ここから本文です

写真とバイクとひとり旅 CB550 degree

R416 走ってきました!

福井県 勝山市 〜 石川県 小松市 に抜ける「R416」が開通しました
イメージ 1
地図の青い部分です
R157が平行してあるせいか、R416はずっと通行止めの状態でした
それがついに貫通!!!
走ってきました
イメージ 2

勝山街道を岐阜方面に走って
滝波交差点を左折します

恐竜博物館方面です








イメージ 3

しばらくは、こんな感じの
すばらしい道が続きます

走りやすいです








イメージ 4

いよいよ新しい道です

どこかのサーキットみたいです

車が1台やっと通れるくらいです




イメージ 5

県境付近です
福井県側の景色です

数台のバイクがカーブを攻めていました

やめて欲しいものです・・・




イメージ 6
イメージ 7

県境です
本当に綺麗な道です





イメージ 8

石川県側に降りていきます

本当にぎりぎりの道です

雨も降っているので、ゆっくり
気を引き締めて走ります



イメージ 9

牛首峠に到着しました

まっすぐ行けば小松市内に行きます

今回は県道43→161(左折)します




イメージ 10

左折した理由はここ!

せせらぎの郷で「ランチ」と「温泉」を楽しむためです





イメージ 11
イメージ 12
ビッフェスタイルで
90分/1500円です

1500円分は、なかなか
食べれませんね


味は最高です。おばあちゃんの味って感じです。
2回くらい御代わりしたあと、カレー、デザート、コーヒー、を頂きました
時間が遅かったためか、すこし料理が少なかったのが残念でした
お腹一杯です!!!

お風呂はなんと「370円」  
イメージ 13


源泉100%です  
露天風呂ありです!

雨で冷えた身体を温めて、ゆっくり
帰りました。。。


開通したR416は、ちょっとしたツーリングコースです。
バイクにはいい道ですが、ところどころウエットになっていますので要注意です!

対向車に気をつけて、ぜひ走ってみて下さい・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

今日は休日・・・
のんびりと修理しましょう〜

キャブの状態
プラグキャップを外してセルを回す
1〜4、すべてのプラグがガソリンで濡れている
キャブに問題は無さそうだ

つぎに・・・
プラグの着火状態
1.だめ
2.だめ
3.だめ
4.着火
(単純にコード左から1,2,3,4)

1次コイルの導通
1ー2導通ok
3ー4導通ok
2次コイルの導通
1ー2だめ〜
3ー4だめ〜

再度プラグキャップを外して、コード本体にて導通チェック
1-2導通ok
3-4導通ok

この時点で、プラグキャップ取り付けに問題ありと判断
もう一度、着火テスト
1だめ
2だめ
3着火
4着火

やっぱり、1.2が着火しない

次に、コイル①とコイル②のコネクタを交換(黄色と青の線)
1着火
2着火
3だめ
4だめ

症状が移った(コイルの故障じゃないことが判明)

・・・と言うことは、ポイントか???
ポイントに導通チェッカーでチェック!
①−④のポイントが離れたときに「ピーーーーー」となるが
②−③のポイントでは鳴らない・・・

②−③黄色の配線である
追いかけていくと、バッテリー付近でキボシ接続してある
何気なく触ると「細線1本」でつながっている状態。。。

原因はこれ!!!
1、プラグコード+キャップの接続不良
2、コンタクトブレーカーへの電流が来ていなかった(断線)

悩んだ割にはあっさり修理完了。。。

ついでにポイント調整・タイミング調整を実施
元気良くエンジン始動!!!
ちなみに、コイルは黄色=1-4    青=2-3である(コンタクト基盤に記載あり)



時間もあるし・・・試運転しよう
イメージ 1
越前海岸を流していたら、通行不能の看板

イメージ 2












行ける所まで行ってみたら・・・この通り。。。
完全閉鎖

夏のいい季節に「海岸線」が走れないなんて。。。


それでも元気良くなったCB550four・・・本当に良かった〜〜〜

最後に・・・
みなさん、いろいろご指導頂き、本当にありがとうございました!



【発注品】
プラグコード
プラグ
バッテリー(定期交換)
IGコイル(思案中)

【要点検】
キボシコネクタ(全部確認しなきゃ)
各接続配線(ハーネスごと交換か?)
ワイヤリング取り回しと固定











この記事に

開くトラックバック(0)

CB550four

久しぶりにエンジンを掛けて、ちょっと走ってこよう!と思ってたんだけど・・・

エンジンが吹き上がらない。。。
1気筒死んでるのか?

マフラーに触れてみたら、2気筒目が冷たい
「かぶったかな?」
プラグを掃除して、再始動・・・
「かからない・・・」

”自宅前でよかった・・・”

車庫に戻して点検

1、プラグのスパーク→1〜3がスパークしない(バッテリーが弱すぎ?)
2、コイルのアース側配線→途中断線(修理・1次側導通ok)
3、コイル2次側導通チェック→配線を動かすと導通無くなる(テスタの故障かも)
4、プラグキャップ付け直し

さてエンジン始動!
キュルキュル・・・・
ボッボッ。。。。

4気筒だけが熱くなっている。なぜか3気筒がダメになってる・・・

あ〜〜〜〜ぁ。。。全く掛からない
そういえば最近、エンジンの始動が悪かったよなぁ〜

考えられる原因と修理として〜〜〜

1、コイル内部配線の断線→新品に交換?
2、ポイント調整→今まで普通に走ってるし、急には・・・
3、コンデンサパンク?→コンデンサが壊れると同じ症状?
4、手に負えないトラブル→ブルーな気分。。。
5、コイルってこんなに急に壊れるもの?
6、あまりの暑さでマシンも熱中症???

CBオーナーの諸先輩方。。。
どうしたらいいでしょうか???
ご教示願います!!!
コイルかなぁ〜

ps:コイル〜スパークプラグのコードは、1-3 2-4 ですよね?
   いろいろ見ているうちに、不安要素だらけになって来ました。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

連日の猛暑は、小豆島も変わらず30℃超えとなっている

夜もさほど気温は下がらず、寝苦しい夜だった

イメージ 1
朝、5:30 起床
すでに汗が出ている

テント撤収
コーヒーブレイク
冷たいシャワー

ごみを方付け、キャンプ場に挨拶

さぁ出発!


イメージ 2

すぐ近くに道の駅があり、その敷地内に「手延べそうめん館」がある

そこで朝の一杯を頂いた
実に旨い!

朝から大満足!


イメージ 3

そこから数キロで「エンジェルロード」に到着

あまり興味は無いが、丁度干潮だったので行って見た


イメージ 4










イメージ 5


海がきれいだった・・・


以上・・・




そのエンジェルロードから街に向かって走ると
イメージ 6

「迷路のまち」がある

軽自動車が1台ぎりぎりで進むことが出来るまちで
本当に迷路・・・。
イメージ 7








でも
こんなに素敵な景色に出会える


迷路のまちをどうにか抜けて、「笠ヶ瀧」寺院に向かう
イメージ 8

山の上のがけにくっついているのが本堂
あそこまで登っていく・・・


イメージ 9

参道入り口

ここから徒歩で進む・・・のは
根性が必要

もう少し上までバイクで登ることが出来る




イメージ 10

ここからは徒歩になる

ヒールやクロックスでは絶対に無理

イメージ 11



もはや「階段」ではない

ただの崖である


イメージ 12

熱くなった手すりを
つかみながら
ゆっくりゆっくりすすむ
結構、急な角度である

イメージ 13


もう、参拝なんだか
登山なんだか
訳が分からない


とにかくひたすら登る

本堂に到着

ここからは写真禁止のため撮影していない
しっかりお参りをし、下山。。。
下山の方が、何倍も怖かった・・・

参拝の記念に「ご朱印」を頂く

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16












お昼近くになってきた
イメージ 17

つぎは「こまめ食堂」に向かう

雰囲気抜群
11:00オープンなので「予約」をして
開店をまつ



イメージ 18
イメージ 19








お店の雰囲気・・・100点
本日のおにぎり定食(1300円)・・・70点
お店の雰囲気から「おばあちゃん」がおにぎりと漬物くらいを出してるような感じかと思っていた。。。
残念だがリピートはしないかな

やはり今日も暑い・・・
バイクなんて「馬鹿じゃないの?」って感じである
イメージ 20

本当はもう一泊し、じっくり見て周る予定だったが、身体の危険を感じ始めていたので、帰ることにした

その前に「二十四の瞳」記念館に向かう



イメージ 21
イメージ 22









イメージ 23
イメージ 24









イメージ 25

喧嘩をするな!

過ちをかくすな!

親の恩を忘れるな!

まさにその通りである
耳が痛い・・・

15:00のフェリーで帰ろう・・・
イメージ 26

高速は涼しい時間帯に走れる

こうして2日間の小豆島ツーリングが終わった

夏のツーリングは・・・
やはりきびしい。。。



【後記】
小豆島は意外と人口が多く、活気があるように思えたが、車の走りや人々は
なんとなくのんびりで、島独特のタイムが流れている感じがした
メインの道は走りやすく、カーブもありスリリング。
ただ、昔ながらの道は道幅も狭く、小型バイクが走りやすいかも。
とっても素敵なところ。。。もう一度走ってみたいと思った
走行距離:890km
平均燃費:26km/L

     ぜひ行ってみてください
イメージ 27





この記事に

開くトラックバック(0)

前から行きたかった「小豆島」
家内に夏休みをもらって行ってきました


イメージ 1

朝、5:30・・・
自宅を出発

今日も暑くなりそう・・・







イメージ 2

金津インター

高速前の荷物とマシンの点検






イメージ 3

敦賀を通過したのは
6:55・・・

まあまあのペース。。。







イメージ 4

加西に9:40・・・
ガソリンを入れる

南条SAでも給油したが、ディグリーは
9Lしか入らない。。。
こまめに入れなきゃ




イメージ 5

姫路到着 10:00・・・

ちょっと早いかな

このままなら、1便早くフェリーに
乗れそう・・・





イメージ 6

10:45
フェリー乗り場に到着

チケット売り場は長い列が出来ていた






イメージ 7

チケットゲットだぜ!

大人:1520円
二輪:1270円
合計:2790円

ちなみにネットのクーポンは
自動車用なので、バイクは安くならいので注意ね


イメージ 8

フェリーがやってきた!

ワクワク!!!






イメージ 9


さぁ、乗り込もう!

バイクは一番隅っこに縦に並べて
停車します






イメージ 10

気持ちいい〜〜〜

船旅は「旅してる〜」って感じに
なるから大好きです!




イメージ 11

往路のフェリーとすれ違い

海の上は、風もありとても涼しい!






イメージ 12

到着〜〜〜
約1時間30分の船旅!

さぁいよいよ「小豆島」!!!





イメージ 13

とりあえず「西」に向かって走る

途中「オリーブ公園」の看板があり
寄ってみた・・・

たくさんの人。。。





イメージ 14
とりあえず、絵葉書を買って
   自分宛に送る・・・

ツーリングから帰ったあとに届くだろう。。。
   たのしみ・・・


イメージ 15




次に棚田に向かうつもりだったが
途中に「金両しょうゆ」の建物が
見えたので、ちょっとのぞいてみた



イメージ 16

おいしいしょうゆの香り。。。

オリーブとしょうゆとニンニクを
ブレンドしたボトルが最高に
うまかった!!!




イメージ 17

棚田に到着

稲がまっすぐに元気良く育っている

まあまあの風景






イメージ 18

キャンプ場に行くにはまだ早い

「西の滝」寺院を目指す

カーナビで検索できないくらいの道

今回「ディグリー」で来たのは正解だった
大型車では厳しいかも。。。
イメージ 19


これもいい眺め!!!









イメージ 20

寺院です

暑いです。。。


朝も早かったので、そろそろキャンプ場に向かいます


イメージ 21




テント張りました

後ろからの写真です

向こうが海です


イメージ 22
キャンプは800円でした
本日貸切!!!
一人ぼっちです

夕暮れ時です
そろそろ「買出し」に行かなきゃ・・




【夏キャンプうんちく】
夏のキャンプはキツイです
暑さ・虫・にぎやかな子供たち・・・

食事はこだわらなければ「近くの食堂」を利用するのがベターかもねー
今回は冷凍ピラフをフライパンで炒めて、味付け肉を焼きながらいただきました
調理は明るいうちに・・・。暗いと必ず虫が来ます。。。
それと、テントの前室での調理はだめ! テント内が蒸し風呂に・・・

テントは暑いので必ずタープをしたほうがいいよー
大きなうちわとブロックアイスが必需品
ドーナツ型のエアー枕の中央に、ブロックアイスの袋ごと入れて枕にします
かなり涼しく寝れますよ

シュラフは不要 バスタオルで充分(高山では必要です)
マットは「インフレーターブル」がおすすめ
体温でマットが温まらないので、快適に眠れます

でも・・・ホテルか旅館に泊まるのが一番です!!クーラーあるもん

一日目が終わりました。。。

この記事に

開くトラックバック(0)

写真集をプレゼント

以前、バイクの写真を撮らせて頂いた「桜隼」

撮った写真で「写真集」を作りプレゼントしました

喜んでいただいたようで、嬉しい限りです

イメージ 1










イメージ 2









イメージ 3

また一緒に走りましょう!!!

PS:その後、撮影をしている私を、こっそり撮影していたらしく
  画像の入ったCDが着ました
  いやぁ〜これはうれしかったです!
  撮ることばかりの私が、撮られたのは初めてで・・・。
  ありがとう



この記事に

開くトラックバック(0)

息子のバイクを届けに

いつも一緒に走ってくれた息子が「埼玉」の会社に行きました
仕事にも慣れてきたようで、ようやく時間が取れそうになったらしく
「バイク、輸送してくれないか?」との連絡。。。

「輸送するくらいなら、実走していくよ!」
「静岡で待ち合わせはどう?」
ムフフ・・・こりゃいいツーリングの言い訳ができたぞ!

イメージ 1
朝、8:00
丸岡インター到着。

朝のラッシュと、交通事故で
かなり遅れた・・・

イメージ 2












ぼちぼち休憩を挟みながら走る。
息子のバイクは「CBR1000R」→「VTR250R」に乗り換えている
軽くて疲れにくく取回しが楽な方がツーリングに良いらしい。
イメージ 3


11:00 名古屋出口を通過
順調に走る

VTR250R なかなかいいバイク
爆発的なパワーは無いが、充分な走りをしてくれる




イメージ 4

PA/SAに立ち寄る
トイレ休憩とストレッチをするため。

PA/SAは「旅行」をしている気分になるから楽しい!

せっかく高いお金の道路を走ってるのだから、利用しなくちゃね


イメージ 5


浜名湖SAに到着
13:00

丸岡から、5時間・・・
ちと疲れた。

パワーをつけるためrに「うな丼」を
食べた。。。贅沢だわ

イメージ 6

そこから静岡まで約1時間と少し。
まだまだ時間があるので、「日本平パークウエイ」を
目指す。
14:50に入り口到着
考えたら、丸岡→静岡は6時間程度で着くんだな・・・
思った以上に早かったなぁ〜

イメージ 7
日本平には、徳川家康公が
埋葬されたとされる
「久能山東照宮」がある

そこにはロープウエイを
使って登っていく。
せっかくなので、行ってみた!

イメージ 8
イメージ 9


たくさんの観光客。
お天気も良く、無事に着くことが出来たことを感謝した

お土産にバイク用キーホルダーを買い、息子のバイクに取り付け。。。

やっぱり親だからね・・・心配です。




この日は静岡駅前のホテルに一泊。


次の日、静岡駅前で待ち合わせして「バイク」を渡した。

15分くらい話した後、颯爽と走り出していった。
イメージ 10
元気そうな顔が見れてよかった。

新幹線に乗り福井に向かう途中、ラインがきた

「箱根に寄ってきたよ。バイク調子いいわ。
整備ありがとう! 安全運転で帰るね」

仕事で疲れたとき、ストレスがたまったとき
バイクはきっといい相棒になってくれるはず。
ただ、安全に楽しんで欲しいと願うばかりだ

それにしても、ちょっと遣いすぎた。。。

次に逢えるのはいつだろう・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

友人「D」から
バイクの写真を撮ってくれとの依頼・・・

行ってきました
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

とても綺麗なバイクでした!
立ちコケもできませんね
いつまでも大切に!!!

写真集が出来たらお送りいたしま〜す!!!


この記事に

開くトラックバック(0)

春を訪ねて

今年はあまり桜との写真が撮れませんでした・・・

イメージ 1
越前海岸にて





イメージ 2

ちょっとオールドフォトっぽく・・・


この記事に

去年、秋くらいから・・・
CB550fourのエンジンフィンにオイルが滲んできました

もうすぐ春だし、大掛かりな手術はせず「プチOH」をしました

イメージ 1
まずは、Fフォークの
シール交換
フォークオイル交換
ブーツ交換

ちゃちゃっと完了

オイルはカヤバにしました
ちょっと硬めです(失敗したかな)

エンジンは、ヘッドカバーをはずし「シリンダーヘッド取り付けネジ」の増し締めを
しました
2.0kg/m で再度締め直し。
エンジン組上げ
ポイント調整
タペット調整
イメージ 2
様子見のため、ぶらぶらと
走ってみました







ところが・・・

イメージ 3

がび〜〜〜〜ん

漏れてるし。。。ToT



やっぱり腰上のOH時期なのかな〜〜〜


とりあえず、漏れ方としては「滲む」程度。
秋までだまして乗ってることにします。。。
冬になったら、OHしようかな

  CBオーナーの諸先輩方々・・・
        どうしたものか、ご教示いただければ幸いです。。。

なお、オイルはブン回さなければ滲みません
見た感じ、どこからなのか全く不明です・・・
オイルはホンダG3(化学合成油)を入れました
(普段は鉱物油です・・・)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事