ここから本文です
気ままに更新していきます!
ブログをご拝見の皆様へ
前回アップした記事は本記事と被ってしまうため、記事を削除させていただきました。
ブログを閲覧、コメントしてくださった皆様にはお詫び申し上げますm(__)m

気を取り直して本題に入ります!
前回と同様幻のトライスターのハイテク版ですが、一部画像を修正してみました。

イメージ 1














クリックすると画像が拡大します。


ちなみにトレステラはイタリア語で”三つの星”という意味です。
エンジン三基とこの愛称、見事にマッチしていると思います!
カラーは787もどきですが、三発トライジェットにこのカラー、何一つ違和感なく凄く似合ってると思えるから不思議ですね!

今日もお付き合いくださりありがとうございました♪

この記事に

皆さんこんにちは(#^.^#)

今回は、幻のトライスターのハイテク版後継機をANAカラーに仕上げました!

イメージ 1


上が幻のL-1012ペガスス(ペガスス座から命名)で、下がL-1011トライスターです!(上のL-1012は下のトライスターを加工して制作しました)
さすがトライスターを飛ばしていたANAだけあって意外にも似合っていると思います!
MD-11とは違った魅力のスタイルがイイですね♪
もし登場していたら、成田発着はB747-400、関空発着及び欧州線はこのペガススが活躍したと勝手に予想していますが(笑)、皆さんはどう思いますでしょうか・・・。

今日もお付き合いくださり、ありがとうございました(^^♪

この記事に

皆様こんばんは(*^_^*)

ビッカースVC-10といえば、ご存知エンジン4基全て後方にリアマウントした機体として知られていますが、実は密かに総2階建て版の計画もあったのです!
そこで今回は、個人的な予想で派生型を妄想してみましたw

イメージ 1







まず右下が原型機VC-10-100、左下がVC-10-200、または日本国内線専用のVC-10SR、右上がVC-10-300、そして左上がコックピットをハイテク化し、ツーマンクルー化を実現したVC-11です!
リアマウント機で総2階建てとは、イギリスもなかなか渋い事やりますねwww
もし747が登場しなかったら、こっちがベストセラーになってたかも。。。



この記事に

皆さん大変お待たせしました!
待望の名機、ファイアーフラッシュ号です!!

イメージ 1

ご存知あの『サンダーバード』に登場した機体です。

実在するコンコルドの後継機で、マッハ6の超スピードで東京−ロンドン間をわずか二時間半で飛ぶ極超音速旅客機です。
コックピットは通常のジェット旅客機と異なり、Y字型の垂直尾翼の根本に備えているのに加え、コンコルドがダブルデルタ翼だったのに対し、この機体は衝撃波の発生を遅らせる後退翼を備えているのが最大の特徴という航空機史上超特異の機体です!

イメージ 2
  スマートなスタイルにY字型尾翼に大きく後方に下がった主翼、カナード翼。
  もう本当にカッコ良すぎる☆彡
  
イメージ 3
ちなみに全長は112メートル、全高27メートル(着陸時)という世界最速かつ世界最大の旅客機です!

イメージ 4
  よくこのような独特なデザイン思いつきましたね!

イメージ 5
このようなカッコいい機体をデザインされた故・ジェリー・アンダーソンさんに敬意を表します!


今日もお付き合いくださり、誠にありがとうございました(*^^*)

 

この記事に

伝説の名機 MD-90

皆さん、こんばんは(*^_^*)

二本目の投稿です!

本日ご紹介するのは、こちら!!

イメージ 1


旧JAS、JALの名機、マクダネル・ダグラスMD-90です。
小学校の頃友達から引っ越しの整理のため譲り受けた物です。

この戦闘機のようなスタイルはいつ見てもカッコいいですね!
当方はこの機体には乗ったことはないのですが、小5の頃に伊丹空港のイベントで展示されていたMD-87の機内に入った記憶があります。



イメージ 2

この角度がたまらなく好きですww

かつてJALが飛ばしていた往年の名機DC-8を彷彿とさせますね。


イメージ 3

後ろのリアエンジンとT字型尾翼がナイスですね(^o^)

なおMD-90は搭載エンジンV2500のおかげで『地球に優しい旅客機』となったのですが、結局は成功しませんでした。。。
こんなにエコな機体なのにもったいなさすぎる(´゚д゚`)


今日もお付き合いくださり、ありがとうございました!


この記事に

初投稿です。

今回はもしL-1011トライスターが商業的に大成功を収め、B747-400やMD-11のようなハイテク版後継機が開発されていたら・・・という妄想でイメージしてみました。

イメージ 1


機種名はL-1012で、747-400やMD-11と同じく、コクピットをハイテク化し二人乗務化を実現。前作L-1011より胴体を延長し、エンジンはB747-400と同系統のRR製 RB211-524H型を搭載
主翼の先端にはウィングレットを装備です。

全長:60.23m(推定)
全幅:50.64m(推定)
全高:16.8m(推定)

ちなみにL-1011はトライスターでしたが、L-1012はまだ名前は決まっておりません(苦笑)
まあ、愛称募集ってことで・・・(;´∀`)

改めて見るとトライスター系統の機体は女性的なフォルムで、胴体を延長するとさらに美しさが増しますね!

お付き合いくださり、ありがとうございましたm(_ _)m






この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事