全体表示

[ リスト ]

昔からの言い伝えで
「妊娠していると赤ちゃんに栄養が取られるので、
歯のカルシウムが少なくなって歯が悪くなるよ。」

そのような話を聞いたことがあると思うのですが、、、
本当のところは、
確かに妊娠すると歯が悪くなりやすいです。

歯科医師の判断からすると、
赤ちゃんに栄養が取られているわけではありません。
原因の多くは、つわりにあります。
つわりの際に、
「気持ち悪くてうまく歯が磨けない。」
「酸っぱいものを食べると楽になる。」
「気持ち悪くて吐いてしまう。」
などの症状は、多かれ少なかれ妊婦さんは経験します。

歯が磨けないのはもちろん歯を悪くする原因になります。
酸っぱいものを過剰に食べたり、胃酸がお口に入る事は、
酸蝕歯の原因になります
酸蝕歯は、あまり知られていませんが、
むし歯でないのに歯の表面が溶けてしまう事です。

また、妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変わり、
人により、歯茎が腫れたり出血したりしやすくなります。
出産すると治るのですが、これも放置している歯を悪くします。

昔からの言い伝えは、当たらずとも遠からずですね。

スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
インプラント、歯科情報満載、群馬県吉岡町の歯医者さん

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事