Sloのガンプラ製作日記

主にHGのガンプラのレビュー、紹介をしています!お気に入り、友達申請、リンクはご自由に

全体表示

[ リスト ]

 全体像がこちら

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 特徴のあまりないデザインですが、プロポーションはイメージ通り。
 独特な頭部もしっかり再現されていますし、色分けも細かな部分を除いてほぼ完璧。


イメージ 4

イメージ 5

 RGトールギス(EW版)と並べて。
 トールギスを元に生産性や操作性などを改良したのがリーオーですが、大きさは頭1つ〜2つ分は小さくなっています。
 これからトールギスを作ると小さくなってしまいますし、他のMSも形状が違うのでどちらも流用は出来ません。


イメージ 6

 ウイングガンダムとも並べてみました。
 大きさはリーオーの方が少し小さいです。
 ウイングガンダムがHGACで出たときは構造などに驚きましたが、リーオーも驚きましたね〜
 5年近くでここまで変わるもんなんですね。





 可動の方はこんな感じ

イメージ 7

 肘は1軸ですが結構深く曲がります。
 腕も水平まで上がりますが、頭部はデザイン的にも動かせません。


イメージ 8

 一応、頭部を浅くはめれば向きや角度を変えられるようになります。
 ポーズを付けるときは浅めに、素立ちなどはしっかりはめるようにすれば良いです。
 ただし横に振るのは相変わらず苦手。


イメージ 9

イメージ 10

 腹部は前後によく動きます。


イメージ 11

 腰の回転は、リアアーマーと干渉するので30度ぐらいしか回りません。
 一応、腹部でも回転は出来ます。
 開脚は180度とまでは行きませんが、大きく開けます。
 足は装甲に干渉するので、接地性はそこそこ。


イメージ 12

 膝は2重関節で良く曲がります。
 脚は上げられますが、腰サイドアーマーが干渉するので塗装する際は注意が必要です。


イメージ 13

 脚の付け根にはロール軸があり、足の向きを変えられます。
 アンクルアーマーは外れやすいので注意が必要です。



 可動は頭部を除けばかなり優秀。
 頭部はデザイン的にも難しいですが、顎を切断すれば見栄えは悪くなりますが、左右に動くようになります。





イメージ 14

 ドラムマシンガンを持たせて。


イメージ 15

 グリップはシンプルなデザインなのでそのまま差し込んで保持します。
 大きな武器でもないので、問題なく持たせられます。


イメージ 16

 フック部分をつかませれば両手持ちも可能。
 可動が良いので窮屈な感じもありません。


イメージ 17

 シールドは肩アーマーを丸ごと交換して装着します。
 交換自体は簡単で煩わしさなどはなし。


イメージ 18

 トールギスのようなアームはありませんが、ボールジョイントでの接続なので邪魔にならず、表情も付けやすいです。


イメージ 19

 グリップもあるのでそのまま手に持たせることも出来ますが、グリップは円形なので手の中でクルクル回ってしまいます。
 持たせる場合はグリップを太くするか、回らないような角度で持たせるかしないといけません。


イメージ 20

 ビームサーベルはシールド裏にある柄をそのまま使用します。
 マウント用の軸は細いので着脱の際には注意が必要。


イメージ 21

イメージ 22

 柄と刃は2本ずつあり、両手に持たせることが出来ます。
 刃の長さは一昔前の短いタイプですが、小柄な機体なのでちょうど良いサイズ。





イメージ 23

 背中以外にも太ももの外側の蓋を外せばジョイント穴が現れます。
 円形ではないですが、3ミリ穴なので様々なオプションを付けることが出来ます。


イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 多少軸を太くした方が安定しますが、HGBCなどのカスタムパーツが付けられるので、オリジナルのリーオーを作るのも簡単です。
 持ち手も近年のスタンダードな規格なので一部を除き無加工で持たせられます。
 ビルドダイバーズ枠で良いので宇宙用のバックパックやライフル、飛行ユニットなどのオプションも発売してほしいですね〜
 来月にはリーオーNPDも出ることですし(*^_^*)






   まとめ

 キットの出来はかなり高クオリティー。
 スタイルはイメージ通りですし、色合いも安っぽくならず良い塩梅。
 ポリキャップは最小限ですが保持力はどこも問題なし。
 持たせる武器によっては調節した方が良いでしょうが、調節自体楽に出来るのでそれほど気になりません。

 色分けはほぼ完璧ですが、
 ・バーニア奥
 ・くるぶし
 ・マシンガンの銃口まわり

 の黒と、
 ・腹部のフック
 ・マガジンのフック

 のブラウンは色が足りず塗装の必要があります。

 合わせ目は、
 ・前腕
 ・太もも内側
 ・ドラムマシンガン

 に出ますが、後ハメの必要な個所もなく、消すのは簡単です。

 可動に関しても優秀ですが、デザイン上どうしても頭は動かず。
 頭を動かせるようにする加工自体は簡単に出来ますが、見た目は悪くなるので事自己責任になります。

 価格も安く、作りやすいですし、カスタマイズもしやすいのでオススメのキット。



   オススメ度は   10/10点


イメージ 27

この記事に

閉じる コメント(2)

トールギスへの改造はご指摘通りだと思います。
旧キットのメリクリウスやヴァーエイトを使っての二個一改造ならサイズ的にいけそうですね。
やりませんけど〜(笑)

2018/5/15(火) 午後 10:12 すえぞう 返信する

すえぞうさん>
トールギスはリーオーより1回り以上大きいですからこれを流用するとトールギス風の別物が生まれてしまいますね。
ヴァイエイトやメリクリウスには流用は出来ないこともないですが、基本的に関節ぐらいですね〜
ランナーにはスイッチもないですから宇宙用や飛行ユニット装備型はランナーを追加してという感じですね。

旧キットの改造用の素体としては悪くないと思いますね!

2018/5/17(木) 午後 9:04 [ sloo58u2vrt ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事