ここから本文です

書庫全体表示

6月8日9:50頃、東京都杉並区のJR中央線:荻窪駅で、三鷹発東京行きの快速電車が停止位置を
210メートル過ぎて急停車しました。

電車は停止位置まで戻って客を乗降させた後、6分遅れで同駅を出発したという。
乗客約800人にけがはなかったという。
JR東日本によると、男性運転士は「通過駅と勘違いした」と話しているという。
この影響で電車3本が最大6分遅れ、約4500人に影響が出たという。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事