時の旅人Yoshipyuta

2010年9月23日でブログ始めてもう7年目が過ぎ、8年目へ。さあて次の手は?勧めてくれた若者と育ててくれた皆様に感謝!

全体表示

[ リスト ]

パソナ迎賓館には平気の平蔵も出入りしているらしい。南部という男の顔相はあまり良いものではない。金はふんだんにあるのであろう。
 
 
財界人や著名人ズラリ 隣人も知らない…パソナ迎賓館「仁風林」ルポ
 
ZakZak 2014.05.22
 
ASKA容疑者と栩内容疑者が出会ったとされるパソナの迎賓館「仁風林」
 
イメージ 4
 
 ASKA容疑者と栩内香澄美容疑者が出会った場所として、週刊誌が報じたパソナの迎賓館「仁風林」(東京・元麻布)は、東京メトロ広尾駅から約500メートル離れた閑静な住宅街の一角にある。
 
イメージ 1
 
六本木ヒルズからも近く周囲には大使館や豪邸がたたずむ。日本家屋風の門扉の周囲には木々がうっそうとし、独特の雰囲気を放っていた。
 
 入り口付近には、土地の由来を記した「がま池」と書かれた立て看板がある。
それによると、同所には、巨大なガマガエルが出没したという伝説が残る池があったとされ、
 
「もともとは旗本の武家屋敷が建っていた土地で、明治期には華族が所有していた」
 
(近隣住民)という。
 
イメージ 2
 
 仁風林のインターフォンを押してみると、応対に出た関係者らしき男性が
 
「パソナの福利厚生施設です」
 
と説明。続いて「週刊誌で報じられた内容は事実か」と質問すると、
 
「報道を見ていないのでわからない。取材については差し控えさせていただきます」
 
とだけ答えた。
 
 隣家に住む男性は
 
「パソナの施設とは知らなかった。夜になると人が集まってきて、割烹着を着た人が出てくるのも見た。多い時にはタクシーが10台ぐらい止まっていることもあり、料亭かと思っていた」
 
と話す。
 
 関係者によると、同所は、パソナグループの南部靖之代表が財界人らを招く迎賓館としての役割も果たしていたという。
 


イメージ 3
竹中平蔵─南部靖之─前原誠司
 
『日刊現代』(2009年9月29日)にこんな記事が出ているぞよ。
    ameblo.jp/usainue/entry-10373436779
 
前原誠司国土交通大臣
 
▽美人妻 妻の愛里さんは超美人妻として有名。
 
パソナのグループ会社で働いていたが、南部靖之パソナグループ代表が前原に紹介。2カ月後に前原がプロポーズした。
 
一時、趣味は「妻との食事」などとのろけていた前原だが、愛里さんは創価短大卒で両親が熱心な学会員だ。日刊ゲンダイ本紙の取材に前原は
 
「妻が学会員として活動したことは一切ない。私の政治活動にも関係ない」
 
と答えている。


 
 「財界以外でもさまざまな著名人がサロンのメンバーとして名前を連ねている。建築家の安藤忠雄氏や、パソナグループ会長の竹中平蔵氏と親交の深い中川秀直元自民党幹事長。意外なところでは、二股騒動で話題を呼んだ俳優の塩谷瞬も度々顔を出していたようだ」
 
(関係者)

 週刊誌などではASKA容疑者と南部氏の親交が報じられているが、その関係を示す動画がインターネット上に出回っている。
 
 動画は、2001年8月にASKA容疑者がフジテレビ系バラエティー番組「笑っていいとも!」に出演したときのもので、ASKA容疑者が座るゲスト席の後ろに、南部氏から贈られた出演祝いの大きな花輪が飾られている。動画の中でASKA容疑者は、その花輪に言及し、
 
「南部さんには、いつもお世話になってます」
 
と語っていた。
 
 また、ネット上では、この際のASKA容疑者の言動も話題に。一般的に覚醒剤を使用すると、眠気や食欲が薄れ、落ち着きがなくなるとされるが、司会のタレント・タモリに「やつれてる」と指摘され、
 
「寝ないんですよ、オレ。(作曲に)入り込むと全然寝ないんですよ」
 
と説明。
 
「飯も食わない状態になっていく」
「じっとしているのがいや」
 
などと禁断症状を連想させるような受け答えをしていた。

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事