日本の危機を感じる

諸外国、アメリカの予算執行ならずの政府機関の一部停止、フランスのマクロン政権への不満続出、イギリスの分断などなど、世界が激動のように感じる新年幕開け、わが日本も例外ではない。 徴用工問題、P-1哨戒機へのレーダー照射問題に揺れる同盟国韓国の異常な対応、菅官房長官は国際法的に見ても解決済みとする声明を発表したり、防衛省が証拠撮影動画を公開するなどして対応はしているものの、ムン大統領はどこ吹く風。 特に徴用工問題でのNHK職員の質問に、「司法が決めたことなのでどうにもできない」などとして「日本はもっと謙虚になるべきだ」とも発言。 謙虚、様ですか?と問いたくもなる。 日韓請求権問題は1965年に日本が500億ドルもの経済支援をして「解決」したとされている。 ま、お金で解決したといわれてもしょうがないのでは ...すべて表示 すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事