Sloのガンプラ製作日記

主にHGのガンプラのレビュー、紹介をしています!お気に入り、友達申請、リンクはご自由に

全体表示

[ リスト ]

 飲み会があったりで予定より1日遅れましたが、今回紹介するのはこちら。

イメージ 1

 ガンダムダブルオーダイバーの強化ユニット【HGBC ダイバーエースユニット】です。
 ビルドファイターズや鉄血のオルフェンズなどでもあったオプションや強化パーツの別売り。
 値段は定価756円(税込み)です。
 箱は思っていたよりも厚めでしたが、中は結構スカスカでした。
 側面の説明にスペースを取られたということでしょうか?


イメージ 2

イメージ 3

 ランナーはA1とA2、Bランナーが2枚の計4枚。
 クリアグリーンのパーツもあり、AランナーのダークグレーのパーツはKPSになっていました。


イメージ 4

 組んだものがこちら↑
 ・GNダイバーソード
 ・スーパーGNソードII
 ・新型バックパック
 ・GNドライブ
 ・膝パーツ
 ・ジョイントパーツ2種

 これらのパーツを別売りのダブルオーダイバーに装着すればダブルオーダイバーエースになります。
 ちなみに青いジョイント―パーツは2個ありますが、説明書では1個は余剰パーツということになっています。





イメージ 5

 GNダイバーソードは中央にクリアパーツが使われています。
 クリアパーツを含め3パーツ構成。
 裏側はクリアパーツ周りの白が足りず、鍔には肉抜きがあります。


イメージ 6

 スーパーGNソードIIはGNソードIIの刀身を交換。
 刀身が大きくなり白と青のツートンカラーになっています。
 ギミック自体は元から変わらず。


イメージ 7

 GNドライブは円錐から平たい物に変更。
 噴出口は2か所が開口されていますが、ピンの関係で1つは塞がっています。


イメージ 8

 膝パーツは白から青になり、フィンが追加されています。
 形も結構変わっています。


イメージ 9

イメージ 10

 新型のバックパックはダブルオーダイバーの機動性の大幅にアップさせるとのこと。
 さまざまな翼付きのバックパックを研究して作ったらしいです。


イメージ 11

 中央のパーツは矢印の方向に伸ばし、

イメージ 12

 伸ばしたパーツを180度回転。

イメージ 13

 左右のウイングの白いパーツを開き、中にある小羽を起こせば、

イメージ 14

 高機動状態に出来ます。
 飛行時や加速時に展開させ、圧倒的な推力を生み出すことが出来るとのこと。
 可動部にはKPSが使われていて保持力がありますし、閉じた時にもロックがあるので勝手に開いたりということもありません。





イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 武器以外を装備させた状態↑
 GNドライブの主張がなくなり、膝にも青が増えたので全体のバランスは取れています。
 バックパックは元の形状に干渉しないように作られています。


イメージ 18

 武器を装備した状態。
 GNダイバーソードはドライブの基部にマウントできます。
 スーパーGNソードIIはGNソードIIと同じように保持します。
 基部は同じなので腰にもマウントできます。


イメージ 19

 スーパーGNソードIIの刀身はGNドライブの基部に装着できます。


イメージ 20

 一応GNダイバーソードと同時に付けられないこともないですが、しっかりはまりません。



イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 バックパックのウイングとドライブの基部が干渉しますが、干渉を逃がせるのでそれほど気にならず。


イメージ 24

イメージ 25

 GNダイバーソードは手にしっかり合っており安定して保持できます。
 クリアパーツも使われていて見栄えが良いです。





イメージ 26

 2軸を1軸に変化出来るジョイントがあるので、

イメージ 27

 ストライクのような1軸しか対応してないキットにもバックパックが装着できます。


イメージ 28

 もちろんGNダイバーソードも持たせられますが、奥までしっかり差し込めないです。


イメージ 29

 スーパーGNソードIIも持たせられますが、基部はダブルオーないしダブルオーダイバーから持ってくる必要があります。


イメージ 30

イメージ 31

 キット自体は2軸ですが、突起があるので延長パーツを付ける必要があります。
 キットには2つあるのでさらに延長できますが、普通は1つ使えば十分です。


イメージ 32

 デザインはシンプルなので大抵のキットに合わせられます。


イメージ 33

 Mk−IIにこのバックパックとGNダイバーソードを装備させると他の作品の機体に見えますね〜


イメージ 34

イメージ 35

 ディナイアルのようにキットに専用のジョイントがあるキットだと、軸の延長パーツを付けなくても装備は出来ます。





 以上、【HGBC ダイバーエースユニット】でした。
 ダブルオーダイバー用のオプションセット及び、他のキットのカスタムキットどちらにしても良いキットです(*^_^*)
 パーツの交換自体も簡単ですし、各パーツの保持力も問題ありません。
 色分けもほぼ完璧ですが、GNダイバーソードの裏側は一部白で塗る必要があります。
 パーツ数が少ないので合わせ目も出ません。

 カスタムキットとしてはバックパックとGNダイバーソード以外は加工しないと使えません。
 スーパーGNソードIIは基部パーツをガンダムダブルオー系のキットから持ってくる必要があります。


 ちなみに、来月にはダブルオーダイバーとダイバーエースユニットがセットになったダブルオーダイバーエースが発売されます。
 あちらは額用に赤いクリアパーツ追加されています。


イメージ 36

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事