全体表示

[ リスト ]

どうもすりーとです。
S13お疲れ様でしたということで構築記事書きます。使用パーティはこちら
イメージ 1
S13の頭の時期にパーティ案なにもねぇ・・って言っていたところフォロワーの方に
チルナットノイテイという案をいただいたところから構築がスタート
                   ↓
ノイテイ、ナットレイということでドランが重いのとかもろもろのシナジーを考え物理毒羽チルに決定
                   ↓
状態異常撒くんだから2メガ目いつも通りゲンガーにしてたたりめしよーぜー
                   ↓
ここまでで浮いてるポケモンがいないこと、バシャ受けがチルしかいないこと、電気タイプ水タイプを
入れたいことを考えて最初はレボルトスイクンもしくはレボルトギャラで行く予定だった。
が、ボルト厳選がだるすぎたので別案を考えることに。
                   ↓
水タイプ電気タイプ。バシャ受け。電気弱点が入る場合はもう片方を電気無効に。浮いてるポケが最低1体。
この4つの条件を満たしつつパーティのバランスを崩さない組み合わせが見つからなかったので、
バシャ受けを断念し対面からバシャに隙を見せない2体ということでランドミトムを採用。
                   ↓
最後に対戦してるうちにチルとナットとゲンガーの型が変わっておしまい
以上構築経緯でした

<個別解説>
イメージ 2
チルタリス@チルタリスナイト 性格:意地っ張り 特性:ノー天気
努力値:H212 A12 B76 D132 S76
技構成:恩返し 地震 羽休め コットンガード

耐久ラインは一般的な陽気ガブ地震2耐え&珠化身ボルトめざ氷2耐え。
AはこれでCS非メガゲンガーが恩返しで確2&HB特化してない大体のニンフィアが恩返し2回で大体飛ぶ
自分がよく使うA調整。Sは余り。
出すときには出す、出さないときは出さない。見極めが大事。が自分もどのパーティに出せばいいか
分からないから大体直感で選出してる。
もともとチルタリスというポケモンが対面構築にかなり出しにくかったりするのでコットンガードを
滅びの歌に変えてバトンパなどたまにいる特殊構築にしっかり勝てるようにしたほうがよかったなと
今更思っています。実際バトンパには全部負けましたし。

イメージ 3
ナットレイ@拘り鉢巻 性格:勇敢 特性:鉄のトゲ
努力値:H252 A252 B4(S個体値はもちろん逆V)
技構成:ジャイロボール タネマシンガン はたき落とす パワーウィップ

元々はHBジャイロ宿り木守る電磁波@ゴツメorオッカでしたが1750〜1850で延々と200戦勝って負けてを
繰り返してたので鉢巻に変更。なんとみるみるレートが上がってすぐさま2000に。
鉢巻ナットレイを使うのは初めてだったんですけどこれは病みつきになる火力ですね。
でも炎技がどこから飛んでくるのか分からないのでそこはしっかり立ち回らなければいけなかったですね。
圧倒的パーティのMVP。

イメージ 4
エンテイ@たべのこし 性格:慎重 特性:プレッシャー
努力値:H116 A84 B4 D180 S124(ほぼ理想個体)
技構成:聖なる炎 毒毒 身代わり 守る

チルナットノイテイの案をいただいた際にチルと組ませるならノイテイ慎重がおすすめと聞いて
そのままのっからせていただきました()
DラインはCSメガゲンのヘド爆2回+毒ダメ一回を耐えるくらいだったはず。
どくみがまもなのにA振りなのはここまで振ればHSメガゲンが聖なる炎で確2になるためやけどに頼らなくても
対面ゲンガーに勝てるようになる。催眠は勝てないので避けましょう。
聖なる炎で焼けば強いんですけどねぇ・・焼けば。
でもアローと違ってクチート軸に対する勝率はよくなりましたね。

イメージ 5
Wロトム@オボンの実 性格:控え目 特性:浮遊
努力値:H252 B104 C92 S60(めざ氷個体)
技構成:10万ボルト 目覚めるパワー氷 鬼火 電磁波

大真面目に考えてこの構成です。
チルエンテイナットランドとマンダの起点になるポケモンが多いのでマンダ絶対全抜きさせないマンです。
マンダに勝つのであれば電磁波めざ氷両搭載がベスト。取り巻きにスイクンなどがいることから瞑想の
起点にならないC振り10万ボルト。あとはミラコスイクンやスイクン+地面の並びに強くなれる鬼火。
あと命中不安定技を多用するパーティだからドロポン打ちたくないというのがあった。
このパーティのロトムはこの技構成で完結してる自信があります。努力値は変更の余地あり

イメージ 6
霊獣ランドロス@拘りスカーフ 性格:陽気 特性:威嚇
努力値:H4 A252 S252(非理想個体)
技構成:地震 岩雪崩 蜻蛉帰り 馬鹿力

ウルガが重いので陽気スカーフにしてごまかし要素を増やしたが控え目ウルガよりも意地スカガブを抜く
恩恵のほうがでかかった。岩雪崩よりもエッジを打ちたい場面のほうが多かった気はするがこれ以上
命中不安を大きくしたくないというのがありました。無難につよいポケモン。

イメージ 7
ゲンガー@ゲンガナイト 性格:臆病 特性:浮遊→影踏み
努力値:B8 C248 S252(めざ飛行個体)
技構成:シャドーボール 気合い玉 挑発 道連れ

最初はHSの鬼火祟り目身代わり気合い玉奴を使ってたがけっこうチルとの同時選出したい場面もあったので
そういうときに腐りにくい挑発道連れ型。なぜめざ飛行個体かというと体感この個体が気合い玉一番当てる
というどうでもいい理由。メガゲンガーというポケモンは無理やりきついところをごまかせるから強いなぁといつも
思っている。

<まとめ>
タイトルの通り最高&最終は2103でした。きつかったのはバシャ、サザン、ゲンガー、猫不意炎技ガルーラ。
負け試合は大体こいつらにぼこられた試合。特にバシャ+メガゲンorメガガルーラがきつく、非メガバシャも型、
数ともに増え選出からきついきつい言っていた。ゆえにバシャ入り対面構築に全く勝てないのでそこが
問題だったかなと。ちなみに勝率かなり低いですが鉢巻ナットに変えてからは50勝28敗ですというどうでもいい
言いわけ(わざわざPGLで数えた)
最後にチルナットノイテイの案をくださったハルトマンさん、思った形となったかは分からないですがアイデア本当にありがとうございました!
質問があればツイッター等によろしくお願いしますっていうのをいままで書いていたくせにツイッターID書いてないのに今更気付きました。@sleet_wolke
終わり
イメージ 8








この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事