HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 

韓国国防省関係者は24日、韓国軍が11年ぶりに再開した拡声器による対北朝鮮宣伝放送の概要を明らかにした。それによると、放送は自由民主主義体制のすばらしさや人権の重要性、北朝鮮の実像などを紹介し、北朝鮮当局による宣伝を否定する内容。Kポップなど韓国の音楽も流しているという。
 
4日の地雷爆発事件を受け、韓国軍は前線の施設11カ所で、1日約8時間の放送を開始。拡声器には一つ当たり48個の小型スピーカーが取り付けられ、昼は約10キロ、夜は約24キロ先でも聞こえるとされる。北朝鮮は猛反発し、22日夕までに中止しなければ軍事行動に出ると警告したが、韓国軍は放送を継続している。
 
関係者によると、放送は「自由の声」と名付けられ、内容は多岐にわたる。韓国や海外のニュースのほか、韓国の発展している様子、中産層の姿など優越性を宣伝。放送前1週間の北朝鮮での報道と公表されない実態を併せて報じ、北朝鮮当局による宣伝の「虚構」をアピールする番組もあるという。

上記の音楽はポンチャックという立派(?)なK-POPであるが、この音楽を聴いて脱力感に襲われる人は多数いるだろうが、腹を立てるのは世界各国を見渡しても北朝鮮だけだな。因みにこの音楽は、民主党のテーマソングに最高に相応しいと思っていますが、それ以外に評価する箇所は全くありません。


開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

韓国大統領府は20日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が9月2〜4日に訪中し、北京で3日に開かれる「抗日戦争勝利70周年記念行事」に出席すると明らかにした。米国と中国の間で「二股外交」を続けてきた朴氏だが、習近平政権の恫喝まがいの出席要求を拒否できなかったようだ。

朴氏の出席をめぐっては、米国が事実上出席を見合わせるよう求めた一方、中国共産党機関紙、人民日報系「環球時報」(電子版)は社説で「朴氏が最終的にどのような判断を下すかによって、中国の民衆の受け止め方も違ってくるだろう」などと“圧力”をかけていた。

「最大の貿易相手国」である中国との関係を重視した朴氏だが、メーンイベントである軍事パレードへの参加は「検討中」としている。

韓国は朝鮮戦争の再開を宣言し、中国とアメリカに対し「韓国側につくのか北朝鮮の側につくのか明確な意志表示をしろ。」位のことを言うかと思っていたが、結局のところ政府も国民も「反日」であること以外に明確な政治スタンスが無いから、このような発想に至らず中国とアメリカの顔色を窺うだけのクソバカ外交に終始するのである。

中国も天津の爆破事故の後始末が出来てないくせに軍事パレードなどやってる場合かと思うのだが、そんな誘いを「北朝鮮が何をしでかすか分からない状態だから参加するヒマがない。」と言い切れない韓国外交はホント、カスだな。

開く コメント(2)

朝鮮半島の軍事境界線を挟んだ南北双方による砲撃で、朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、徹底した断固とした対応を改めて言明した。2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)への砲撃以来約5年ぶりの北朝鮮からの砲撃に、韓国メディアや世論は「挑発への反撃」を声高に主張するなど、緊迫感が高まりつつある。

砲撃から一夜明けた21日、韓国紙は「地雷埋設に砲撃までした北朝鮮は許せない」(京郷新聞)、「北の挑発の習性に終止符を打つべきだ」(朝鮮日報)、「容赦なく対応する断固たる姿勢を」(東亜日報)などと、多くが北朝鮮による砲撃を非難し、挑発への応戦を訴えた。

「国民の不便や犠牲を覚悟してでも対応すべきだ」といった「主戦論」も飛び出す中、ソウルではこの日、上空を軍用ヘリが何機も断続的に飛行するなど、米韓連合軍の警戒態勢は確実に強まっている。

韓国が今回、北朝鮮の砲撃に特に神経をとがらせているのは、これまでのような離島や海への攻撃ではなく、内陸の中西部前線への砲撃を敢行したためだ。さらに、砲撃現場の前線の比較的近くには在韓米軍基地がある。北朝鮮はこれを知った上で砲撃を加えた。対北宣伝放送をやめさせるための北朝鮮による挑発行動としては、以前に比べて相当に大胆とも言える。

韓国世論には、10年の韓国哨戒艦撃沈や延坪島砲撃など、北朝鮮から一方的に攻撃されてきたとの不満も強く、「徹底的に対応しろ」との声は以前にも増して強まっている。

朴大統領は21日、全ての日程を取り消し、北朝鮮への対応に専念。韓国メディアによれば、大統領府は「事態を軽く見ていない」と強調。朴大統領は、砲撃があった前線の部隊を指揮する第3野戦軍司令部を訪れ、北朝鮮に応戦した指揮官の判断を評価した。

世論調査会社、韓国ギャラップによると、朴大統領の支持率は砲撃の直前で34%(不支持56%)と相変わらず低い。しかし、北朝鮮の砲撃で韓国社会に不安が広がる中、朴政権が強硬姿勢を示せば支持率上昇につながる可能性がある。

朝鮮戦争は歴史的にアメリカと旧ソ連間の代理戦争なので、日本は堂々と高見の見物をすれば良いが、韓国の拡声器を使った攻撃は稚拙極まりないし、そんなものに過剰に反応する北朝鮮も傍から見れば実に滑稽だ。

北朝鮮を崩壊させたければ、拡声器を使って民主主義云々といった小難しい話をするより効果的な方法がある。

北朝鮮人の弱点は食糧が満足に得られてないことだから、拡声器を使って民主主義云々といった小難しい話をされても空腹状態であるが故、頭に入らないことは明白だ。従ってグルメ番組を流した方が絶大な効果が期待出来る。

日本の「キューピー3分クッキング」みたいな番組でも良いが、最も効果が期待出来るのはアメリカのBBQの王様と言われているスティーブン・ライクレンによるアメリカン・バーベキューの調理方法を伝授する番組だろう。BBQの調理方法など日本人にとってはどうでも良い話であるが、北朝鮮を崩壊させる効果はミサイル攻撃や拡声器によるアピールを遥かに凌ぐのではないだろうか。

開く コメント(4)

そんなこと考えるヒマがあるのだろうか・・・民主党のバカさ加減にますます拍車がかかっているようだ。
11月に浜松市で開かれる今年のゆるキャラグランプリに、民主党のキャラクター「民主くん」が出場することになった。17日から開始された人気投票では、自治体などの「ご当地キャラ」と並び、異例の政党キャラクターとして「政治を変える!」と必死のアピールを展開している。

民主くんは、上下に赤い円が重なる党ロゴマークをモチーフに、2007年に誕生。党有志が制作した非公認キャラクターだったが、今回初めて公認を得て出場した。

党関係者は「選挙権年齢を引き下げる18歳選挙権をにらみ、若者への支持拡大を期待したい」と意気込む。投票初日の17日は約1700体中400位以内につけた。党勢回復が遅れる民主党だが、キャラクターの支持率が本体を追い抜く可能性もありそうだ。

地方自治体が「くまモン」といったご当地キャラで地域を活性化するのは良いが、選挙で勝つことを目的に国政政党がキャラで選挙民を釣るのは邪道極まりない。

結局のところ自民党とマトモな政策論争をしても勝ち目が無いから、こんなバカげたキャラを拵えて選挙で勝とうという魂胆なのだろう。こんな稚拙な手口を駆使して選挙に勝とうとすること自体、民主党が国民をバカにしている何よりの証拠である。

ここ最近の選挙で議席を伸ばしている共産党なら、調子に乗ってゆるキャラを拵えるのは有り得ると思っていたが、公安に目をつけられている共産ですらやらない稚拙な行動を起す民主党は政界から消え去るべきだ。

開く コメント(5)

民主党が来年夏の参院選や次期衆院選に向けた準備を本格化させている。

安全保障関連法案の審議過程で安倍内閣の支持率は下落、最近の地方選では民主党への追い風も吹き始めた。反転攻勢への手応えが強まる中、岡田克也代表らは国政選挙でも積極的に候補者を擁立していく考え。ただ、「打倒自民」のカギとなる野党共闘の行方は依然見えないのが実情だ。

民主党は2日の仙台市議選や9日の埼玉県知事選などで好結果を残しており、「最悪期は脱した」との空気が広がる。枝野幸男幹事長は17日、「国民の安倍政権に対する不信、安保法制に対する不安の流れは変わっていない」と記者団に強調した。

参院選で民主党は、選挙区14人、比例代表16人の擁立を既に内定。お盆休み返上で車座集会などを全国各地で開催し、安保法案に加え、原発再稼働や環太平洋連携協定(TPP)交渉などのテーマで政権批判を強めている。

執行部は衆参同日選挙や早期の衆院解散の可能性も排除せず、衆院選対策にも取り組む。9月に第2次公認として20〜30人、年内の3次公認で20人程度を追加。6月の1次公認と合わせ170人程度の小選挙区候補をそろえる方針。

民主党が安保関連法案に反対する理由は次のとおりである。

‘米同盟の強化より中韓に媚びている方が良いと考えている。

日本は自衛を強化する位なら中国や北朝鮮にミサイルを投下され、焦土化されれば良いと考えている。

こんな政党が次の参院選で勝利するなど絶対あってはならないことだ。
また、民主党に関して明らかになっている事として次の事項が挙げられる。

.譽ぅ轡好箸靴个隊は暴力団と繋がりがあり、民主党には有田芳生をはじめ、しばき隊とズブズブの連中がウジャウジャいる。

幹事長の枝野と革マル派がズブズブの関係にある他、元総理の野田は民団とズブズブであり、元総理の菅直人は総連とズブズブの関係である。

因みに制服向上委員会というのは民主、社民、共産に属する議員の"喜び組"みたいなもので、今後このアイドルモドキと左翼議員との不適切な関係が明らかになるのではないだろうか。

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事