Sloのガンプラ製作日記

主にHGのガンプラのレビュー、紹介をしています!お気に入り、友達申請、リンクはご自由に

全体表示

[ リスト ]

 今月のガンプラ&関連商品の発売リストはこちらです。
   ※価格は全て税(8%)込みです。






    9日(出荷日7日)

 Figure−riseLABO ホシノ・フミナ   5,940円

 HGBC 1/144   スピニングブラスター   648円






   16日(出荷日14日)

 HGBC 1/144   ガルバルディβ   1,620円

 ハロプラ ハロ コントロールブルー   540円






   23日(出荷日21日)

 RE/100 1/100   ビギナ・ギナ   3,459円

 HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.
                                                                                                 3,024円

 HGBD 1/144   煌・ギラーガ   1,944円

 HGBD 1/144   リーオーNPD   1,296円





   30日(出荷日28日)

 HGBC 1/144   プトレマイオスアームズ   972円

 SDガンダム クロスシルエット RX−78−2ガンダム&クロスシルエットフレームセット 
                                                                                            1,512円

 SDガンダム クロスシルエット RX−78−2ガンダム   864円

 SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1   864円

 SDガンダム クロスシルエット ナイチンゲール   1,512円

 SDガンダム クロスシルエット クロスシルエットフレーム[ホワイト]   648円






 今月は新アイテムが12個と、結構な数が発売されます。
 MGやRGと言ったものはありませんが、Figure−riseLABOは否が応でも目を引きますね(*^_^*)
 ちなみに、今月発売予定になっていた『HGBD ガンダムダブルオーダイバーエース』は7月発売に変更になりました。


 新ブランド【Figure−riseLABO】からは『ホシノ・フミナ』が発売。
 胸像などを発売していたFigure−riseシリーズから、今回は前身を立体化するという驚愕の展開!
 第1弾は「肌」を研究テーマに水着姿のフミナが選ばれました。
 肌の持つ色合いを積層構造で再現しています。
 専用の台座も付属していて、動きのあるポーズで色んな意味でスゴイプラモになっています。
 大きさは結構なサイズらしく、値段もMGと変わらない程に。
 ちなみに、第2弾は「グラデーション」がテーマで、初音ミクが発売されるとのこと。


 RE/100からは『ビギナ・ギナ』が発売。
 先月F91のVer.2.0が発売されましたが、ヒロインの乗るビギナ・ギナも発売されます。
 旧キットよりもスタイルが良くなっており、成型色も違和感のない仕上がりになっています。
 バックパックのフィンノズルは全て独立可動し、ビームシールド用のクリアパーツも付属。
 コックピットハッチは通常のものと、リペア後の角ばった形状のものとの2種類が付属しています。


 HGUCからは『ガルバルディβ』『ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)』が発売。
 30年の時を経て、待望のHGUCとしてガルバルディβが発売に。
 旧キットも造形は悪くなかったようですが、最新フォーマットで可動や色分けなどが進化しています。
 シールドは差し替えで伸縮を再現し、サーベルの収納も再現されているようです。
 最近のキットには珍しい、銃持ち手が右手のみですが付属しています。

 フェネクスは過去に限定発売されていましたが、今回は劇場版アニメのナラティブ版として一般販売に。
 基本的には過去のものと変わりませんが、アームド・アーマーに尾のように伸びたパーツが追加されています。
 このパーツは3か所の可動ポイントで動くようです。


 HGBDからは『煌・ギラーガ』『リーオーNPD』、HGBCからは『スピニングブラスター』『プトレマイオスアームズ』が発売。
 煌・ギラーガはガンダムAGEに登場するギラーガをカスタムした機体で、特徴的な尻尾が約3倍になっています。
 鞭のように動かすことも出来、内部にリード線を仕込むことで保持力も確保されているようです。
 カラーリングも赤から青に変わっており、背中や膝などもデザインが変わっています。

 リーオーNPDはガンダムバトル・ネクサスオンライン内に登場する機体で、「NPD」はノンプレイヤーダイバー(Non Player Diver)の略です。
 ビルドファイターズのモックのような機体で、設定によって強さや装備が変わるとのこと。
 先月発売されたリーオーが元になっており、頭部も新たに4種付属。
 胴体やバックパックも変更されていますが、ノーマルのリーオーの頭部や胴体も同梱されているそうです。
 武器類はリーオーから変更はないです。

 スピニングブラスターはギアが仕込まれた基部パーツに武器パーツを装着することで、ギアの回転で武装が変形するというカスタム武器。
 武器パーツは単体でも使用可能なようですが、サイズは結構大きいみたいです。
 さらに武器パーツも2種類しかないのでカスタムの幅はそれほどでもなさそう……

 プトレマイオスアームズはセラヴィガンダムシェヘラザードのバックパックの単品バージョン。
 内容はシェヘラザードから特に変更はなさそうで、さまざまなガンプラに装着してカスタムすることが出来ます。


 新ブランド【SDガンダム クロスシルエット】からは『RX−78−2ガンダム』『クロスボーン・ガンダムX1』『ナイチンゲール』『クロスシルエットフレーム[ホワイト]』が発売。
 通常のSD(スーパーデフォルメ)フレームと高身長のCS(クロスシルエット)フレームを選択して好みのスタイルに組み上げることが出来るというキット。
 ただし、基本的にCSフレームは別売りになっています。
 ガンダムには2つセットになったものが発売されますが、値段はHG一体分と割高感が否めませんね〜
 色分けはかなり良さそうで、大体の部分はシールを使わなくても再現されています。
 肉抜きも最小限になっているそうです。
 クロスボーンは流石にパーツ単位での色分けが難しいのかシールが多そうですが、ナイチンゲールはほぼ単色なのでこちらはエンブレムなどのシールがあるぐらい。
 個人的にナイチンゲールが欲しいですね(*^_^*)


 ハロプロからは『ハロ コントロールブルー』が発売。
 新カラーのハロで、今回は青色が新登場。
 手ごろな値段で組みやすいので結構売れてるようですね。
 自分の行く店でも結構余っていたと思ったら、翌週には残り2〜3個ぐらいになってましたし(^_^)





 今月自分が買うのは、
 ・HGUC ガルバルディβ
 ・HGBD リーオーNPD
 ・HGBC スピニングブラスター
 ・SDガンダム クロスシルエット ナイチンゲール

 の4つですね〜
 ガルバルディβは純粋に欲しかったキットですし、迷わず購入。
 リーオーNPDは余ってるビルダーズパーツやHGBCの消費の為に購入。
 GBFTのハイモックのように使おうかと思ってます。
 ナイチンゲールはやっと手ごろな値段、サイズで手に入るので買わずにはいられない!
 ガンプラでは1/100で9,000円もする大型キットだったので、手に取りやすいキットが出たのは嬉しい限りですね(*^_^*)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事