全体表示

[ リスト ]

 
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
中学校の時に覚えた日本国憲法の条文です。
 
歯科は医科と違って、自由診療の話が多く出てきます。
でもなんで、毎月高い保険料を払っているのに
保険が効かない診療が存在するのだろう???
安くて良い治療を受けれる今のシステムは良いのではないか?
 
国民皆保険制度は、実は今世界一うまくいっている制度です。
①日本はこの制度のおかげで寿命が世界一である。
②医者が少ないので医療費を多く払わなくて済む。
 
しかし弊害も多くあります。
ここで、保険制度がどのような基準をもとに作られているかです。
保険制度も、この条文を無視して作成される事はありません。
もし、ここで「最低限度の生活」ではなく
「健康的で文化的な最高の生活を営む権利」
となっていたら、生活保護を受けながら海外旅行や、高級料亭に行ける事になります。
日本はパラダイスです。
 
残念なことに、日本国が保障している権利は最低限度となります。
最高の治療、ではなく最低限度の治療という解釈になります。
それ以上求めたければ、自分でがんばれ!となります。
 

医科では、生命の危機に関する項目が多いので、最低限度の範囲も広くなります。
歯科では、とりあえず死なないので、範囲は狭くなってきます。
 
医療訴訟でも、保険診療の範囲内では、平均程度の治療をされたかが争点ですが、
自由診療では、医療の最水準にあがります。
医療保険に含まれていないものは、
「審美的なもの」
「より良い入れ歯」
「歯の矯正」
「インプラント」
になります。
 
私たちが、普段患者さんに入れている保険診療の銀歯は日本でしかありません。
戦後、金属が不足していた時代に、金は高いので、色々な金属を混ぜて
薄めて作ったもののなごりがそのまま延々と続いています。
私たち歯科医師、歯科技工士は、銀歯を良質なものと判断して
自分の家族に使用する事はありません。
アレルギーの問題。固さの問題。虫歯になりやすさの問題。
多くの問題があります。
保険制度が銀歯しか材料の使用を認めていないので
保険診療を希望する方に使用するのです。
しかし、このような説明も、毎回していると、
気分を害する方もいるのでほとんどしません。
希望されれば快く銀歯を入れます。
 
これからも、
ブログを通じて日々の伝えきれない内容を発信していき、
良質な医療の提供に心がけていきたいと考えています。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.smile-dentalclinic.com インプラント、歯科情報満載、群馬県吉岡町の歯医者さん

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事