サラリーマンの趣味の部屋

ドラマや映画のエキストラをたまにしています。ツイッターで拾った情報を載せます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

カンニング中島さん息子に遺す闘病日記−「家族のたからもの」
表紙の写真は闘病生活1年目の夏に撮影したもの。長男の翔太くんと妻の真奈美さんを横に、無邪気に笑う中島さん(左)の姿が心にしみる
 昨年12月20日に白血病ウイルス性肺炎のため死去したお笑いコンビ、カンニングの中島忠幸さん(享年35)の追悼本が17日に発売されることが12日、分かった。中島さんが闘病中の2年間、つづった日記を妻、真奈美さん(36)がまとめた「家族のたからもの−夫・カンニング中島が遺した最期の日記−」(日本テレビ刊、1200円)。22日には追悼特別番組(同局系、後1・30)も放送される。





 「復帰したら同じ病気と闘う人たちを元気付けたい」。そんな思いから毎日書き続けたA4ノート6冊にわたる日記が、初めて明かされる。

 中島さんは生前、所属事務所サンミュージックの相澤正久社長(58)に出版化を託し、「この日記を家族の宝物にしてほしいんです」と伝えていた。社長は遺志を継ぎ、一周忌に合わせ出版の準備をしてきた。

 未亡人の真奈美さんは日記を読むまでに3カ月かかったという。しかし長男、翔太くん(3)の成長を見守るうち、「パパのことをわかってほしい。パパがどんなにあなたのことを愛していたのか」(プロローグより)との思いが膨らみ、母親として一念発起。中島さんの死と向き合い、遺稿をまとめた。

 本は全256ページ。16年12月8日から18年12月9日まで、闘病の毎日を赤裸々に書き続けた。最後の12月9日付では「もー最悪だ。すっげーひんけつに、はいえん(中略)体にさんそが無いという事で酸素マスクを付けられてしまった」と心と体の痛みを吐露。一方で「翔太が来てくれて元気が出た」という言葉が何度もつづられている。

 家族への愛情や、相方のカンニング竹山(36)ら周囲の人々への感謝の気持ちも切々としたためられ、中島さんの温かくたくましい人間性が伝わってくる。同じ白血病と闘った歌手、本田美奈子.さん(享年38)と励まし合った手紙も初公開。中島さんが先に便せん4枚で送り、本田さんが返事を寄せたものだ。

 また、日本テレビ系で22日放送の追悼番組「翔太へ… カンニング中島全記録」は、出身地・福岡でのロケなど中島さんの軌跡をたどる内容。復帰ライブ用に撮りためていた、闘病中の映像も放映される。追悼企画は今回が「最初で最後」(同事務所)になるという。



★竹山「相方の強さ知った」

 あとがきには竹山が寄稿。「相方中島の、男として父親として、そしてもちろん芸人カンニング中島としての強さを改めて思い知りました」と、今は亡き相棒へ思いを込めてつづっている。



■カンニング
 小学校の同級生同士だった竹山隆範(たけやま・たかのり、昭和46年4月2日、福岡県生まれ)と、中島忠幸(なかしま・ただゆき、同6月14日、同)が組んだお笑いコンビ。福岡から上京後に再会し、平成4年に結成。下積みを経て15年から「エンタの神様」(日本テレビ系)をはじめ数々のバラエティーで人気を集めた。大ブレーク寸前といわれた17年12月、中島さんが倒れ、翌年1月に「急性リンパ球性白血病」を公表し、治療のため休業。相方の死後、竹山は芸名をカンニング竹山とした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事