織から寄付金を受けている関係者が動物愛護法を改正する為に存在する。
 
そんな馬鹿げた委員会が存在していること自体、不思議な世界だ。
生後8週未満のペット販売禁止はペット業界にとって痛手となる法律です。
ペットショップに並ぶ仔犬猫たちは生後30〜45日が殆どで、可愛い盛りの仔犬猫たち… この可愛い盛りに売らないとチャンスを逃し、売れ残ってしまうとペット業界は言う。
 
ペット業界用語で『生き物は2週間で売るのが鉄則』が有る。 それを8週齢(56日)まで親犬猫と暮らさせて社会性を身につけてから販売するとなると、経費が掛かるだけでなく仔犬猫が大きくなり売れ残るというリスクを抱える。
 
これだけは絶対に法律で決められては困る訳だ。
前回の法改正でもペット業界の猛烈な反対に遇い、法改正は見送られた。
 
今回も議題に挙がっているが、法改正のメンバーは、またもや議論の末、見送るつもりなのか? ペット業界から寄付金をもらっている委員会メンバーは今回も見送るでしょう。
 
法改正の委員会メンバーに利害関係者を入れては駄目なのです。
 
そんな人達が動物達を守る法改正の審議に自己の利害を考えずに出来るでしょうか? 寄付金を集めてくれるスポンサー(ペット業界)を裏切る事は出来ないと思います。
 
『何故8週齢未満の生体販売を規制する必要があるのか?』…… 仔犬猫達は親兄弟と暮らす事により社会性を身に付けます。
その期間が短ければ他の仲間達と仲良く出来ない事や、問題行動を起こす原因にも繋がります。
更に重要なのは母親からの授乳により免疫力を付ける期間でもあります。
授乳期間を短縮してペットショップへと並ばされる仔犬猫達は免疫力不足・遺伝性疾患・各病気の発症へと繋がります。
 
『売れさえすれば良い』とするペット業界にとって、それらは問題外なのです。
その他、ペット業界・関連団体が否定的な議案について2・3上げてみます。
 
【深夜販売・販売時間】についても愛護団体等は・深夜販売は禁止(夜8時以降の生体展示は禁止等) 販売時間は成熟個体は1日8時間までで、途中に休息時間を設ける等。幼齢個体はさらに配慮必要。
 
と訴えているのに対し業界団体は・深夜販売は、業界より夜8時以降の販売を行わないとする指導等が行われていることから、当面はこの自主規制に任せるべき。
 
深夜販売は、店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。 などと反論しています。
生体の移動販売・インターネット販売・オークション市場】 動物愛護団体等の意見は、移動販売・インターネット販売・オークション市場は禁止すべきと訴えているのに対し業界団体等は、犬猫の生体のインターネット販売は、店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。
 
むしろ店舗に生体を展示する必要がないので生体にとってはよりやさしい販売方法といえる。
 
犬猫の生体の移動販売は店舗販売に比べて犬猫生体にとって悪い影響がでるという認識はない。
 
オークション市場(インターネットオークションの市場も含む)は動物取扱業に含めて監視すべき、などと意見しています。
 
【繁殖制限措置】 (繁殖年齢や回数の制限等の具体的数値規制の検討) 『動物愛護団体等は』、母体への健康影響に配慮し、数値規制が必要と訴えているのに対し、『業界団体等は』、犬種によっても適切な繁殖の時期・頻度等は異なる(普通分娩か帝王切開分娩か等にもよる)ので、一律の規制ではなく、業界の自主規制に任せるべき、と意見しています。
 
ペット業界・関連団体等がしきりに言う『自主規制に任せるべき』…この自主規制を無視して幼齢期からや高齢繁殖を繰り返す悪徳繁殖業者達や深夜販売や劣悪な飼育環境で販売を行わう悪徳ペット販売業者が沢山います。
 
業界側の自主規制に任せていては悪徳繁殖業者・悪徳ペット販売業者などを撲滅する事も取締る事も出来ません。
 
これらの悪徳ペット関連業者を規制・取締る為の法改正のハズがベット業界によって、悪徳ペット関連業者達に逃げ道をつくる法改正になろうとしています。
 
我々、動物を愛する国民が何も知らないと思って、ペット業界に優しい曖昧な動物愛護法改正を作ろうとしている環境省に…
※『動物愛護法改正の委員会に利害関係のあるペット関連業界が入っいるのは何故か?』・
※『小委員会と愛護部会に同じ人が入ってるのは何故か?』・
※『動物達を守る為の法改正なのに、ペット業界を守る法改正になっているのは何故か?』・・・・
 
この様な事を問いかけ、今回の法改正からペット業界を排除し本当に動物達の為の法改正へと皆が望んでいると訴えて下さい。
 
法改正は一部の人間達だけで変えるモノではありません。
 
私達、みんなで変えるものです。 ご協力よろしくお願い致します。
                          
 
 
以上転載......
思っていた以上の展開、環境省さんどうしたの?、担当者変わった?.....
殆どが業界側の人間!中立的な諮問機関でなければならないはずなのに....
かなり後退した内容ですね、現場の人たちが殺処分を減らそうと頑張っているのに、これでは.....
全ての人選を白紙にしてやり直した方が良いと思うのは私だけ?...
ここ数週間この記事を上げようか迷っていたのですが、やはり広く皆さんに知って欲しいので上げました。

尖閣諸島

何も言いません!歴史が証明しています。
その近海に眠る資源の欲しい国、中国、etc.....
それらの国は、日本の資源をむさぼろうと画策しています。
今回の事件はプロローグに過ぎない。
人材も、技術も全て取ろうとしています。
日本は危機意識が全くないのか?......
かなりの人材や企業がすでに乗っ取られている事実を知ってください。
私にそれを防ぐ力はないが、お知らせすることは出来る。
今の日本の実情をよく知ってください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事