Sloのガンプラ製作日記

主にHGのガンプラのレビュー、紹介をしています!お気に入り、友達申請、リンクはご自由に

全体表示

[ リスト ]

 全体像がこちら

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 バックパック以外の上半身は通常のザクとほぼ同じですが、下半身、特に膝から下は別物。
 色分けは大まかな部分はパーツ、シールで出来ていますが、バーニア内部やダクト内部の赤が足りません。
 細かな部分も塗装が必要なので、結構大変です。
 合わせ目はほぼ全身に出ます。(詳しくは後述)


イメージ 1

イメージ 2

 汚していますし、左腕がかなり違いますが、手元にあったF2型と並べて。
 流用こそないですが、構造は似ています。
 脚部やバックパックがボリュームアップしましたが、バランスは取れています。





 可動の方はこんな感じ

イメージ 3

 肘は1軸で90度強曲がります。
 腕は水平まで上がります。
 シールドやスパイクアーマーも可動し、干渉を逃がせます。


イメージ 4

 肩は前方に大きく引き出せます。


イメージ 5

イメージ 6

 腰は左右には動きませんが、前後にはそれなりに動きます。


イメージ 7

 開脚は180度とはまではいきませんが、大きく開けます。
 足首がパーツに干渉するので接地性はあまり良くないです。


イメージ 8

 膝は2重関節ですが、90度も曲がりません。
 腰サイドアーマーに干渉するので足も40度程度しか上がらず。
 足は前後に可動。


イメージ 9

 脚の付け根にロール軸がありますが、中のダボに干渉するのであまり回らず。
 内側に向けては少しは回りますが、外に向けては誤差レベル。


 可動はあまり優秀とはいえないレベル。
 上半身は並程度ですが、下半身は下の上から中の下ほど。
 あまりダイナミックなポーズは付けられない感じですね〜





イメージ 10

イメージ 11

 武器を装備させて。
 専用の持ち手が左右にあり、グリップには両側にダボがありそれで保持します。
 腰にはヒートホークが装着できますが、外れやすいです。


イメージ 12

イメージ 13

 武器マウントパーツはシールドに差して使用します。
 対応した位置にマシンガンやバズーカを差します。
 C字の部分に付ける武器は付属していませんが、ジョニー・ライデン専用ザクにあるジャイアントバズが付けられます。


イメージ 14

 マウントパーツは前後逆にしても使えます。
 その場合マシンガンのマガジンを外すか、上下を反対に付ける必要があります。
 ちなみにマガジンは腰に付けられます。


イメージ 15

イメージ 16

 手首に角度があるのでストックが邪魔になりません。
 両手持ちももちろん可能。


イメージ 17

イメージ 18

 バズーカはグリップが動くので楽に持たせられます。
 脇に抱えるのもちろん、肩に担ぐようにしても構えられます。


イメージ 19

 両手持ちももちろん可能です。


イメージ 20

イメージ 21

 ヒートホークは今までと変わらず。
 ただ、マシンガンやバズーカのように保持用のダボは無いので手の中でクルクル回ったり、抜けたりします。
 出来ればこっちもダボを付けてほしかったです(-_-メ)





   まとめ

 キットの出来はあまり優秀とは言えず、可動は一昔前のレベル。
 まあ、全体的に太めですし、膝から下は通常よりもごつごつしていますから仕方ない面はありますね。
 色分けはバーニアやダクト内部、それに細かな部分の赤が足りず、塗装が必要。
 結構細かいので塗装するのは大変そうです……

 合わせ目は、
 ・バックパック
 ・肩
 ・スパイクアーマー
 ・前腕
 ・太もも
 ・ふくらはぎ側面
 ・武器

 と結構な箇所に出ます。
 挟み込みも多いので消すとなると手が掛かりそう(・_・;)

 欠点は多いですが、全体のバランスが良く、プレイバリューも高いキット。
 左右の銃持ち手があるので様々な武器を持たせてみるのも面白いです。



   オススメ度は   7/10点



イメージ 26


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事