HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

全体表示

[ リスト ]

両者リングアウト。

日米両政府は25日未明から早朝にかけて、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉の妥結に向けた協議を続けたが、大筋合意に至らなかった。牛肉や豚肉の関税と自動車の規制などで距離があった。TPPの先行きを懸念する声もあるが、オバマ大統領に「沖縄県・尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内」と明言させながら、恫喝まがいの要求に屈しなかったことで「日本は粘った」「外交勝利だ」と分析する向きもある。

「日米両国にとって、日米同盟にとって画期的な共同声明となった。(TPPは)諸課題について前進していく道筋を確認できた。交渉全体にとってキー・マイルストーン(重要な到達点)となる成果を上げられた」

安倍晋三首相は25日午前11時過ぎ、日米首脳会談に伴う日米共同声明発表を受けて、記者団にこう語った。

これに先立ち、甘利明TPP担当相は同日午前7時40分から異例の早朝会見を開き、TPP交渉は「進捗(しんちょく)はあったが、大筋合意ではない。間合いは縮まっている」と説明した。同日朝に検討されていたフロマン米通商代表部(USTR)代表との再協議は見送られた。

TPPをめぐっては、安倍首相とオバマ氏が23日夜、東京・銀座の高級すし店「すきやばし次郎」で開いた非公式の意見交換や、東京・元赤坂の迎賓館で24日午前に開かれた日米首脳会談で、早期妥結を目指して2国間の閣僚級協議を継続することで一致していた。

これを受け、甘利氏とフロマン氏や、両国の事務レベルの協議が断続的に続けられてきた。

今回の日米のTPP交渉は、プロレスに置き換えたら両者リングアウトといったところだが、甘利担当大臣は国益を損ねるような妥結をしなかっただけ立派だと思う。

フロマンというヤツは、相当の石頭で、しかも交渉する度にハードルを上げてくるなど非常に性質が悪く、日本以外の国でも評判が悪いようである。ミンス党のヤツがフロマンみたいな輩と交渉していたら間違いなくKOされて日本の国益を大きく損っていただろう。考えただけでゾッとする。

オバマの側近はフロマンやケネディといった反日、無知日派ばかりということが明らかとなった。流石、アメリカの民主党は日本に原爆投下しただけのことはある。オバマみたいなヤツを国賓扱する価値があったのか甚だ疑問であるが、ミンス政権時代の尻拭いのため、そうせざるを得なかったのだろう。次回のTPP交渉で日本側はA猪木を同行させ、フロマンが理不尽なことを言ったら延髄斬りを喰らわせてほしいものである。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

そもそも、交渉参加の条件をクリアしていなかったのに、交渉に参加したのが間違いだった。
車や食品に係る日本の安全基準を無視するTPPなんて、すぐに交渉から脱退すべきです。

2014/4/26(土) 午後 10:47 coffee 返信する

COFFEEさん。アメリカの農家も日本のJA同様、TPP反対が多いみたいですので、仮に日本を恫喝して有利な条件を得たとしてもアメリカ議会で可決されるか怪しいものです。

自動車に関してはアメ車が日本車に勝てる要素は無いので、市場をいかにして拡げるか考えれば良いと思います。

2014/4/26(土) 午後 11:01 hmhosyu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事