SMAの儲かる★金融・株式投資情報

25年ぶりにトマムに行ってきました☆彡

先週/今週のマーケットと相場展開

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

Weekly Report:19/02/10

<先週のマーケット>

2月4日-8日
https://chart.yahoo.co.jp/?code=998407.O&tm=1d&size=c&vip=off
日経平均株価
始値:20,831.90
高値:20,981.23
安値:20,315.31
終値:20,333.17
出来高:12-14億株
売買代金:2.1-2.8兆円

日経225ミニ先物・オプションSQ値:20,481.02
日経先物(night):20,250
先週の株式市場は、上値の重さが意識される中、国内企業業績への警戒感や米中貿易協議の先行きに対する不透明感が再燃し、下落しました。日経平均株価は、週を通じて-455.22円(-2.19%)5週ぶりに反落となりました。

<週末海外市場動向>

NYDOW:25,106.33(-63.20)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.DJI&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

NASDAQ:7,298.19(+9.84)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.IXIC&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

US$/円:109.72
https://chart.yahoo.co.jp/?code=USDJPY=X&tm=1m&size=c

CME日経先物:20,325

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、調整ムードが強まるでしょう。米中貿易問題や春節明けの中国市場の動向など、外部要因をにらんで神経質な展開が予想されます。週末の海外株式市場は、米中通商交渉進展期待が大きく後退したことでリスク回避姿勢が強まり、NYダウは続落しましたが、NASDAQは反発となりました。CME日経先物は、20,325円で引けました。週明けの東京市場は、建国記念の日で休場となるため、海外市場の動向が注目されます。

新興市場は、サンバイオ(4592)急落のショックから立ち直り切れず、軟調な地合いが続いています。IPOマーケットは、先週は、ダイコー通信(7673)など新たに3社の新規上場が発表され、今週は、フロンティアインターナショナル(7050)のスマレジ(4431)のブックビルディングが開始されます。

開く コメント(0)

Weekly Report:19/02/03

<先週のマーケット>

1月28日-2月1日
https://chart.yahoo.co.jp/?code=998407.O&tm=1d&size=c&vip=off
日経平均株価
始値:20,746.29
高値:20,929.63
安値:20,406.22
終値:20,788.39
出来高:10-14億株
売買代金:1.8-2.5兆円

日経先物(night):20,770
先週の株式市場は、期待と警戒の綱引きの中で強弱対立し、方向感に欠ける展開でした。日経平均株価は、週を通じて+14.83円(+0.07%)4週続伸となりました。

<週末海外市場動向>

NYDOW:25,063.89(+64.22)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.DJI&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

NASDAQ:7,263.86(-17.86)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.IXIC&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

US$/円:109.48
https://chart.yahoo.co.jp/?code=USDJPY=X&tm=1m&size=c

CME日経先物:20,790

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、米国株式市場や円相場をにらみながら、引き続き一進一退の展開となるでしょう。国内外の決算発表が注目されます。週末の海外株式市場は、強弱まちまちの決算を受け、NYダウは反発し、NASDAQは、反落となりました。CME日経先物は、20,790円で引けました。週明けの東京市場は、動意に乏しいスタートとなるでしょう。

新興市場は、マザーズ市場で時価総額トップのサンバイオ(4592)が、臨床結果の不調を受け暴落し、マザーズ指数を大きく押し下げ、他の銘柄にも換金売りが広がっています。IPOマーケットは、先週は、日本国土開発(1887)など新たに2社の新規上場が発表され、今週2/6(水)の識学(7049)から、ブックビルディングが再開します。

開く コメント(0)

Weekly Report:19/01/27

<先週のマーケット>

1月21日-25日
https://chart.yahoo.co.jp/?code=998407.O&tm=1d&size=c&vip=off
日経平均株価
始値:20,848.38
高値:20,892.68
安値:20,438.22
終値:20,773.56
出来高:10-13億株
売買代金:1.7-2.2兆円

日経先物(night):20,790
先週の株式市場は、米中貿易交渉の不透明感や中国経済指標への警戒感の強まりを背景に、閑散商いが続く中、米国半導体関連企業の好決算を追い風に、上昇しました。日経平均株価は、週を通じて+107.49円(+0.52%)3週続伸となりました。

<週末海外市場動向>

NYDOW:24,737.20(+183.96)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.DJI&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

NASDAQ:7,164.86(+91.40)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.IXIC&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

US$/円:109.53
https://chart.yahoo.co.jp/?code=USDJPY=X&tm=1m&size=c

CME日経先物:20,825

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、米FOMCや英議会のEU離脱協定代替案の採決、米中閣僚級通商協議など重要イベントに加え、日米ともに主要企業の決算発表がピークを迎え、今後の方向性を探る展開となるでしょう。週末の海外株式市場は、米政府閉鎖の一時解除や相次ぐ好決算を好感し、NYダウ、NASDAQともに上昇となりました。CME日経先物は、20,825円で引けました。週明けの東京市場は、強気のスタートが予想されます。

新興市場は、マザーズ指数が950pt近辺でもみ合い一進一退を続けています。節目の1,000pt回復に期待が高まるでしょう。IPOマーケットは、リックソフト(4429)など、新たに4社の新規上場が発表され、前の週に発表された識学(7049)を皮切りに、2/22(金)から新規上場再開の予定です。

開く コメント(0)

Weekly Report:19/01/20

<先週のマーケット>

1月14日-18日
https://chart.yahoo.co.jp/?code=998407.O&tm=1d&size=c&vip=off
日経平均株価
始値:20,264.82
高値:20,682.12
安値:20,204.43
終値:20,666.07
出来高:11-13億株
売買代金:1.9-2.4兆円

日経先物(night):20,920
先週の株式市場は、円安や米中貿易摩擦懸念の後退を好感し、上昇しました。日経平均株価は、節目の20,500円を上回り、週を通じて+306.37円(+1.50%)2週続伸となりました。

<週末海外市場動向>

NYDOW:24,706.35(+336.25)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.DJI&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

NASDAQ:7,157.22(+72.76)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.IXIC&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

US$/円:109.76
https://chart.yahoo.co.jp/?code=USDJPY=X&tm=1m&size=c

CME日経先物:20,930

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、米中貿易摩擦や中国景気減速懸念に加え、英国のEU離脱問題などがくすぶるものの、過度な弱気心理が後退し、堅調な推移となるでしょう。週末の海外株式市場は、米中貿易問題解消への期待が高まり、NYダウ、NASDAQともに続伸となりました。CME日経先物は、20,930円で引けました。週明けの東京市場は、強気のスタートが予想されます。

新興市場は、マザーズ指数が約1か月ぶりに900ptを回復し、資金流入の強まりを見せています。IPOマーケットは、今年最初の新規上場案件として、2/22(金)に識学(7049)が、マザーズに上場の予定です。

開く コメント(0)

Weekly Report:19/01/13

<先週のマーケット>

1月7日-11日
https://chart.yahoo.co.jp/?code=998407.O&tm=1d&size=c&vip=off
日経平均株価
始値:19,944.61
高値:20,494.35
安値:19,920.80
終値:20,359.70
出来高:12-15億株
売買代金:2.2-2.6兆円

日経225ミニ先物・オプションSQ値:20,290.67
日経先物(night):20,230
先週の株式市場は、米国株の5連騰や円高一服を好感し、昨年末からの下げから大きく切り返しました。日経平均株価は、20,000円の大台を回復し、+797.74円(+4.08%)6週ぶりに反発となりました。

<週末海外市場動向>

NYDOW:23,995.95(-5.97)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.DJI&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

NASDAQ:6,971.47(-14.59)
https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/common/analytic.jsp?ric=.IXIC&per=7&width=170&height=120&tp=0&sma=0&mode=0

US$/円:108.54
https://chart.yahoo.co.jp/?code=USDJPY=X&tm=1m&size=c

CME日経先物:20,295

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、景気悪化懸念からのあく抜けムードが広がりはじめ、堅調な展開が予想されます。週末の海外株式市場は、連邦政府機関の閉鎖期間が史上最長となり、先行き不透明感から、NYダウ、NASDAQともに反落となりました。CME日経先物は、20,295円で引けました。週明けの東京市場は、振替休日で休場となるため、海外市場の動向が注目されます。

新興市場は、サンバイオ(4592)やそーせいG(4565)などのバイオ株を中心に買い意欲が高まっています。IPOマーケットは、今のところ今年の新規上場の発表はなく、当面は空白期間となります。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事