オネムの映画鑑賞メモ

2019年素晴らしいドラマのような1年になりますように!

全体表示

[ リスト ]

ある愛の風景

イメージ 1

ある愛の風景(2004)
BRODRE
BROTHERS


「しあわせな孤独」のスザンネ・ビア監督が、遠い国の戦争で引き起こされた不条理によってその運命を大きく狂わされる2人の兄弟の絆と葛藤を軸に、それを取り巻く家族の苦悩と深い愛情を描いた感動のヒューマン・ドラマ。

出演は、「グラディエーター」のコニー・ニールセン、「マーサの幸せレシピ」のウルリク・トムセン、「しあわせな孤独」のニコライ・リー・コス。

なお、コニー・ニールセンはデンマーク出身ながらデンマーク映画への出演は本作が初めてだったとのこと。

エリート兵士のミカエルは、美しい妻サラと2人のかわいい娘に囲まれ幸せな日々を送っていた。

良き夫であり良き父でもあるミカエルは両親にとっても自慢の息子。

一方、独り身の弟ヤニックは定職もなく罪を犯して服役までした厄介者。

そんなある日、ミカエルは愛する妻と娘たちを残して、戦禍のアフガニスタンへと派遣されることに。

それから間もなく、サラのもとに彼の乗ったヘリコプターがアルカイダに撃墜されたとの訃報が届く。

その死を受け入れられず、絶望から立ち直ることが出来ないサラ。ヤニックは、そんなサラの支えとなることで、次第に心を入れ替え真面目で穏やかな人間へと変わっていく。

そんな中、奇跡的に一命を取り留め、過酷な捕虜生活を送っていたミカエルが国連軍に救出され帰還を果たす。

愛する家族と再会したミカエルだったが、捕虜の時の過酷な経験が彼を別人のように変えてしまっていた。
allcinemaより


刑務所から出てきた弟とサラの接近部分と、戦地に赴き死んだと思われた兄が帰ってくるまでの期間の話が長いのかと思っていたのですが、善き人ミカエルが戦地で体験したトラウマを抱えて帰郷してからの家族の葛藤、なぜミカエルが、別人のようになってしまったのかという部分が長かったです。

ヤニックが、ミカエルが死んだと思われている間に、サラたちのために、安定した、まっとうな人間として更正し、サラや子供たちと、ミカエルのいない新しい世界を築きつつあるとき、ミカエルが帰ってきます。

二人の男兄弟と善き妻かつ善き人間としてのサラのメロドラマ的展開と、ミカエルのトラウマによる奇行が絡み、救いはあるのか・・・という、これまた究極の厳しい状況を突きつけられる作品なのです。

この作品の前日に見た同監督の「アフター・ウェディング」での苦しみを慟哭しつつ吐露するヨルゲン同様、ミカエルが妻サラに、戦地での出来事を話すのであろうという情景でエンドロールとなるわけですが、これまた、ストーリーがどうのこうのというより、その苦しみを体感し、話すこと、心のうちを吐露することの癒しに気づかされる作品と言えるかもしれません。

スザンネ・ビア、恐るべき女性監督ですね。

【クレジット】
監督: スザンネ・ビア
製作: シセ・グラム・ヨルゲンセン
製作総指揮: ペーター・オルベック・イェンセン
原案: スザンネ・ビア
アナス・トーマス・イェンセン
脚本: アナス・トーマス・イェンセン
撮影: モーテン・ソーボー
編集: ペニッラ・ベック・クリステンセン
音楽: ヨハン・セーデルクヴィスト
出演: コニー・ニールセン サラ
ウルリク・トムセン ミカエル
ニコライ・リー・コス ヤニック
ベント・マイディング
ソビョーリ・ホーフェルツ
パウ・ヘンリクセン
ローラ・ブロ
ニルス・オルセン
サラ・ユール・ヴェアナー
レベッカ・ログストロープ・ソルトー
ラース・ヒョーツォイ
ラース・ランゼ

 

閉じる コメント(22)

顔アイコン

pukoさん☆ほんとうに、自分の意思ではなく、あんなことをさせられたら、一生忘れられないトラウマに陥りますよね。いい人がこんな目にあうという言う意味では反戦映画でもありますねぇ。
TBありがとうございます。

2008/12/21(日) 午後 8:04 オネム

顔アイコン

サムソンさん☆けっこう痛い映画おすきでしょう?きっとこの作品はサムソンさんの心を打つと思いますよ。ぜひ、ごらんください。

2008/12/21(日) 午後 8:05 オネム

顔アイコン

ほんと恐るべき女性監督ですよね〜
重くて辛い衝撃作品でしたがラストに救いを残してくれて良かった。。って思いましたよ〜
TBお返しさせてくださいね〜

2008/12/23(火) 午前 1:07 SHIGE

顔アイコン

SHIGEさん☆人間の痛い心理をうまく描写する監督さんですよね。
毎回まいりましたって感じになります。
TBありがとうございます。

2008/12/23(火) 午前 1:41 オネム

顔アイコン

ほんとスザンネ・ビアって恐るべき女性監督さんですね。
うまくできてます。
それまでお兄さんと比較されて、落ちこぼれっぽかった弟クン。
でもやさしくて魅力的でした。
TBさせてくださいね。

2008/12/23(火) 午後 11:45 car*ou*he*ak

顔アイコン

カルさん☆弟がだんだん魅力的に見えてくるのが素敵でしたね。人間関係って、自分の心持だけではすまないから難しいですね。
スザンネ・ビア監督の作品は今後も見ていきたいです。
TBありがとうとざいます。

2008/12/26(金) 午前 0:09 オネム

そそスザンネ・ビア恐るべし。
それにしてもミカエルの精神的ダメージはほんとにつらいものでしたね。この監督さん、究極の選択をせまるのが好きですね。心理描写に長けてますよね。TBお返ししますね(遅くなりましてすみません^^;)

2008/12/27(土) 午後 11:18 LAGUNA

顔アイコン

ラグナさん☆ミカエルのような立場になったら自分ならどうするだろうって、考えてしまいました。しかし、あのやり方もなー・・・気が狂いそうになるでしょうね。一生忘れられないだろうし。
TBありがとうございます。

2008/12/29(月) 午前 2:27 オネム

スザンネ・ビア初めて観ました。
皆さんも書かれてますが心理描写に長けてますね。それでいて物語も目まぐるしく展開するので釘付け状態でした。
二人の娘を上手く使ってましたね。子供は残酷ですから。。。
トラバさせてもらいますね。

2009/1/31(土) 午後 10:30 [ - ]

顔アイコン

YAZさん☆「悲しみが乾くまで」でも子供がいいなと思いました。
YAZさんの書かれていたように起承転結がきちんと描かれているというような冷静な見方には気づいていませんでしたが、言われてみればどの作品もそういう意味で整っている上に、畳み掛けるように出来事が起こってくるので、本当に没入して見入ってしまいますね。
TBありがとうございます。

2009/2/1(日) 午前 1:13 オネム

顔アイコン

ほんと、恐るべき女性監督ですよね。 心理描写が巧いのですかね〜。
ドラマとしてとても見応えある作品でした。 TB、お願いします。

2009/2/26(木) 午後 10:09 サムソン

顔アイコン

スザンネ・ビアは心理描写うまいですよね。サムソンさんの評価が高いのもわかります。
こういう作品が好きというのは、ちょっと自虐的かなとも思えますが、こんな状況に自分が落ち込んだらたまりませんね。
TBありがとうございます。

2009/2/27(金) 午後 10:54 オネム

ミカエルが荒れる姿・・'理由'がわかるだけに痛々しく感じられました・・。
スザンネ監督の作品、なかなかずっしりきますねw
また他のも見たいと思います!
TBお返しさせて下さい☆

2009/8/12(水) 午前 0:32 A☆co

顔アイコン

スザンネ・ビア監督は独特な視点がありますね。
どの作品にも共通した特質がみられます。
他の作品も楽しんでください。

2009/8/16(日) 午後 6:15 オネム

アバター

ミカエルの体験したことの見せ方が上手いのでその後の彼の心の揺れがビシビシ伝わってきました。
スサンネ・ビア恐るべしですね。
TBお返しさせてもらいますね。

2010/4/21(水) 午後 9:49 くみょん

顔アイコン

くみょんさん☆どの人物もリアリスティックで、もし自分がそう立場ならと考えざるを得なくなるような作品ばかり作る監督ですね。
ミカエルのような体験はしたくないですよね。正常ではいられなくなりますよね。
TBありがとうございます。

2010/4/21(水) 午後 11:44 オネム

顔アイコン

ついさっきまで「大丈夫、生きて帰れる」と励ましていた仲間をまさか自分の手であやめることになろうとは思わなかったでしょうね。。ホント、その状況になったら自分ならどうするだろうと考えちゃいましたよ。一生のトラウマですよね。。。
TBさせてくださいね。

2010/7/10(土) 午後 11:13 Swan

顔アイコン

Swanさん☆あれはつらいトラウマでしょうね。妻に話して少しは救われるでしょうが、やはり一生罪悪感にさいなまされるでしょうね。
つらい話です。
TBありがとうございます。

2010/7/11(日) 午後 9:29 オネム

どうしたらいいんだろうと、考え込んでしまう映画でした。
「アフター・ウェディング」も、録画してあるんだけど、
これも、辛い話なのかしら・・・?(^^;

2011/10/7(金) 午後 11:09 kuu

顔アイコン

kuuさん☆自分がしたことでトラウマになるの、よくわかりますよね。つらすぎることですもん。でも、話すことで、苦しみは半減し、生きる希望は倍増するかもです、徐々にでしょうが。。。
アフターウェディングは、つらくはないですよ。

2011/10/7(金) 午後 11:50 オネム

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事