HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

全体表示

[ リスト ]

安倍外交への懸念。

自民党の安倍晋三総裁は22日午前、日中関係について「戦略的互恵関係の原点に戻れるように努力していきたい」と述べ、沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題で悪化した両国関係の改善に意欲を示した。ただ、衆院選の政策集に盛り込んだ尖閣への公務員常駐検討については「検討していくことに変わりはない」と語った。
 
山口県長門市油谷にある父の故・晋太郎元外相の墓参りをした後、記者団の取材に応じた。
 
安倍氏は6年前に首相に就任した直後、最初の外遊先として中国を訪問。首脳会談で「戦略的互恵関係」という言葉を使い、小泉政権時代に冷え込んだ日中関係の改善に乗り出した。安倍氏は22日、「日中間には尖閣を含め様々な課題がある。日中は極めて重要な二国間関係の一つであり、良好な関係は両国にとって国益だ」と強調した。

民主党政権時代、中国、韓国、ロシアに日本は完全にバカにされ、舐められていたが、逆に言えばどこの政党が政権を獲ろうが、誰が総理になろうが、これら三カ国とマトモな付き合いは出来ないということだ。外交面における自民党と民主党の違いは、同盟国のアメリカとマトモに付き合えるか否かが最大の違いであるが、民主党政権が日米同盟をグダグダにし、その修復も不十分な状態で中国との互恵関係など論外だ。あと竹島の式典も必ず行うべきだ。式典を見送ったからといって韓国が日本とマトモな関係を築こうなどと考える筈が無いのだから。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事