オネムの映画鑑賞メモ

2019年素晴らしいドラマのような1年になりますように!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)

MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION

メディア映画
上映時間131分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2015/08/07
ジャンルアクション/サスペンス/アドベンチャー
絶対不可能に挑め。

 
解説&ストーリー
トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾。
イーサン率いるスパイ・チーム“IMF”が解体の危機に直面しながら繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、迫力のアクション満載に描く。共演はジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン。
監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。
イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。
しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。
その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。
その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。
やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。   (allcinemaより)



感想

トムちんの娯楽大作にハズレなしですな。
最近見た「アベンジャーズ AOU」のような作品より、
こういう生っぽい、アナログ感のある作品のほうが、しっくりくるのは年のせい?

予告で使われていた飛行機にぶら下がって・・・っていうのは初っ端に出てくるもんですから、それ以上のアクションシークエンスに、嫌でも期待が高まるってものです。

トムちんも、さすがに最近テレビで再観したばかりだった「ザ・ファーム」のころの肌に張りがあったころと比べてしまうと、目元なんかにソコハカトナク老いの気配は感じるんですが、年齢なんかものともせず、今回も、出力全開で頑張ってくれていました。

オペラシーンでの攻防などは、既視感があるタイプのものではありましたが、
本作、後に行くにしたがって、アクションも、ストーリー展開も面白さを増していくように思いました。
バイクチェイスのあたりからわくわく感が加速したように思います。

何度も危機に陥るイーサンを助ける謎の美人工作員イルサを演じた、レベッカ・ファーガソンがこの作品の牽引役になっていたといってもいいくらい、素晴らしかったです。
イメージ 2
美貌も戦闘能力も素敵!きゃ〜〜!ってなるくらいはまり役でした。

イメージ 3

利用されるスパイの悲哀とか行く末の不安もうまく織り込まれていて、好きでした。
イメージ 4
イメージ 4

これにはご異論もあるかもしれませんが、私は、ソロモン・レーンを演じた、ショーン・ハリスにけっこう魅入っちゃいましたわ。
貫禄あるタイプの悪役ではないのですが、白くてフォックス系の顔っていうのが、私のツボなので、それに、細いのはなおいいし、右目に特徴がありました。
声もかすれ小声で、特異な印象を受けました。

CIA長官を演じたアレック・ボールドウィンは出てくると、途端に笑えるチープ観が漂ってきますわね。彼いつ頃から、純粋なかっこいいとか渋いとかいう役にはまらなくなったんでしょうか(^^;

サイモン・ペッグは、前作にもまして、この作品への付加価値がでてきたように思うのですが、最近どの作品に出いても、これといったドはまり感がないジェレミー・レナーがちょっと残念な気がしました。
彼でなくてもいいじゃんっていう存在感しかなくて・・・

あ、そうそう、ちっちゃいトム・ホランダーが、最後のほうにおまけのようにでていましたわねぇ。(笑)

締めのイーサンとレーンの対決の落としどころも、これぞ、ズパイ映画って感じで、スカッとしました〜♪
まあ、あれをいつ用意したんよ!?っていう野暮な突っ込みは置いといて・・・

娯楽作っていうのはこんな風に劇場を上機嫌で後にできるっていうのが、絶対条件だと思います。そういう点で、トム・クルーズっていうのは、本当に凄い俳優だなと、今回改めてそのプロ意識に尊敬の念さえ持ちました。

これ、絶対この夏お薦めの作品ですので、劇場鑑賞してほしいです。
*

【クレジット】
監督:クリストファー・マッカリー
製作:トム・クルーズ
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
ドン・グレンジャー
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ
原作:ブルース・ゲラー
原案:クリストファー・マッカリー
ドリュー・ピアース
脚本:クリストファー・マッカリー
撮影:ロバート・エルスウィット
プロダクションデ
ザイン:
ジム・ビゼル
衣装デザイン:ジョアンナ・ジョンストン
編集:エディ・ハミルトン
音楽:ジョー・クレイマー
出演:トム・クルーズイーサン・ハント
ジェレミー・レナーウィリアム・ブラント
サイモン・ペッグベンジー・ダン
レベッカ・ファーガソンイルサ・ファウスト
ヴィング・レイムスルーサー・スティッケル
ショーン・ハリスソロモン・レーン
アレック・ボールドウィンアラン・ハンリー









閉じる コメント(22)

顔アイコン

もうトム・クルーズはS・マックイーンが逝った時の年齢超えたね。

2015/8/9(日) 午前 8:50 [ esu**i123 ] 返信する

顔アイコン

MIシリーズは面白そうですね!まとめてみようと思いつつ、なかなか手が出ないのです。
オネムさんのお勧めなら、何とか見に行きたいけれど・・・。
今年は戦後70年のブームに乗って、太平洋戦争の映画を見に行こう、子供を連れて行こうと思って、あれこれ物色中です。

2015/8/9(日) 午後 3:27 メタリング 返信する

> アンダンテさん

シリーズがこれだけ続いても、この質をキープするって、すごいことですよね。
恐れ入りました。
次回作もレベルを落とさず作って欲しいですね。
トラバありがとうございます。

2015/8/9(日) 午後 7:17 オネム 返信する

> WANTED222さん

総じて、娯楽大作は、後々まで心に残るとか、考えさせられるものではないですが、大画面で観るほうが、楽しめますね。
是非、映画館で観てください。

2015/8/9(日) 午後 7:20 オネム 返信する

> esu**i123さん

マックイーンは、若くしてなくなったのですね。
トムクルーズは、何歳まで、こういうのできるでしょうね…

2015/8/9(日) 午後 7:22 オネム 返信する

> メタリングさん

劇場にいる間、何もかも忘れて、気分転換するのによい作品でした。
シリーズ、最初からおさらいしなくても、これはこれで、楽しめます。

戦後70年関係では、ケーブルチャンネルで、ケンブリッジスパイという、イギリスものを録画してあるので、時間のあるときに観ようと思っています。

2015/8/9(日) 午後 7:29 オネム 返信する

アバター

トムにはず〜っと頑張って欲しいですが、
あまりの万能っぷりに、年々超人じみてきましたね。
おっしゃるとおり、ジェレミー・レナーが少々残念でした。
このシリーズに出てくる女性はみんなカッコ良いですが、レベッカはすごかったですね。
面白かったです!
TBさせてくださいね。

2015/8/9(日) 午後 11:00 木蓮 返信する

> 木蓮さん
トムは紛れもなくスーパースターですね。
アクションはもちろん、脚本もうまかったですね。
だから満足できましたし、前作超えだったかもですね。
レベッカは、次回作には絡んでこないなかしら…期待しますわ。
トラバありがとうございます。

2015/8/10(月) 午前 0:59 オネム 返信する

顔アイコン

久しぶりにシリーズを見ましたが、イルサを演じた、レベッカ・ファーガソンが良かったですね。
「ヘラクレス」ではちょっと謎の行動の王女役でしたが、今回が大々的なお披露目という感じでした。
サイモン・ペグがいいアクセントの役ですね。
TBお願いします。

2015/8/10(月) 午後 2:34 atts1964 返信する

> atts1964さん

レベッカファーガソン、素敵でした。大人っぽい人ですね。
他の作品では観た記憶がありませんでした。最近スウェーデン人俳優さん、大活躍ですね。
サイモンペグも回を追うごとに、必要不可欠なメンバーになってきたように思います。
トラバありがとうございます。

2015/8/10(月) 午後 8:14 オネム 返信する

トムは もうえぇ歳になってるのに まだまだ肉体派やねぇ〜

このシリーズ なにかと“どんでん返し”がウリなところもあるから

楽しいわぁ〜。 MX4Dで観たくなるねぇ〜

2015/8/10(月) 午後 11:28 アブドーラ 返信する

ショーン・ハリス良かったですねぇ.そうそう声も作ったのかもしれないけど、良かったぁ.注目の俳優さんですね♪.トラバさせて下さいね.

2015/8/11(火) 午前 4:59 チャコティ副長 返信する

> アブドーラさん

トム頑張っていますね。

当地では、普通の2Dしかないので、視聴覚効果の高い劇場で作品を見られませんが、まあ、疲れない分いいかも。

2015/8/11(火) 午後 2:25 オネム 返信する

> チャコティ副長さん

敵役がピンとこないと、面白くなくなることもあるので、今回は、前知識なくみましたが、楽しめました。

トラバありがとうございます。

2015/8/11(火) 午後 2:28 オネム 返信する

顔アイコン

トム・クルーズのスター映画としてすごくよくできていまして、映画館でお金を払うお値打ちのある映画だと思いましたです。ヒロインの前半ミステリアス、後半悲劇のヒロインという見せ方もうまかったですよね。TBさせてください。

2015/8/15(土) 午後 8:52 [ einhorn2233 ] 返信する

>娯楽作っていうのはこんな風に劇場を上機嫌で後にできるっていうのが、絶対条件

期待以上に楽しめたし、おっしゃる通り、上機嫌で帰りました(^^)

TBさせてくださいね☆

2015/8/16(日) 午前 10:25 なぎ 返信する

> einhorn2233さん

コメント&TBありがとうございます。
楽しむために観るには良い作品ですね。
私はトムクルーズは、特にファンでもなかったですが、
観客へのサーヴィス精神には頭が下がります。
まあ、よく見れば突っ込みどころはたくさんあるんですが、こういう作品は娯楽と割り切って楽しめればいいですね(^^♪

2015/8/18(火) 午後 7:07 オネム 返信する

> なぎさん

たいてい妹と映画を観に行くのですが、これは観終わって面白かったね!とすぐに言えるような娯楽作でした。
なぎさんも楽しまれたようでなによりです。
TBありがとうございます。

2015/8/18(火) 午後 7:08 オネム 返信する

顔アイコン

今回は特に素晴らしかったな〜って印象です。
序盤からクライマックスに出てくるようなど派手なアクションでそこから尻つぼみすることなく走り切ったのはすごいなって思います。
TBお願いします!

2015/12/8(火) 午後 11:08 かず 返信する

> かずさん

コメント&トラバありがとうございます。

娯楽作は、観て時間が経つと印象が薄まるので、正直、もう見たときの興奮はなくなっています。

トムのサービス精神には、感心させられますね。

2015/12/9(水) 午前 11:10 オネム 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事