ちゃらんぽらニストのチラ裏ブログ しんかん!

某『ちゃらんぽらニストのチラ裏ブログ』の続きです。

中途半端はいくない!

Vincenzo MiroglioとAriaを修理していた時、ずっと目の隅にチラチラと映る
物がありました。
修理途中で放置してしまったウクレレ2本、AsahiIndiana
Asahiはボディーの塗装まで進んでいたもののロゼッタ周りがうまくいかず
(嫌気がさして) 、Indianaはフレットとナットの位置調整まで済ませた所で
(気力が尽きて)放置しちゃってました。
その後ずっとカーテンレールに引っ掛けて吊りっ放しにしていたのですが、
作業机の真横だった事もあってやたらと視界に入ってきます。
Ariaの修理が終盤にかかった頃『やっぱこのままじゃマズいよな〜』と思い、
折しも古レレ師匠の矢野忠様が同タイプの
Indianaを手に入れられた事も
あって『んじゃAriaが終わったらこいつらを片付けよう』と決めたのでした。

まずはIndiana
工作は終わっているので残っているのは塗装だけだったはず。
前回記事をざっと確認し、まずは・・・
ヘッドロゴをやっちやいましょう。


Iとdの字が一部欠けちゃってます。
今まで完全な状態のロゴが見当たらなくて(ラベルは微妙にフォントが違うん
ですよね)二の足を踏んでいましたが前述の通り矢野様が同じ物を手に入れ
ロゴ画像を「
古い日本製のウクレレのヘッドのデカール(ブランド名、ロゴ)」に
アップされたのでそれを参考にします・・・矢野様、ありがとうございますm(_ _)m

描く事自体はさほど難しくはないのですが、問題はどのカラーを使うか。
最近のゴールド・シルバー系塗料は「メッキの質感に近付ける」事を
目指しており、年を追うごとに粒子が細かくなっています。なので通常の
塗料でもこのロゴよりずっと
粒子が細かい為、使えません。
代用品も色々探しました。マニュキアやデコレーション用塗料等、目に
付いた使えそうな物は片っ端から手に入れて確認したのですが・・・
全部ダメでした。
これ以上探しても見つからないだろうといいかげん諦めだした頃、足りなく
なった模型用塗料を買いに行った時に棚をつらつら眺めていると・・・

あれ?こんなんあったん?

イメージ 1

色といい粒子の粗さといい、かなりいい線いきそう。
数年前から発売されていたようなのですが・・・全然気付きませんでした、
正に「灯台下暗し」 ;^^)

では使ってみましょう。はてさて、いかが相成りますやら・・・

粒子の粗さはばっちり!だけど・・・んー、ちょっと黄色が強い。
上から少しだけスモークかけて・・・どうだ?

イメージ 2

試行錯誤の末、なんとかここまで近付ける事ができました。
アップで見るとブサイクですが、普通に見る分にはさほど違和感は感じない
のでこれでよしとします。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

側面のリカバリは思いの外うまくいきました。この勢いに乗って表板塗装に
とりかかります。

今回は表面が荒れただけなので元の塗装は剥がさず、クリアの重ね吹きで
ザラつきを消す事にしました。
とはいえただ重ね吹きするだけではなかなかザラつきは消えませんので、
『数回吹いては乾燥を待ってペーパー掛け』を何度か繰り返す事になります。

シュー、
シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ・・・・・

イメージ 1

番手の高い耐水ペーパーで下地まで削ってしまわないよう慎重に全体を
削ります。

イメージ 2

エアコンプレッサーが非力だと濃い塗料は吹けない(塗料が出なかったり
クモの巣状の糸が吹きだす)ので必然的に回数が増えてしまいます・・・
良く言えば丁寧、悪く言えば非効率的。
この写真で3セット目か4セット目ぐらいでしょうか。少しザラつきが残って
いますがピカピカにするのが目的ではないので、ここらで終わりにします。

イメージ 3

光り過ぎず、ニブ過ぎす。

イメージ 4

縞々もしっかり鑑賞できる、少しグロス寄りの半艶。

これでオーラス、

イメージ 5

フレットと指板の汚れを落とし椿油で磨いてペグと弦(GHSクリアナイロン)を
装着、

イメージ 6

作業終わり!

イメージ 7

お疲れ様でした〜♪

イメージ 8

デカール周りもかなり綺麗になりました(笑)


さて、音の方はどうなりましたでしょうか・・・
ボディー中央に「呪いのブレーシング」を入れた事が気掛かりです。
恐る恐る3弦開放を・・・

ボヨョヨョヨョォ〜ン。

でちゃったあああぁぁぁぁああああーーーー!!!

なぜだ・・・なんでこうなる!?
しばらくボヨンボヨン鳴らしながら考え・・・

あ、そういえば。

確かFamous FU-150にもセンターブレーシング入れたっけ。
あっちはどうだろう・・・

かな〜り久しぶりにケースから取り出してチェック・・・ボヨヨン現象発生せず。
なんで?一体どこに違いが・・・

あった!
ありましたよ決定的な違いが!!


FU-150には


KALAの赤ナイロン巻き弦セットを張っていたんです。
これをA200に張って変にならなければ。

早速外してA200に移植、弦を弾くと・・・

ボヨヨンしない!!

逆にFU-150に
A200の弦を張って弾くと

ボヨヨンしたーー!!!

やったー、原因突き止めた!
3弦解放で起こる変な反響現象。それは

「センターブレーシング+GHSクリアナイロン弦」

という組み合わせによって起こる現象でした。

なんで
GHSクリアナイロンでこのような現象が起こるのかは不明ですが。
オロナミンCレレ以来1年と5カ月、ずっと引っ掛かっていた謎が解けて
すっきりしました



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

残念ながら表板の波打ちを完全に消す事はできませんでした。
でもあれだけ補強したんですからそうそうトップ落ちはしないと思います・・・
多分。

諦めてネックの割れに移りましょ。
ここは希釈したタイトボンドを流し込んで圧着。
鉄弦ならもう少し補強すべきでしょうが、ナイロン4弦のウクレレならこれで
十分耐えられるでしょう。

イメージ 1

たっぷりと染み込ませてあふれ出た分を拭き取りクランプ。
乾いたらもうビクともしません。

ここまできたら修理ももう終盤です、外していたブリッジを取り付けます。

イメージ 2

この時も横ブレーシングが邪魔して締め付けるのに苦労しました。

・・・おや?

イメージ 3

はみ出た接着剤を拭き取った時に気付いたのですが、表板の艶が消えて
いるような・・・
使ったのはノンアルコールのウェットティッシュなので塗装に影響はないと
思っていたのですが(最初の拭き掃除にも使いましたし)、なぜか表面が
梨地になっちゃいましたよ・・・まいった。

ため息つきつつ途中で見つけた側板のクラックの修理をします。
表面は割れているものの裏まではいっていないようなので、周りの塗装に
極力影響ないよう軽く隙間を埋める程度で済ませようとUVレジンを使ったの
ですが・・・
これが大失敗。
『はみ出しは後で削ればいいや』とちょっと多めに盛ったのが運の尽き、
レジンが意外と頑固で思うように削り取れず、終わった頃には

イメージ 4

色が落ちちゃいました(´・ω・`)マータドジッチャッタヨ.
まあやっちゃったものは仕方ない。色を作って希釈し、少しずつ色付けを
していきます・・・あーめんどくさ。

ぺとぺとぺと。
この位塗ればもういいんじゃないかな・・・

イメージ 5

あ、まだ薄いわ。もう少し・・・

イメージ 6

まあこんなもんか。

あー疲れた・・・同じトーンにするのって難しいです。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

テコ入れ

ぽっこりぺっこんなブリッジ周り。
できるだけぺったんに矯正してやらなければいけません。

まずは作業をし易くする為にブリッジを外します。
後ろ側の浮いた方から水を流し込んで接着剤をふやかします。

イメージ 1

隙間をほじくると茶色いモロモロがぽろぽろ出てきました。
この色と感触はニカワですね。

次に濡れティッシュでブリッジをぐるりと囲んで全体をふやかします。

イメージ 2

少しでも楽ができたらと、弦で張力をかけてみました・・・
が、この程度ではビクともしません。
意外と手ごわいぞ、こいつ。

しばらく待っても剥がれる気配がないので

イメージ 3

えいやっ!とヘラで起こしてやるとパカンッ!と気持ちよく剥がれました。
水が内側まできちんと染み込んでなかったようです。

ん?

イメージ 4

ナンダ、コノ白イ物体ハ・・・?

イメージ 5

私ノ目ガ正常ナラ紙ノヨウニ見エルノダガ・・・

イメージ 6

紙ダ!

表板とブリッジの間に紙が挟まれてました・・・どゆこと?
紙なんかはさんでも接着力は弱くなりこそすれ強くはならないはずですが・・・

不可解な物の出現に首をかしげつつ。
ブリッジも取れたので、あまり効果は期待できない事は承知の上で裏側から
水で濡らし、大きな板でクランプして矯正してみます。
結果・・・
4日ほど放置しましたが、ほとんど戻らず。
諦めてブレーシングを貼り付ける事にしました。
固めると鳴らなくなるから極力避けたかったんですが・・・

まずは中をチェック。
覗くとブリッジの下に薄いプレートが貼られていました。
こいつがクランプの邪魔をしていたのかもしれませんね。
そして今度はブレーシングの邪魔をしそうな予感・・・
いつも使っているマホガニーっぽい5ミリ角棒で、まずはハの字に補強
する事にしました。

イメージ 7

ブリッジプレートが干渉する部分は一段低くして・・・
木工に慣れてない物にはたったこれだけの作業でも難しいです。
これを

イメージ 8

この位置に貼り付けます。
これでサウンドホールまでのへこみが緩和される筈。

さて、どうかな?

イメージ 9

まだ少しへこんでいるようです。
そして反対側が膨らんだままなのでトップ落ちは相変わらず。
やっぱり入れなきゃダメかなー、センターに。
オロナミンCウクレレで音が変になった経験があるので取り付けたく
なかったのですが、仕方ありません。

イメージ 10

真ん中に1本通す事にしました。これでへこみはほとんどなくなって
あわよくば膨らみもある程度は直るはず・・・
さあどうだ?

さすがに3本目なので
へこみの方はかなり改善されましたが、エンド側の
膨らみはさっぱりでした。短すぎたようです。
ならばとエンド側に2本追加・・・
これで総勢5本。モノスゴイ(´・ω・`)ヤッチャッタ感

と、このように結構な数のブレーシングを貼り付けましたが結局思った
ような矯正はできませんでした。
ブレーシングに使った木は結構固いものですが、それでも5ミリ角程度の
木なので10センチほどの長さにもなるとたわみます。加えて元からある
横ブレーシングの背が高く、クランプの邪魔をして圧着し切れなかったせい
もあるでしょう。
汎用品の工具では工夫しても、自ずと限界があるようです・・・。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

不具合チェック

一通り見終わったので弦を外して拭き掃除します。
洗剤を付けたウェットティッシュで何度も何度も・・・

イメージ 1

イメージ 2

綺麗になりました。
汚れが落ちた所でもう一度杢目をチェック。

イメージ 3

ネック側から。こっちからだと大人しいですが

イメージ 4

ブリッジ側からだとこんなにシマシマに変貌します。
面白いですね、杢目って。

てな感じでなかなかの見た目なA200なんですが、残念な事が。

イメージ 5

ちょっと分かりにくいですが、表板のブリッジ周りが波打っています。

イメージ 6

ブリッジを挟んでボディーエンド側がこんもりと膨らみネック側がペッコリ
へこむ、典型的なトップ落ち。

そして

イメージ 7

縦方向だけでなく横方向にも膨らみ、ブリッジの両端が完全に浮いています。
そしてブリッジから横は逆にへこんでいるという・・・
ここまで変形した表板も珍しいです。
変形はしているものの接着剥がれは全くないのでボディーを開けずに直し
たいのですが・・・
うまく修正できるのかなーこんなの。

もう一つの不具合。
こいつが届いてすぐチューニングしてみたのですが、弦の伸びとかペグの
緩みとはまた別の理由で音程が下がるんです。
首をひねりつつ狂う度に巻き直してチャカチャカやってたんですが、暫くして
掌や指の腹に違和感が。
何だろうと思ってネックを見ると

イメージ 8

なんか割れてるっぽい!

ヘッドを持って指板側に力を掛けると・・・

割れてまんがな!!

イメージ 9

①から②にかけて指板に向けて、②で折り返して③、4弦ペグの手前まで
V字にパックリと。
弦の張力に負けてヘッドが持ち上がってたんですね、道理で。
幸いまだグラつく所までいってないので、接着だけで済ませられそうです。

ネックはひとまず置いといて、ボディーをどう直しましょうか・・・


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事