ここから本文です
親子らいだーになっても、やっぱりバイク記事の少ないライダーぶろぐ
うわぁ!ガソリン一気に値上げすぎ!!私が音をあげます!

儲かるらしい

阪神淡路大震災から早23年

当時私は弱小、端武者系のCSの放送局で働いていて、この震災の日は夜勤。
局に行ったらまさかの特別編成番組!?
元々そんな事なぞしようにも出来ないような安い設備だったんで、その分人が働く事になり、いつもより余分に働き、刻々と入る情報でドンドン被害と犠牲者が増え、
これは、信じられない程深刻な事態が起こっているのだ!
と思ったもんです。

さて。今回のお話はこれがメインではありません。
もっと軽い小ネタ、昔話をしたいと思います。

弱小、とは言え放送局
放送時間ともなれば、何か番組を放送しなければなりません。
しかし、自前で放送時間全部をまかなえるだけの番組を作るだけの力なぞ持ち合わせておりません。貧乏です。

当然、放送する番組をどこぞから借りてくるわけですね。
社長や営業の方針で
「ここは一つ、宣伝や話題作りもかねて、有名な作品を放送したい!」
と言う事で、超有名アニメ「アルプスの少女ハイジ」を借りに行ったらしいのですよ。
有名、とは言え。当時からしてもすでに古いアニメ。なんとかなる、と思ったんでしょうねぇ。。

こっちの提示金額を見て鼻で笑われたそうですよ。
古いとは言え、やっぱ超有名所は高額なのでした。

そのハイジをCMで使ってる家庭教師会社がありますよねぇ・・
家庭教師って儲かるんでしょうねぇ・・・

ちなみにハイジは借りれなかったので、「いなかっぺ大将」とか、「あんみつ姫」を放送していた私等です。

所でその時の話題で、「となりのトトロ」を1回放送したら、会社がつぶれるレベルの放送料金だったそうです。トトロ高い!!

この記事に

二週連続!

この所、天気予報がイマイチ当たらないですねぇ・・
昨日は、雨は降るけど気温は上がる。。。筈でしたが、雨は降ったけど、寒いまま

今日は天気も良く、気温も上がるり、穏やかな一日。と言う事で・・・

少し早起きして、先週あまりの強風で上陸、即撤退した、城ヶ島に再度行く事にしました!・・二週連続です!
暖かい、と言う事で、朝9時半に出発です。

もう。コースは先週と同じにしました。。。前半有料道路、後半は134号線ですね。

とうちゃ〜く!
う〜ん。天気予報で、言う程晴れないし、暖かくもないなぁ。。
何故か猫が多く、猫さん達だ出迎えてくれました。
イメージ 1
















しかも懐こく、ほぼ猫かふぇ状態!
イメージ 2
















しかし、残念ながら、水仙の見ごろは過ぎてしまったようでした
イメージ 3















気を取り直して行きま〜す!。。展望台からの眺めが良いですね。
イメージ 4
















猫も多いが何故か、トンビも多い
イメージ 5










































城ヶ島の名所の一つ。。安房が埼灯台
イメージ 6
















灯台の近くでは、キレイな貝殻が沢山落ちてました
キレイさが写真では伝わりませんなぁ。。。残念!
イメージ 7










































ここも名所の一つ「馬の背洞門」 
イメージ 8










































こんな看板がありましたけど、今の世の中、動画サイトをじっくり調べれば、上で逆立ちしてるやつの1人や2人居そうですなぁ・・・
イメージ 9










































       
予報程天気も良くは成らなかったし、暖かくもならなかったけど、確かに穏やかな
良い日和ではありました。満足して観光終了。遅い昼飯にします。

漬けど〜ん!。。今日は少しフンパツして大盛にしたのだ!
イメージ 10
















マグロの切り身が厚くて美味しい!!   

さて。そろそろ撤退です。
前回、大風に吹かれて、余り楽しめなかった海沿いの国道も、今日は楽しみながら走れました。

途中、家近の温泉に寄り、夜6時無事帰宅。

バイクぶろぐなのに、ツーリングして1枚もバイクの写真がないツーリングはこうして、無事終了したのでした。



この記事に

意外とうるさい

夢を実現するのは気力であり気力を支えるのは体力であり体力を培うのは食事である

てな事を言った人がありました
事ほど左様に食事は大事なのであります。

我がすらいむ家の食事は365日中、300日は食卓に上るメニュー。。それは。。

具沢山味噌汁!
人参、玉葱、ジャガイモ、大根に、キノコ、モヤシを大量に投入した味噌汁なのです。

過渡期には、私の好みで、キャベツを入れたり、肉を入れたり、コンソメにしたりと色々やっていたのですが、結局すらりんが、肉無し、豆腐なし、味噌汁が一番美味しい!との事になり、味噌汁に落ち着き幾星霜・・・

と言うわけで、我が親子の血肉は、この「具沢山味噌汁」で出来ている。
と言っても過言ではないのです。

所で。私は月、水は昼に少し時間がある事が多く、昼食は家で食べてます。
メニューは大体決まっていて、蕎麦、うどん、素麺からどれかを気分で選んで食べているんですけどね。
その時、残った汁とか、蕎麦湯とか、なんか、そのまま捨てるのが惜しいなぁ。。
と言う事で昼食時に残ったそれらをベースに食後、具沢山味噌汁の下ごしらえ的な事をしていたのですよ。。。味噌はちゃんと最後に投入するのですけどね。
月水は昼に帰れるものの終わるのが遅いので、夕飯の準備をしてたわけですね。

そんな事をずっとしてたのですが、どう言うわけか最近すらりんが
「昼の残りの汁とかを使って夜の具沢山味噌汁を作るのを止めて欲しい」
と言ってきたのですよ。
「え〜!?なんで〜?隠し味的にも、経済的にも助かっていいじゃん!」
と言えば
「味噌汁の味が濁る!」
味噌汁好きだと分かってはいたけど、まさか、味が濁る!で来るとは思いませんでしたよ。
すらりん、意外と味にうるさいグルメだったのね。

そう言うわけで、廃物利用的、隠し味的蕎麦湯、汁作戦は断念。

代わりにおじやの元にして、蕎麦とおじやの2品食べるようになり、昼飯の量がなんぼか増えた今日この頃。

この記事に

色々めんどくさい

今の仕事を始めてもう、5年になりますか。。

当初は、仕事の種類は結構バラけていたのですよ。
料理作ったり、掃除したり、風呂介助したり、オムツ交換したり等々・・

それが、3年位前から、別に料理や掃除がヤだ、と言ったわけでもないのに仕事の種類が、何故か外出介助、ガイド系が序々に増えてきて、今では、主な仕事が、外出の介助、になってしまったのですよ。

で。今やそっち系のお仕事で、主に生きてるわけですが、障害者さんにも種類があり、目の不自由な人とか、体の麻痺がひどい人なんかは、別途資格が要り、講習を受けたいしたりしたんですけどね。

その中で、まぁ。体は丈夫だけど、精神やら、知的やらで、特に手ごわいような人、例えば、気に入らない事があると、暴れちゃうような人、なんかをを相手にする時、今までは、普通の人を対応していた経験年数がある程度あれば、行けたんですよ。

と〜こ〜ろ〜が〜

この4月から、そう言う手ごわい人相手に仕事する時は、それ用の講習を受けるべし!
て話になってしまいますた。

モチロン、タダではございません。万単位のお金がかかります。
た〜か〜い〜

さらに、9時〜6時位までの講習を3日受けねばなりません。
めんどく〜さ〜い〜

しかし、今、レギュラーで、その仕事に入っているので、その講習受けないと、4月から仕事が一つ減ってしまうという・・・
そ〜れ〜は〜い〜や〜だ〜

なので、まぁ。渋々、と言った感じではありますが、講習を受けるのでした。
色々とめんどくさい世の中です。

この記事に

極彩色の大伽藍

昨年は、我ながらビックリ!の年間映画鑑賞本数28本(自腹1本)のワタクシでしたが、今年初の映画の仕事に行って参りますた!

今回見た映画は「未成年だけどコドモじゃない」

えー・・事前知識ありません・・
ありませんが、タイトルだけでおおよその予想がつく、と言うものです。
28本。。。何となく慣れてきた私です。

見始めて30分
あー・・この世界感は少女コミックだな(予想的中 原作は少女コミック)
うー・・この主演格の男2人は、ジャニ系だな(これもアタリ)
この手の映画に大分なれてきてますねぇ。。ワタクシ。
昨年の経験が生きてますね!(得意気)

見終わってここ書くのにちょいと調べたら、監督は英勉
去年だけでもこの人の作品、「鳥ガール」と「あさひなく」見てますがな。
言われてみれば、うん、うん、ヒロインがやたらポジティブで元気で騒がしい。
この監督の傾向ですな。

さて、お話はと言えば、まぁ。少女マンガの王道、純愛ラブコメ、リアリティなぞ薬にしたくても一滴もないお話で・・・
16歳の誕生日を迎えた大富豪のお嬢様が、高校登校一日目に、サッカーの得意なイケメンに一目惚れ。
家に帰ると彼女の父親が、「先代の夢のお告げで、この男と結婚するように!」
と言った相手が、その一目惚れの相手で、ホイホイ結婚してしまうものの・・・

まぁ。言ってしまえば、中身もありません。
リアリティも中身も無い、空っぽで伽藍堂の映画です。

しかし、その伽藍堂は、大伽藍、しかも、極彩色の大伽藍です。

中身の無い伽藍がいくらデカくなっても、例え極彩色になろうとも、伽藍は伽藍でしょ?。。空っぽで何もないんでしょ?・・・と言う意見、最もです。

最もですが、中身がないけど、デカいし、極彩色に塗れば、それなら別の価値、楽しみ方も出来るんじゃね?と言う意見もアリ、だとも思います。

そう言うわけで、この映画、極彩色の大伽藍、のような映画なのでした。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事