ここから本文です
SL亡者・蒸気機関車が大好き!!
日々の蒸気機関車&モジュールの加工のページ

KATO・HO・D51の重装備機を作る・3
とりあえずバラバラのままパイピング終了。
もう1両(−833)を作って一緒に塗装+サウンドを予定
イメージ 1


この記事に

HO/KATOを軽加工で作りサウンドを載せて走らす!!

 ≪D51-795≫ 金岡工業のロスト部品の
敦賀式集煙の胴部分を1.5mm薄くし、足が違うタンクをやめて
KATO純正部品を使い、吊り輪を新たに付け加えて、
発電機排気管はキャブ屋根につけて、分解時に取れるようにした。
抜けてるところが多々あるが適当に!!
イメージ 1

この記事に

HOのD51(KATOプラ)を2両DCCサウンド搭載で作る。
D51795&D51833・・いずれも後藤デフ・重装備
蒸気機関車・絶頂期のスタイルでATS取り付け以前(S37年頃)の姿
イメージ 1

本体がプラで脆いので、金岡のロストを主要部分だけ使い
後は加工しない。作用管(プラ着脱式)はそのままで集煙作用管だけ追加
後も部分的に固着物だけ加工する。

テンダーが割と広いし8ピン構造なのでZIMO+シュガーキューブで。
イメージ 2

とりあえず分解したが、なかなか曲者で前部分が外れないので往生
イメージ 3

とりあえずー795から始めるが、集煙装置を敦賀タイプ、油タンク搭載
イメージ 4

重たいので気軽に触れないので、浮かしたパイプ類はKATOが作っている以外
加工しないのを原則とする。とにかく気軽に持てない!!!

工作の順番を忘れて悪戦苦闘・・
最低限、今まで加工してきたNのようなオーバーアクションだけは避けて
なるべくスケール通りにシンプルに工作する予定。




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事