オネムの映画鑑賞メモ

2019年素晴らしいドラマのような1年になりますように!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全289ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

私の場合は11年目で終了となる
Yahoo!ブログで出会った皆様、
仲良くしていただき、ありがとうございました。

一応amebloの方で新たに始めました。
どのくらいの頻度で書けるかも、
どれくらい続けられるかもわかりませんが、
今後もお付き合いしやすい環境にお移りになった方々には、
また、引き続きよろしくお願いいたします。

あまり拡張していくつもりもありませんので、実生活の多忙や煩雑さから逃れて1人になれる隠れ基地で、独り言のように続けていければ良いかなと思っています。

皆様のこれからのご健康とご発展をお祈りいたします。



https://ameblo.jp/onemu419/

イメージ 1

今日は検査の日でした

新しいブログを始めた一つの理由は、
私の癌疑惑の結果を、
気にかけてくれている人もいるかもしれないから
書いてしまったことの結果も責任持って載せなくては、と思ったからです。

来週の診察で気管支鏡するかどうか決めるのですが、すでにyahoo!は書き込みできなくなってるんですよね…

とても病気とは思えません。
例年と同じく、夏の果物太りしてます。
癌で太るでしょうか?
夏に強いからかもしれませんが、
快調だし…

ただ癌マーカーは、ストレスでも上がることがあり、その点では、また悪い可能性もあり得るかな。

今日のイタリア語のクラスで
Come va?
英語のHow’s it going?とか
フランス語の?a vas?と同じようなものだけど、
私の性格だと軽く適当に答えられなくて、うっ…て、考えて正直に答えてしまいがち。
イタリア人はどうなの?と質問したら、 調子悪いみたいなことはイタリア人はあまり言わないって。
もしかしたら日本人も、元気?と聞かれたら元気と答えるのが普通かな?
でも、年寄りになるとみんな不健康談義してますよね。
それはあまりしないらしいです。
わたしも、もしイタリア人と話す機会があればVa bene.で済ましておこう。

来週結果がまた50/50 なら9月3日から検査入院です。
その後amebloに書き込みがなければ、検査で不測の事態が起こったということになるのかな?
数年に1人の失敗事例になりたくないーーー!

自分で幸運を祈っておこう!
うん、多分大丈夫♫
カルチャーセンターの語学講座で、去年9月から6月末までは、2週間に1時間の授業展開で、7月から週1になった。
大学の一般教養の文法の進み具合でいくと、2年かかるものを、こんなに少ない時間で、ザーッと通り抜けて、遠過去とか前過去とかまで来たけど、わたしの授業のはずが、復習に入られてる方に合わせて、私も来学期(秋)から、すでに2年学んでいる方たちと合併すべく進めている。
そりぁ、学生時代みたいに毎日勉強すりゃいいんだけど、しないから全く定着しない。
それでも、足りない聞き取りを補うために、NHKのラジオ講座は聞いている。
このクラス、一回だけ見学に来て、参加しなかった人が3人いる。
結局残ったのは私だけで、去年からの生徒さんで復習のために入ってくれて、生徒2人で成り立っている。
先生は魅力的で人物的に好感の持てる人だけど、毎週20分くらいはなんか授業じゃない話を日本語でしている。
イタリアにまつわる話だから楽しいんだけど、ますます授業時間は短くなる。
あまりにも進みすぎて、定着せずに走ってるから、前のことはどんどん忘れ、モヤモヤしてきたー!
50歳以上をターゲットにしたシルバー英会話を教えていた時の鉄則が、「もっと欲しいという程度の量を見せること。」だった。

私もシルバーの生徒なんだからね!
自分で言うのもアレだけど、私でも混乱するんだから、他の人が続かなかったのは理解できる。

明日は、先生にちょっと溢れすぎて溺れそうって言おうかな。

秋から2年の差がある人たちとのクラスなんかに入ったら、ますます混乱が増すだけなようで…習いに行かず自分のペースで一定レべルまでやろうかなぁ…と悩んでいる。
ちょっとぼんやりとした目的があって、
過去記事を移行したfc2ブログに書き込みたかったのですが、
スマホからの投稿が、アメーバブログの方が簡単そうだったので、そちらに書き始めました。
まだPCで見てなくて、スマホからの登録ですから、いい加減なものですが、
もし今後もお付き合いいただける方は、以下のアドレスで登録よろしくお願いします。


https://ameblo.jp/onemu419/

もしサイトが開かない場合は

onemu のなんでも扉

で検索していただくと出てくると思います。

まだ8月中は、こちらもチェックしますので、ご連絡は、こちらのゲストブックに書き込みくださいますように。


早くパソコンで確認しなければ…

*

ピカソ

新しくブログを開設したら
まずは「ジーニアス・ピカソ」の記事を書きたい!
そう思えるほどのめり込んで、ドラマ10話を観終えた。

ピカソの絵が特に好きでもなかった自分だけど、単に美談でもなく崇高でもなく、ありのままに思えるピカソ像を感じて、これからできる限り本物を見ていこうと思った。

マドリッドで「ゲルニカ」を間近に観られたのは、何という幸運だったかと、心底思った。
その地でのガイドさんが素晴らしく、事細かに解説してもらったのは、絵が描かれた当時を生きていない自分にはとてもためになったと思う。
歴史を知って観ると、涙を催しましたもの。

関わった女性たちも興味深く、フランソワーズ・ジローやドラ・マールの作品も見る機会を作りたい。

オープニングのスペイン風な力強い音楽と色調も、ドラマの展開も素晴らしく、ドラマ好きで良かったと、幸せな気分になれた。

若い頃と中高年以降をダブルキャストで、毎回、時間を二層にして描かれたドラマ。
ピカソの中高年老年を演じたのはなんとアントニオ・バンデラスで、彼の最高の当たり役ではないかと思われる。
そっくりというわけではないが、それほど長身ではなく、ハンサムというのでもないけれど可愛げのある魅力的な生き生きとした、本当に素晴らしいピカソだった。

なんだよ〜〜、次はスペイン語も始めなきゃならないのかなー。
生きているうちに、もう一度「ゲルニカ」を観に行かないといけないなぁ…

全289ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事