全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]

 
今日、読売新聞のコラムで気になる記事があり、
以前に書きためていた内容を乗せる事にしました。
 
世の中にでている正しい情報とそうでない情報を
区別するには、非常に高度な感と、経験が必要になります。
 
特に、私たち歯科の世界では、
「TVに出るような歯科知識」
視聴率がとれて、お手軽で、安価で、今までにない効果、
の物は、すべて90%は嘘です。
(正しいと信じている一部の歯科医師がいます。)
自分たちはその分野で正しい知識を得ているので、
ウソはすぐ見抜けますが、
視聴者には分かりません。
自分たちの分野であまりにウソが多いので、
TV放送自体に信用ができなくなります。
お笑いやドラマなど、初めからフィクションの物は害がなく良いです。
 
健康番組で唯一信用できるのは、NHKの「今日の健康」です。
地味で、古くからあり、効果の低い番組はあまり面白くないですし
視聴率も良くないでしょう。みんな見ませんよね。
 
例えば、今は脳科学、脳トレーニングが大流行ですが、
これもほとんど????です。
一歩退いて考えてください。
ちょっと遊ぶくらいで天才なんておかしくないですか?
カヨ子ばあさんの息子が東大だと言っていますが、
父親は阪大医学部から東大医学部へ行ったサラブレッドです。
息子が東大に行けたのは遺伝的要素が大きいと思います。
参考までにこんな記事もあります。
 
「脳研究の「神話」独り歩きに警鐘 日本神経科学学会」
http://www.asahi.com/science/update/0108/TKY201001080349.html
 
 
読売新聞では、科学誌ネイチャーの論文に
脳トレは、効果がないと証明されたそうです。
もちろん、私は同感です。
 
子供には、天才を育てるような親の能力以上の期待はせずに、
自分の身の丈を考えたほうが子供にも負担になりません。
私の経験から行くと、
人より上を歩いている人は、
他人が寝ている時、遊んでいるときに自分の目標に向かって
我慢をして努力できる人です。
私が高校生の時に気がついたのですが、
人間には多くの能力がありますが、
我慢し努力できる能力が一番の天才かと思います。
 
話は脱線しましたが、なかなか正しい知識を得るには
情報社会の中で、難しいですが、
私自身、正しい歯科知識を身につけ、情報提供できたらと考えています。
 
故筑紫哲也さんは、自書の中で、大学で学ぶものは情報を疑うことだとおっしゃっています。
まさに同感で、真実は、多くの偽りの中の遠く奥のほうに隠れている気がします。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.smile-dentalclinic.com
インプラント、歯科情報満載、群馬県吉岡町の歯医者さん
 
 
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
中学校の時に覚えた日本国憲法の条文です。
 
歯科は医科と違って、自由診療の話が多く出てきます。
でもなんで、毎月高い保険料を払っているのに
保険が効かない診療が存在するのだろう???
安くて良い治療を受けれる今のシステムは良いのではないか?
 
国民皆保険制度は、実は今世界一うまくいっている制度です。
①日本はこの制度のおかげで寿命が世界一である。
②医者が少ないので医療費を多く払わなくて済む。
 
しかし弊害も多くあります。
ここで、保険制度がどのような基準をもとに作られているかです。
保険制度も、この条文を無視して作成される事はありません。
もし、ここで「最低限度の生活」ではなく
「健康的で文化的な最高の生活を営む権利」
となっていたら、生活保護を受けながら海外旅行や、高級料亭に行ける事になります。
日本はパラダイスです。
 
残念なことに、日本国が保障している権利は最低限度となります。
最高の治療、ではなく最低限度の治療という解釈になります。
それ以上求めたければ、自分でがんばれ!となります。
 

医科では、生命の危機に関する項目が多いので、最低限度の範囲も広くなります。
歯科では、とりあえず死なないので、範囲は狭くなってきます。
 
医療訴訟でも、保険診療の範囲内では、平均程度の治療をされたかが争点ですが、
自由診療では、医療の最水準にあがります。
医療保険に含まれていないものは、
「審美的なもの」
「より良い入れ歯」
「歯の矯正」
「インプラント」
になります。
 
私たちが、普段患者さんに入れている保険診療の銀歯は日本でしかありません。
戦後、金属が不足していた時代に、金は高いので、色々な金属を混ぜて
薄めて作ったもののなごりがそのまま延々と続いています。
私たち歯科医師、歯科技工士は、銀歯を良質なものと判断して
自分の家族に使用する事はありません。
アレルギーの問題。固さの問題。虫歯になりやすさの問題。
多くの問題があります。
保険制度が銀歯しか材料の使用を認めていないので
保険診療を希望する方に使用するのです。
しかし、このような説明も、毎回していると、
気分を害する方もいるのでほとんどしません。
希望されれば快く銀歯を入れます。
 
これからも、
ブログを通じて日々の伝えきれない内容を発信していき、
良質な医療の提供に心がけていきたいと考えています。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.smile-dentalclinic.com インプラント、歯科情報満載、群馬県吉岡町の歯医者さん

 

お徳な話し??

「お得な話がありますよ。」
「こっちのほうが得ですよ。」
「お買い得商品でですよ。」
 
そんな事に頭を使う時間は1日のうちどれくらいあるのでしょうか?
ポイント還元率、、セール、値引き、価格比較、激安、
 
私も経営者ですから、もちろん必要な経費の計算をしなくては
なりませんし、歯科材料のセールなどは利用しています。
 
でも得ってなんですか?
自分が他人よりお金を持つことですか?
楽をすることですか?
 
最近、得についてよく考えることがあります。
字を変えると「徳」と書きます。
人生にとって限られた時間を過ごすことを考えると
得より徳を身につける時間のほうが、最終的に得るものは大きい気がします。
 
ちなみに儒教では仁義礼智信を5徳と呼びます。
 
  仁・・・思いやりの心もつこと
  義・・・正しい行いをすること
  礼・・・豊かな心を示すこと
  智・・・正しい判断をすること
  信・・・周りの人から信頼されること
 
人から得るより、
人に与える事を何ができるかと、考える事。
国から何かしてもらうではなく、国に何ができるか考える事。(アメリカの?代大統領)
 
そんな時間の使い方ができたらと
自分に対しての最近の小言でした。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.smile-dentalclinic.com
インプラント、歯科情報満載、群馬県吉岡町の歯医者さん
インプラントは、お口の顎の骨の中に埋め込むものです。
 
歯周病や、根尖性歯周炎により、骨が溶かされてしまって
いるような方には、骨を増やす手術が追加で必要になります。
 
手術の成功には、手術後の傷口の感染を起こさないことが最重要
になります。
感染を起こすと、ひどいときは、骨を増やすどころか、さらに
大きく骨が失われることがあります。

私も多くの骨増生術を施術しているのですが、
最近の論文(JOMI)で興味あるデータがでていました。
術後の約13%が方が何らかの感染が認められたとのことでした。
正直、意外に多い数値だなーとの感想です。
 
 
現在のインプラント治療では、
大きく腫れて感染のリスクのある増骨手術を行い、
骨の沢山あるところに安心してインプラントを使用するか、
 
短くて小さいインプラント(ショートインプラント)を使用し、
増骨を回避するかは、意見の分かれるところです。
 
私自身の経験では、前歯は将来の見た目の問題もあるので
増骨します。
上の奥歯は、骨が全くない事があるので、増骨手術が必要になります。
これからも適応症があえば、なるべく
低侵襲の手術をご提案できればと考えています。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら
http://www.smile-dentalclinic.com

インプラントの種類

 
 
私たち歯科医師は、多くの材料を用いる際、
基本的には、患者さんの同意を得ることなく、材料を選択します。
多くの知識や経験をもとに、最善と思われるものを使用しています。
 
例え話しですが、
風邪をひいたとき、ドラッグストアに行けば、
ベンザブロック、コンタックなど様々な種類のお薬に出会います。
私も、体調の悪い時などは適当に選んで買って飲んでいます。
 
でもお医者さんに行って、
「抗生物質は、フロモックスにしますか?メイアクトにしますか?」
と聞かれることはまずありません。
医師が臨床経験上、1番安全で効果の高いものを使用することが多いです。
 
カレーを食べに行って、
「ジャガイモは、北海道産にしますか?群馬産にしますか?」
と聞かれることもまずありません。
シェフが、おいしいと思い、コスト面も考慮し、1番良いものを使用します。
 
インプラントも同じことが言えます。
ウィキペディアによると、世界に100種類以上の
インプラントが存在するそうです。(そんなにあるとは知らなかった。)
ウィキペディアには、主なメーカーの8社が記載されているのですが、
上から5つくらいが、いわゆる5大メーカーです。
使うほうとしては
各社けっこう違いがあります。
 
それぞれ、良い点、悪い点がありますが、
私のインプラントを選択する基準としては、
①将来、自分が使用したインプラントにトラブルがあった際に
 パーツ供給が続くような5大メーカーから選ぶ。
 
②自分自身の知識、経験上使いやすいものを選ぶ。
 
③インプラント学会に報告して恥ずかしくないような名の通ったものを選ぶ。
以上をです。
今後も、常に最新の知識、技術を取り入れながら、
より良い治療の提供をこころがけたいと考えています。
 
スマイル歯科クリニックのホームページはこちら

 

開く コメント(0)

全13ページ

[10] [11] [12] [13]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事