今回は待望久しかったスロットイットの新製品を紹介します。
イメージ 1
これは「マトラシムカMS670B」と言うレーシングカーです。
見ての通りのフランス車?です。
イメージ 2
マトラはフランスの航空、宇宙関係の工業会社でした。
1964年、マトラはフランスのルネボネ社を買収して自動車製造に乗り出します。
マトラ社は航空技術で培った技術をレーシングカーの世界で発揮しようとF1レース、耐久レースに打って出ます。
1970年から参戦した世界耐久レース選手権では1972年から1974年まで圧倒的な強さで3連覇を果たします。
イメージ 3
このスロットカーのモデルになったマシンは1974年のルマン24時間に出場した8号車がモデルになっています。
ドライバーはジャン・ピエール・ジャッソー、ボブ・ウォレック、ジョセ・ドレムの3人。
レースでは途中リタイアと言う結果に終わっています。
優勝した7号車が最初にモデルにならなかったのは謎ですが
イメージ 4
スポンサーはフランスのタバコブランド「ジタン」
この躍る女性のデザインは素晴らしいですね。
イメージ 5
シャシーはこんな感じ。
いつものオレンジモーターをサイドワインダーに積むオーソドックスなつくりです。
スロットイットのサイドワインダーのスロットカーではよくある事なのですが、シャシーとドライブギアが干渉するのでシャフトにワッシャーなどを挿入して隙間を確保すると良いでしょう
イメージ 6
慣らし中
イメージ 7
試走です
ボディが小さいので同じスロットイットのポルシェ962ほどの安定感はありませんが、その分軽いのでスピードは引けを取りません。
タイムも良いものが出ました。
イメージ 8
1970年代を彩った耐久レースのマシンを並べてみました
手前からフェラーリ312PB(スロッター)、マトラMS670B(スロットイット)、アルファロメオ33/3(スロットイット)、アルファロメオ33TT12(SRC)です。
どれも魅力的な車ばかり
時代にこだわってスロットカーを集めるのも乙なものですね
 
 

開く コメント(1)

「ARROWSLOT」(アロースロット)と言う聞き慣れないメーカーのスロットカーを入手しました。
イメージ 1
今回紹介するマシンは「BMW V12LMR」です。
イメージ 2
稀代のエキゾチックカー「マクラーレンF1GTR」は耐久レースでそれなりの成功を収めましたが、BMWはそのパワーユニット「S70/2」型V12エンジンを使用したオープンボディのレーシングカーの製作を企画します。
 
F1のレーシングチームとしても知られる「ウィリアムズ」と手を組んでルマン24時間制覇を目指して作られたマシンは「BMW V12LM」と命名されました。
1998年に2台エントリーしたBMW V12LMは早々にリタイヤと散々な成績でした。
 
BMW V12LMを改良した1999年用マシン「BMW V12LMR」は同年のルマン24時間に於いてトヨタTS020の猛追を受けながらも逃げ切って優勝を果たしました。
 
このスロットカーのモデルになったマシンは1999年のアメリカの「セブリング12時間レース」で優勝したマシンだそうです。
ドライバーはヨルグ ミュラー、JJレート、トム クリステンセンの3人でした。
 
イメージ 3
シャシー下面
ん?スケールオートのモーターが付いてますね?
シャシーもHSV−010やBMW Z4GT3と共通したもののようです
イメージ 4
パッケージをよく見ると、スケールオートと同じサイズのものが使用されています。
イメージ 5
スケールオートのスロットカーを購入された方はご存知かと思いますが、下面に日本語の注意書きが記されています。
改行が間違っているので意味が通じなくなっているのはご愛嬌ですが。
今回のアロースロットのパッケージにも同じ注意書きがありました。
「アロースロット」は「スケールオート」と「MSC」のブランドを展開する「IBB AUTO RACING」が立ち上げた別ブランドのようですね
イメージ 6
慣らし中。
こうしてみると中身はスケールオートそのものである事がよくわかります
ただ、このスロットカーのモーターはロング缶(HSV−010やBMW Z4GT3はショート缶)なのでこれがどのようなポテンシャルを持っているのか期待ですね
イメージ 7
さて、試走です。
これは良いスロットカーですね
加速、減速、コーナリングすべてが高いレベルで完成されています。
タイムもご覧の通り。スペアマシンがあればもっと出せそうです。
これはおススメの一台ですね
イメージ 8
1998年のBMW V12LM(奥、ニンコ製)と
1999年のBMW V12LMR(手前、アロースロット)
V12エンジン縦置きミッドシップと言うレイアウトはどちらも同じですが、LMRの方がはるかに洗練された印象をうけます。
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

先日、ブログ読者の方から「それは欠陥品では?」とのご指摘を頂いたスロットウィングスのフェラーリ512BB
新しくパイオニアカラーのマシンがリリースされたので買い直し(買い増し?)してみました。
 
イメージ 1
先に購入していた512BBと同じように見えますが、ホイールが違いますね
イメージ 2
ああやっぱり4本出しで良かったんですね。
前の512BBは輸送中にパーツがもげた訳ではなさそうなので、検品のミスのまま出荷したんでしょうね
イメージ 3
慣らし中
前の512BBでもそうですが、モーターが小汚い
おまけに前以上にモーターの廻りが渋い
とりあえずハンダの付け直しとブラシをパイオニアスロットの物に交換してみます。
イメージ 4
試走ですが
何だかなあ…と言う感じ
動き自体は素直で扱いやすいのですが、いかんせんパワー不足
スケーレクスのノーマルモーターあたりに交換してみたいところです
イメージ 5
結果的にフェラーリ512BBは3台に増えました
奥の512BBはRACERのもの。
どれも一癖あるので走らせやすい改修が必要ですね

開く コメント(0)

今週末の開店予定

こんにちは。
 検索エンジンや口コミ、その他もろもろでこのブログにお越しくださった方。
ありがとうございます。
 
今週末の開店予定です
 3月21日(金、祝)16:00〜18:00
 3月23日(日)  16:00〜18:00
 
以上の予定になっております。
急な変更の可能性もありますので、このブログをこまめにチェックしていただけると有難いです。
ご来店お待ちしております。
 
なお、4月の営業は今のところ無い予定です。
  
スロットカークラブ福島
福島県福島市飯坂町平野原東24−1 大石貸ビル2F
(お車でお越しの方)東北道 福島飯坂インターから車で3分
(交通機関ご利用の方)福島交通 飯坂線 平野駅より徒歩10分
               医王寺前駅からも徒歩10分
※遠くからお越しの方はメールで連絡していただけますと医王寺前駅(のサンクス)までお迎えに上がります。
 

走行料金
大人 30分 500円 1時間 1000円
高校生以下 30分300円 1時間 600円
「いーとこみっけ」のクーポンご持参の方は10分間(1回に限り)走行料金 無料です。
 
 
イメージ 1
「スロットカーを載せる板」入荷いたしました。
一枚840円です。
店頭販売、通信販売も致しております。
 
営業時間や通信販売のお問い合わせは上記までお気軽にどうぞ
 
한국인 출입 금지

開く コメント(0)

こんにちは。
 検索エンジンや口コミ、その他もろもろでこのブログにお越しくださった方。
ありがとうございます。
 
今週末の開店予定です
 3月16日(日)15:00〜18:00
 
以上の予定になっております。
急な変更の可能性もありますので、このブログをこまめにチェックしていただけると有難いです。
ご来店お待ちしております。
  
スロットカークラブ福島
福島県福島市飯坂町平野原東24−1 大石貸ビル2F
(お車でお越しの方)東北道 福島飯坂インターから車で3分
(交通機関ご利用の方)福島交通 飯坂線 平野駅より徒歩10分
               医王寺前駅からも徒歩10分
※遠くからお越しの方はメールで連絡していただけますと医王寺前駅(のサンクス)までお迎えに上がります。
 

走行料金
大人 30分 500円 1時間 1000円
高校生以下 30分300円 1時間 600円
「いーとこみっけ」のクーポンご持参の方は10分間(1回に限り)走行料金 無料です。
 
 
イメージ 1
「スロットカーを載せる板」入荷いたしました。
一枚840円です。
店頭販売、通信販売も致しております。
 
営業時間や通信販売のお問い合わせは上記までお気軽にどうぞ
 
한국인 출입 금지

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事