オネムの映画鑑賞メモ

2019年素晴らしいドラマのような1年になりますように!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ダラス・バイヤーズクラブ(2013)

DALLAS BUYERS CLUB

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月2014/02/22
ジャンルドラマ
映倫R15+
「くたばれ!」と社会は言った。
「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。
 
 
解説&ストーリー
 
「キラー・スナイパー」「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を体当たりで熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ。
 
エイズに対する偏見が強かった80年代のアメリカを舞台に、エイズ治療に無策な政府や製薬会社に公然と反旗を翻し、国内未承認でも有効な治療薬の販売ルート確立に尽力したカウボーイ、ロン・ウッドルーフの戦いの軌跡を描く。
 
共演はジェニファー・ガーナー、ジャレッド・レトー。
 
監督は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のジャン=マルク・ヴァレ。
1985年、アメリカ・テキサス州ダラス。
酒と女に明け暮れる放蕩三昧の日々を送るマッチョなロディオ・カウボーイ、ロン・ウッドルーフ。ある日体調を崩した彼は、突然医者からHIVの陽性で余命30日と宣告される。ほかの多くの人同様、エイズは同性愛者がかかる病気と信じていたロンにとって、それはあまりにも受け入れがたい事実だった。それでも生きるためにエイズについて猛勉強するロン。やがてアメリカでは認可された治療薬が少ないことを知り、有効な未承認薬を求めてメキシコへと向かう。そして、トランスジェンダーのエイズ患者レイヨンの協力を得て、大量の代替治療薬を国内のエイズ患者にさばくための仕組み“ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げるロンだったが…。
<allcinema>
 
 
 
感想
 
オスカー主演男優賞をレオナルド・ディカプリオと争っている相手として、
是非、この作品は先に観ておきたいと思い、観てきました。
 
いやいや、参りました。
結構肉体派で、上半身を晒すのが好きだったマシュー・マコノヘイが
21㎏減量して挑戦したということで、話題になっています。
 
減量した姿の痛々しさもすごいんですけれど、演技自体が、なかなかいいんですよ。
冒頭の女好きのカウボーイが、HIV陽性だと分かってからの、
戸惑いや苦悩を通過してからの頑張りは、
体力が持つのかっていうくらいこん詰めていたんですね。
 
とろでHIVというのは
Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)のことで、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことである
 
ウッドルーフは、エイズや薬について、図書館で調べたり、
メキシコの医者に教えてもらったりしたことから、
自分のみならず、すべてのエイズ患者に、害が少なく、有効な薬を売りさばこうと、オランダや日本や香港など、海外にまで出向いて買い付けます。
 
HIVの診断を下されたときは、余命30日と言われます。
なんとか生き延びたいウッドルーフは、まだ有効と認められない薬を、
最初かかった病院で破棄されるのを看護師から不正に買い取って飲むのですが、
その薬の副作用が、さらに死に追い打ちをかけるということが分かってきます。
 
病院は、製薬会社から賄賂をもらってか、その薬を認めて患者に投与していきます。
 
ウッドローフは、最初は金儲けのために、薬の売買を始めます。
客を開拓するためにゲイ嫌いながら、声をかけて、協力関係になっていくのが
病院で出会ったトランスジェンダーのレイヨン(ジャレッド・レトー)です。
 
レイヨンは、女性の格好をする完全なゲイですが、
一緒に仕事をするうちに、二人の間には、深いきずなができてきます。
 
この話は、事実に基づくということですが、たくさんの人が、有効な薬品を求めていたのだなあというのも、初めて実感しました。
なにか、自分には無関係な遠い世界の現実性のない言葉だったHIV.
無関心ではいけませんね。
 
ウッドルーフは、体制側を告発して、裁判までおこします。
その時は負けますが、後日、HIV対策が、かなり遅れて、やっと1990年代になってから充実してきたのですね。
 
作品としては、すごくドラマティックな盛り上げ方をしていないので、
病気に関しても、患者に関しても、心が痛むほどに感じるところはなかったのですが、なんとなく、こういう社会性のある話は、アカデミーにも好かれそうだし、
マコノヘイの演技は、とても自然で演技ではないように見えるし、
これは、賞争いでも、かなり食い込んできそうな気がしました。
 
ジャレッド・レトの助演男優賞は堅いんじゃないかなぁ。
イメージ 2
 
でも、これを観たので、レオが、またオスカーを逃しても納得できるかも。
 
それに、若手の映画解説者の中井圭さんが、
よくツイッターでつぶやいているように、
アカデミー賞は、政治の働く世界で、良い作品だから、良い演技だから、
賞をとれるというわけではなく、
興行的に考えると、オスカーを獲ることより、
ノミネートされることに意味があるということなので、
お祭りとして楽しみしておこうと思います♪
 

【クレジット】

監督:ジャン=マルク・ヴァレ
製作:ロビー・ブレナー
レイチェル・ウィンター
製作総指揮:デヴィッド・ブシェル
ネイサン・ロス
トニー・ノタルジャコーモ
ジョー・ニューコム
ニコラス・シャルティエ
ゼヴ・フォアマン
ローガン・レヴィ
ホリー・ウィーアズマ
カシアン・エルウィズ
脚本:クレイグ・ボーテン
メリッサ・ウォーラック
撮影:イヴ・ベランジェ
プロダクションデ
ザイン:
ジョン・ペイノ
衣装デザイン:カート・アンド・バート
編集:ジョン・マック・マクマーフィ
マーティン・ペンサ
キャスティング:ケリー・バーデン
ポール・シュニー
リッチ・デリア
出演:マシュー・マコノヒーロン・ウッドルーフ
ジャレッド・レトーレイヨン
ジェニファー・ガーナーイブ
デニス・オヘア
スティーヴ・ザーン
グリフィン・ダン
マイケル・オニール
ダラス・ロバーツ
ケヴィン・ランキン
 

閉じる コメント(22)

顔アイコン

オスカーは投票するアカデミー会員のイデオロギーにかなり左右される賞なので、社会性のある作品は、特に、その受賞が作品の出来ではなくて、そのイデオロギーに左右される傾向があります。
ディカプリオが受賞を逃しているのは、近年、社会性のある作品に比較的出ていると云う側面もあるかも。
とこかく、この作品は主演、助演男優賞では本命みたいですね。

2014/2/25(火) 午後 5:34 [ miskatonic_mgs_b ]

miskaさん☆

アカデミーはやはり、ほかの賞とはちょっと違うんですね!
レオ様に関してはGG賞のコメディ・ミュージカルのほうで主演男優賞をとれたから、あまり期待しないでおくことにします。
こちらの作品も、本当に見ごたえのある演技で、マコノヘイが獲っても腹が立つことはないですわ。
いよいよ来週ですね。
オスカーの行方がとても楽しみです。

2014/2/25(火) 午後 9:59 オネム

顔アイコン

ロディオって10秒も乗れないかったのかな。。。。

2014/2/26(水) 午前 8:18 [ esu**i123 ]

エスパイさん☆

8秒乗れたらいいみたいなこと、
言ってましたね…

2014/2/26(水) 午前 8:39 オネム

素晴らしい作品でしたね。(^。^!

今回のオスカー候補は9本中6本が実話ベースで混戦が予想されますね。
映画的映像技術の進化を示した「ゼロ・グラヴィティ」が最有力なのかも知れませんが、それは一番面白くないのでやめて欲しいです。(^。^;
昨年が「アルゴ」だったので同系の「アメリカン・ハッスル」はないでしょう。
本命のひとつと言われる「それでも夜は明ける」は奴隷制度を扱った実話ですが、この手の作品が獲ったこともありません。
逆に考えればそろそろという感じもしますが、これを観られるのはオスカー授賞式後なのでなんとも言えません。

ジャレット・レトも素晴らしかったですが、個人的には「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディに獲らせたいです。
マコノニー好きとしては(ゲイではないですが)彼の役者魂を評価してオスカーをあげたいですね。
「MUD」も素晴らしい主演作なので是非!チェックしてみて下さい。

レビューはいずれ・・・。

2014/2/26(水) 午後 8:54 ZOLA♪

Zolaさん☆

お気に召したのですね。
減量したことだけがたいそうに伝わってきていたので、
あまり内容には期待していなかったのですが、
かなり良い作品ですよね!
これは、どうなんでしょう、獲るとしたらやはり主演・助演かなという気がします。
「キャプテン・フリップス」は、観たかったのですが、実はトムハンクスがちょっと苦手で見送ってしまいました。助演の方は、新人だし、今後の可能性が分からないので、賞は獲らないのではないかなという気がするのですが、どうなるでしょう。
レヴューを楽しみにしています。

2014/2/26(水) 午後 9:38 オネム

ほんとにマコちゃんの減量の姿は、観ていて痛々しいほどでしたよね。
実話なので、もろちんご本人の精神力の強さには頭が下がりますが、それを素晴らしい演技で見せてくれましたね。
主演も助演もいっちゃうかもね^^
こちらからもトラバさせていだきまする〜

2014/3/2(日) 午後 11:37 じゅり

じゅりさん☆マコノヘイオスカー獲りましたね。
体重もだいぶ戻っているようですが、まだ少し、名残が・・・。
今日はレオ撃沈の喪に服したいと思います。
TBありがとうございます。

2014/3/3(月) 午後 3:11 オネム

顔アイコン

マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトーが
良かったです。
ロンが治療薬を求めて日本にも来ていたんですね。
”トレハロース”で有名な会社も登場していました。
TB返させて下さい。

2014/3/6(木) 午後 11:46 [ k&k ]

K&Kさん☆

主演助演男優賞W受賞で、勢いがついて、アカデミー賞以降鑑賞客を増やしているようです。
私は初日に観ましたが、満席ではなかったですが、この週末テアトル梅田のほうでは満席が何度も出ています。
TBありがとうございます。

2014/3/9(日) 午後 3:58 オネム

アバター

うんうん、感想似てますね。(笑)
私もオスカー授賞式前に観ましたが、やっぱりこれを観てしまうとレオ様が獲れなくても仕方ないかな〜と思ったら、その通りになりましたね。^^;
作品としての作りもよかったと思うし、重いけれど印象に残る作品になりました。
遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

2014/3/12(水) 午後 10:05 choro

choroさん☆

ここ何作か、マオコノヘイはいい演技している作品が続いていますから、レオ様の渾身の演技でも及びませんでしたね。「MUD」をまだ観ていないので、早くDVD観たいです。
TBありがとうございます。

2014/3/13(木) 午後 2:42 オネム

「MUD」も好い感じで演技してましたが、本作では幽気せまるようなのめり方の演技でした.ゲイ役のジャレッド・レトーも好印象でした.静かに訴える社会派作品として印象に残るものとなりました.トラバさせて下さいね.

2014/8/23(土) 午後 1:06 チャコティ副長

チャコティ副長☆

「MUD」も良かったですよね〜♪
今になってマコノヒーがブレイクするとは予想もしていませんでした!
これからもいい作品に出続けてほしいです。
TBありがとうございます。

2014/8/23(土) 午後 1:12 オネム

顔アイコン

偏見が強かった時代、さらに治療薬がまだ手探りだった時に、ロンの果たした功績は大きかったですね。でもそれも生きる執念からだったことが、彼らしかったですね。
こちらからもTBお願いします。

2014/8/25(月) 午前 10:04 atts1964

atts1964さん

偏見っていうのはなんにつけても厄介なものですよね。
ロンの功績は本当に大きいですね。
自分が同じ立場だったとして、あの執念がわいてくるかどうか自信がありません。
TBありがとうございます。

2014/8/28(木) 午前 0:59 オネム

顔アイコン

正直、女性蔑視?の前半があったので、素直に感情移入は出来ませんでした。彼なりの貢献はあったと思うのですが・・・。
まとめ記事ですが、こちらもTBお返しさせて下さいね。

2015/4/17(金) 午後 8:54 アンダンテ

> アンダンテさん
確かに最初の方の生活シーンはひどかったですね。
感情移入しにくい作品ってありますよね。
結果的には人のためにもなったけど、頑張るのはまず自分のためというアメリカ人気質も出てましたね。
トラバありがとうございます。

2015/4/18(土) 午前 0:17 オネム

アバター

「フィラデルフィア」を思い出しましたが、こちらは本当に自然な演技でしたね。
主演・助演男優賞は納得でした。
ノミニーになるだけでも、オファーがぐんと増えますよね。
こちらもTBさせてくださいね。

2016/4/20(水) 午後 9:29 木蓮

> 木蓮さん

「フィラデルフィア」は、どうもすっかり忘れてしまっています。裁判のシーンがちょっと記憶にありますが


二人の作品はこれからも観ていきたいなと思わせるに十分な演技でした。
TBありがとうございます。

2016/4/20(水) 午後 9:51 オネム

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事