ここから本文です
親子らいだーになっても、やっぱりバイク記事の少ないライダーぶろぐ
擬似娘、バイクの卒検、来週火曜に決定!。。。がんばれよ〜
洞窟巡りをした日の夜は会社の飲み会でした。
体力的にはチト厳しかったのですが、会費は会社持ちなので行くもんね。
(飲めないけど)

その席で。。。
「今日は昼間、富士山の洞窟巡りをしてたんだよん」
と私。
「いいなぁ・・・自由で」
と言われ。
うん。確かに自由かも。でも。これは、すらりんが、大分しっかりしてきてくれたおかげですね。自発的な行動で確認やらはまだキビシイのですが、前日に打ち合わせた事はほぼ完璧にこなせるようになりました。
そして、確認したり、やった事をちゃんと説明できます。。。ああ。進歩している

さて、自由でよいなぁ。。と言う話から・・・
「実は昔はもっと自由に世界を巡っていたのです」
と言う話をして、ブログ用に携帯で撮った写真を見せる私。

有名だけど、普通の日本人は中々行かないレア系を巡ってました。と少し得意気に

スイス〜!。。後ろの山はマッターホルン!

え〜!こんな所ホントに行ったの!

だから、行ってなければ写真はありません
イメージ 1










































ここは名所。。。ピサの斜塔だよん!
イメージ 2










































顔がよくわからない・・・体型は変わらないけど、もっと顔がはっきり写ってる写真はないの?

と言う事になり。。お。これは顔がわかるな。。
ここなぞ、有名な所ですが、あまり日本人は行かないトコですよ。
ど〜こだ!・・・と写真を見せると。

その場所の話ではなく・・・

「え〜!?すらいむさん、昔はイケメンだったんじゃないですか!」
え〜!?そうですか??
「あ。ほんと。イケメンだ!。。。もてたでしょ?」
いえ。全くモテませんでしたよ。
「なんか、こんな感じの俳優いましたよね?(結論出ず)」
う〜ん。誰でしょ。誰かに似てるってあまり言われた事ないなぁ。。

などと、意外に(ぷち)盛り上がり、ウレシイものの少し戸惑うワタクシ。

いやぁ。。まさか、酒の席の上、とは言え、私が(若い頃とはいえ)イケメンの話になろうとは。。。長生きはするもんですなぁ。。。ああ。ウレシイ。
このウレシサを記事にしちゃうもんね。

その時の写真  
イメージ 3










































ちなみに。ここは。ブレーメン。でした!                          

この記事に

積極的に引きこもる?

ついに、関東地方も梅雨明けです。
もう。今年は空梅雨で。東京、横浜方面だけでももう空けたんじゃね?て位すでに連日暑い日が続いておりました。

暑い日には涼しく過ごしたい。誰もが思う事。。しかし、暑いとドコにも出かけたくない。と言うのもまた真実。。。
と言うこの矛盾した思いの中、なら、
「積極的に撃って出て、涼しい所に引き篭もる」
と言うもう、暑さでなんか理論が破綻してるような感じで、やっぱり、休日は出かけます。。。

少し寝坊してしまい、朝6時半出発

やっぱ行く先は。。。朝のコーヒーブレイク
イメージ 1










































道志川の河原で一休み。
イメージ 2










































さぁ。。一休みしたら、行きますよ〜

と〜ちゃ〜く!
イメージ 3










































そうです。今回は涼しい洞窟に引き篭もろうツーリング!。。洞穴巡り!
まずは一発目、この暑い中、0度!
350円で涼しく過ごす。。。しかも時間制限なし!

えーと。洞窟なんで、天井が低い所がある、と言う事で被ります(無料)
イメージ 4










































えーと。。中は暗いので写真がキビシイ。。。おわぁ!。。天井低!!
イメージ 6










































ものすごく、胡散臭い話だ・・・
イメージ 5















私はもう何度も江ノ島に行ってるけど、富士山から続いてる穴です。て洞穴を江ノ島で見た事ないぞう。。

ああ。。涼しい。。。てか、少し寒い。。
イメージ 7










































冷気、てのは下に溜まるので、たったこれだけ降りるだけで、もう涼しいのです。
イメージ 8










































てか、逆に言えば、たったこんだけ上ればもう暑い!。。けど、山の暑さなんで下界から見れば、涼しいんですけどね。

いくら時間制限なし、とは言え、そうそう長居はできないので次、行くよ〜!
イメージ 9















ここも低いらしい。。
イメージ 10










































こっちはもっと低い!
イメージ 11










































残念ながら、蝙蝠エリアは保護されていて、一般人は立ち入り禁止。
蝙蝠との面会はできませんでした。

さて、ラスト!
イメージ 12










































ここは、3年位前の春になんかのついでに寄って、これなら、夏に来た方が面白そう、と思いながら3年、今年漸く、この洞穴巡りをやったのでした。
イメージ 13










































思えば、ここが3つの内で一番天井高く、見やすい洞穴だったんですね。
ああ。。涼しい。。

なにしろ、冷蔵庫。
イメージ 14
















ぼつぼつとハラも空いてきたし、少し遅いけど、何か食わねばなぁ。。。と思い走ってると。。
本日の昼飯
イメージ 15










































ブルーベリー、500円で食べ放題!。。。今年はイチゴ(ストロベリー)の食い放題を逃したので、同じベリー系で仇を取った私。
まぁ。。飯の代わりとしてどーよ、かもですが、おいしくいただきました。

この後も色々やらねばならぬので、あまり、ゲポゲポならない程度にセーブして。

本日の・・・ええ感じで入れました。
イメージ 16










































道志道の駅で、今年初めてのソフトを食す。。。ピーチミックス。美味し!
イメージ 17










































今回は時間も早く、いつもの2軒、丹沢アンパン屋と服部牧場に寄ってそれぞれおいしくいただき、夕方6時半、無事帰宅。

やっぱり。最後の国道、246は、暑かった!


この記事に

伝統芸。的な

先日、ブロ友、wz7さんの記事で、ガンアクション映画の話がでたので、今回はこんなお話を。

映画「昼顔」の記事で、オレは例えモテなくても、ジョン・ウェインが演じるような男にあこがれる!。。。なんて事を書いたので、あこがれのジョン・ウェイン映画。
「勇気ある追跡」を中心にお話をしようかな。と。

この映画は1969年製作、ジョン・ウェインが待望のオスカー主演男優賞を手にした作品、なんですが、私思うに、この映画のジョン・ウェインの演技が殊更素晴らしい作品か?と言えば。。。。ジョン・ウェインは、通常運転でした。

言わば、ハリウッドは多年に渡りスターであったジョン・ウェインに、この作品で、功労賞もかねて、オスカーを贈ったのだと思います。

映画は、さくっと粗筋を言えば、使用人に父を殺され、金を持ち逃げされた14歳の少女が、父の仇を討つべく、ウェイン演じる保安官(ルースター)をなんとか雇い、ついに目的を達成する、と言うお話です。

ルースターは、大酒飲みで、腕は良いけど乱暴者、でも心優しく、使用人のアヤシゲな中国人と2人暮らしの、言わば孤独な初老の保安官。

少女の方は恵まれた育ちで、ルースターに仇の話をしても、最初は取り合ってもらえないものの、その熱意が通じ、次第に心を通わせ合い、途中で合流した、少々ちゃらい感じのテキサスレンジャーと共に、3人の珍道中、ロードムービーのような感じで話は進みます。

さて、話はいきなりクライマックス。当初の目的であった敵をついに捕らえる事に成功!。。。そこにルースターが多年追っていた悪党4人組(そのリーダーを演じるは、ロバート・デュバル)が現れ、もう、目的は達成したし、戦う必要は無いし、こっちは一人、でも、当然、ルースターは戦う道を選んで、ガンファイトが始まります。。。決闘は6分過ぎから。















ルースター、手綱を口にくわえ、右手のループバレルのライフルを振り回し、左手には拳銃を持ち、銃撃戦の始まり!
まぁ。。進化した昨今のガンアクション、からすれば、牧歌的、と言うか、呑気と言うか、そんな感じもしないではないですが、これはもう、伝統芸能的なもんだと思いますよ。なにしろ、ジョン・ウェインの出世作の1938年の駅馬車。その登場シーンで、このライフル回しをやってすでに30年以上。















ファンは、もう。これを見たかった!の伝統芸、ライフル回し、です。

さて。。物語の最後、話の始めに殺された、父の墓にルースターを案内する少女。
いつか、母はここに、私や弟もここに。。と一族の墓を案内しながら言います。
「あなたにも側に眠って欲しい」
少女としては、精一杯の誠意、もう、ルースターは家族と一緒だ、と伝えたわけですが、ルースターは、やんわりと。
「そこは、君の亭主、子供が眠る所だ」
と言って断るのです。。。好意はうれしいけど、筋を通したのですね。
ほいほいと好意に甘えない態度に憧れます。
すると少女は今度は、
「あなたはたった一人で荒野に眠るつもりなの?」
と言うと、ルースターは。
「何。オレはまだまだ死なないさ」
と言うと、見事な馬術で、牧場の柵を飛び越え、颯爽と去って行く。。。

ああ。こう言う男に私はなりたい。

この記事に

弁当の事

横浜市長選挙の選挙戦、が始まりました。
すらりんにとって始めての選挙になります。

ま。その話は置いといて。

選挙公約で「横浜の中学で完全給食の実施」を上げてる候補者がいます。
横浜の中学は弁当なのよねぇ。。。ああ。メンドイ。

しかし、ああ、メンドイ、などと言うとバチが当たるんじゃないか?と思う程、この弁当に全身全霊を傾けた人がおりました。。。私の奥さんです。

生きる目標を、すらりんの小学校の卒業式まではなんとか!
で頑張り、無事卒業を見届け、すらりん、無事に中学生になりました。

横浜の中学は給食なし。。。当然、めんどうなべんとう。になるわけですが。

今度は、目標を、すらりんの弁当を毎朝作る!。。に切り替えたように、毎朝、毎朝、すらりんの弁当を作り始めました。
最早、ほとんど寝たきり状態なのに、弁当と夕飯は作り続けてました。

まぁ。。私も、料理も少しは出来るし、外食もいいだろうし、もっと休めば?。。と思って提案しても、その辺、聞いてもらえませんでしたねぇ。。

思えば、奥さんは、すらりんの為に何でも良いから、何かしたかった。のだと思います。それこそ、命をかけて弁当を作っていたんじゃないかな。と。

何日かの欠番はありましたが、弁当を作り終え、1学期終了、夏休みに亡くなったわけですが、亡くなった後、奥さんの携帯から、弁当の写真が出てきました。
イメージ 1































その中の1枚。すらりんが好きなみかん、季節外れでも用意したんですねぇ。。

どんな思いで、弁当の写真を撮っていたのかなぁ・・・

所で、何かで、奥さんに先立たれ、息子と2人暮らし、と言う話になると、大抵の場合男性は。。それは色々タイヘンでしょう。て事になるのに、女性の場合。
そんな小さな(中一)子供を残して死んでいった奥さんは、ざぞ無念で心残りだったでしょうねぇ。。て話になる事が多いです。
これって、男女の差?

この記事に

ぶろ友、TOSHさんの記事で、「自走式草刈機」の話がでたので以前書いた話にすこし乗っけてこんな話を。。(記事探すのメンドウなので粗筋をもう一回書く)

父が隠居後、熱心に取り組んでいた事の一つが、「ラジコンで動く、耕運機を改造した、対人地雷に的を絞った地雷破砕機」・・約20年前の事ですね。
ま。内容は、読んで字の如くなんですが、

紛争地帯なぞで、埋められたままわからなくなった対人地雷、一々調べるのではなく、この耕運機式対人地雷破砕機をガーっと走らせ、とりあえず爆発させて、歩く場所を確保。モトが耕運機なんで、戦車用の地雷踏んで木っ端微塵になっても、無くなるのは耕運機一つ。ラジコンなんで人的被害なし。。。コスパが良い!

と考え、なんと友人と一緒に、ラジコンで動く耕運機作成に成功!。。簡単なプログラム動作も出来て、自走もOKて試作品まで作ったんですけどねぇ。。。

だいたいが、対人地雷なぞ手に入るわけもなく、外国まで行ったりしたのですが、結局、爆破に対する実験ができないまま、この計画はお蔵入り、となったのです。

が。。「自走式草刈機」があるななら、普通に「自走式耕運機」でも需要、あったんじゃね?・・畑をプログラムで動いて勝手に耕す耕運機。
実際、そこまでの試作品は作ったわけだし。
それだけでも良かったんじゃね?

なんて言ったら、父はまずマチガイなくこう言うでしょうなぁ・・
「だって、おめぇ。それじゃ、おもしろかねぇだろう!」

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事