三代目嫁のほろ酔い日記

なかなか更新できておらず・・・ご訪問いただいた方、スミマセン。

全体表示

[ リスト ]

高所の取付

イメージ 1

最近「吹抜けに大きな窓」という住宅は普通になってきました。
外観的なデザインや内観的な解放感から、私自身好きな形ではあるのですが・・・

いざ生活をするとなると日差しや人の視線というのは避けられない問題。
カーテンの必要性というのは必ずでてきます。

こういう高所の取付というのは工事途中で足場がある場合はいいのですが、足場を取り外してしまった後というケースは多々あります。
取り付けるためのタワーを組むと費用はかなり高く、こういう窓を採用する場合はカーテンの事まで考えて工事者と連携を組むことができればベストなんですけどね・・・。


当店の場合設計から施工管理そしてインテリアまでトータルでご提案しています。
ですのでカーテンや家具の納まりまできちんと計画させていただきます!
 
  ※お問合せはコチラまで → info@interior-suenaga.com


先日いらしたお客様も吹抜けの窓にバーチカルをご要望でした。
しかし窓が階段面にあるためにタワーが組めないとのこと。
別の業者さんに相談したけれど断られ、当店にご相談にこられました。

二代目が現地を確認に行き、施工方法を考え、当店で施工させていただくことになりました。

イメージ 2

足場はこの梁と奥にある仮設の板(白い板)を利用。
階段上にハシゴを置き、奥の板とハシゴの上に板を渡して足場にします。
その上でバーチカルブラインドを取り付けるという・・・・とても大変な作業です。

二代目と三代目で現場に取付に行ったのですが、お店で待ってる間、無事に作業ができているかとても心配でした。

作業は無事に完了!
二人とも汗ビシャビシャで帰ってきました(^^;)
お疲れ様でした。

イメージ 4


イメージ 3


お客様にも喜んでいただき、なにはともあれよかったよかった。

それにしても設計や施工をする方には、カーテンのことまで本当に真剣に考えていただきたい。
こんな吹抜けの問題はもちろんのこと、エアコンとや扉が窓ぎりぎりにあってレールが取り付けられないなんてよくあることです。
生活をイメージして家のプランニングをすることは、”基本”だと思うのですが・・・

なんだかお客様が可哀想になってしまいます・・・。

■□■■□□■■■□□□■■■■□□□□■■■■■□□□□■■■■□□□■■■□□■■□■

       インテリア末永ホームページ  
建築士と家具屋 ダンナと嫁 二つの目線で住まいを考えます

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

      いえ+倶楽部 ホームページ
私たちも参加しています

    1クリック宜しくお願いします!→  

■□■■□□■■■□□□■■■■□□□□■■■■■□□□□■■■■□□□■■■□□■■□■

閉じる コメント(2)

アバター

住んでみないとわからない想像以上の日差しってありますよね〜
大きな窓ガラスの部屋はほんとエアコンが効かなくて(汗)

2011/8/2(火) 午後 5:35 りんちゃん 返信する

りんちゃん
大きな窓ガラスの部屋はステキなんだけど、いかに快適に過ごせるようにするかが課題だよね。
節電意識の高まりもあって、今年はジレンマ感じてしまう人も多いのでは・・・。

2011/8/3(水) 午後 2:10 [ hana ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事