HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

全体表示

[ リスト ]

インターネット上の差別的表現で精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人のフリーライター李信恵さん(43)が18日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と桜井誠会長に計550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状によると、桜井会長は昨年1月〜今年7月、ネットや街宣活動で李さんを「朝鮮人のババア」などと繰り返し表現。李さん側は、在日朝鮮人への人種差別で名誉毀損(きそん)や侮辱に当たると主張している。

併せて、ネットの差別的な書き込みを集めたサイト「保守速報」の運営者に対しても、2200万円の賠償を求め提訴した。

李さんは提訴後の記者会見で「毎日のようにツイッターなどで嫌がらせや差別的発言が来る。訴訟で歯止めがかかることを願っている」と話した。

上記の記事を目の当たりにすると、在日朝鮮人は祖国に帰ってもらうのが、日本だけでなく、ヤツらにとってもプラスになると思わざるを得ない。

李信恵は「朝鮮人のババァ」という言葉が名誉毀損と主張しているが、結局のところ「朝鮮人」と言われるのが嫌なのだろう。日本という国が嫌いなくせに滞在し、挙句の果てに自分の出身国である「朝鮮人」と呼ばれることを差別と言うのだから、この女の思考回路は最早、理解不能の域に達している。

私だってアメリカに滞在すれば、現地の悪ガキから「日本のオッサン。」とか、酷いのになると「ジャップのオヤジ。」などと呼ばれる可能性はある。そういう場合、ガキの親に「教育がなっとらんぞ。」位のことは言うが、名誉毀損で訴訟を起そうとは思わない。何故ならガキの戯言相手にそんなことをするのは時間のムダだと思うからだ。

桜井会長が「朝鮮人ババァ」と言ったのが事実だとしても、その程度で訴訟を起こすことは通常有得ないが、手間隙をかけて訴訟を起した背景には「在特会を潰さないと在日特権が確保出来ない。」と判断したからだろう。この訴訟提起で李信恵が明らかにしたのは、在日がこれまで当たり前のように駆使してきた日本での不法行為が困難になっているということだ。

因みに李信恵とは、次のような人物のようである。

1973年生まれ。 在日コリアン2.5世の女性フリーライター。

読みは「い・のぶえ」「リ・シネ」。愛称は「リンダ」。 

厚かましい性格で取材先にことごとく嫌われ、現在は韓国語ニュースの翻訳と自らが関与した「政治運動」の取材のみに特化。 毎日、ブログのメールやツイッターに100件近くのクレームが殺到し、 それに火に油を注ぐことで炎上マーケティングを展開。在日イメージの悪化に寄与している。

日本生まれの日本育ちであるにも関わらず、日本の文化・歴史・政府などを憎悪し、被害妄想が強い。

「悪いのは全て日本のせい」であり、「日本人は加害者」「在日は被害者」という独自の思想を展開。

ツイッターで論破されると相手を「ヘイトスピーチ」「レイシスト」と決めつけ、 侮辱的なリプライを送ってからブロックするので、相手から強く恨まれている。 (本人は「差別へのカウンター」だと信じている)。 自虐史観に対しては、冷静な反論で返してくる者には全て 「ネトウヨ」のレッテルを貼りつけることで精神の安寧を得ている。

閉じる コメント(4)

桜井さん、嫌なやつに訴訟起こされちゃいましたね

日本人こそ迷惑してるんですよ
在日特権たちに

2014/8/18(月) 午後 10:09 naomi_shararan 返信する

ナオミさん。韓国による反日デモで見られるヘイトスピーチや、左翼が沖縄でやっているヘイトスピーチこそ糾弾されるべきですが、マスゴミは見てみぬフリばかりしてます。

この訴訟が異常であると認識出来ないマスゴミは、やはり反日です。

2014/8/18(月) 午後 10:48 hmhosyu 返信する

顔アイコン

迷惑な在日、と思う日本人が多いのはこういうことがあるからです。

ナイス

2014/8/18(月) 午後 11:36 保守の会会長 松山昭彦 返信する

顔アイコン

「不逞鮮人」は、何十年かまではマスコミも政府も使用していた正当な日本語です。

2014/8/19(火) 午後 11:26 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事