HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2014年4月25日、中国の軍事情報サイト・西陸網は記事「中国の重工業はもはや無敵!沈没船引き揚げを韓国がひざまずいて懇願」を掲載した。

悲劇的な海難事故となった韓国の客船セウォル号の沈没事故。25日現在、修学旅行生325人を含む乗客476人のうち、183人が死亡。なお119人が不明となっている。事故から10日が過ぎようとしているが、不明者の捜索もまだ終了していない。船体の引き揚げについてはめどが立たない状況だ。

そうしたなか、中国にクレーン船2隻の貸し出しを要請する可能性もあると報じられている。実は中国は大型クレーン船分野で世界をリードしている。なかでも注目は振華重工が開発を進める1万2000トンもの重量を持ち上げる能力を持つ超大型クレーン船だ。タンカーを改造してクレーンを設置する作業が進められている。これほど巨大なクレーンを一般の船体に設置することは不可能と言われていたが、中国はそのチャレンジに取り組んだ。中国が大型クレーン船分野を世界的にリードしているシンボルと言えよう。

近年、中国は海洋油田の開発を強化しており、南シナ海の開発も具体化しつつある。同船は中国の海洋開発と国土主権の防衛に大きく貢献する存在となるだろう。

前にも書いた通り、この事故に関して日本は救済する筋合は無いし、韓国も反日を国是としている以上、日本の支援要請を断固拒否した。それは良いのだが、パックネは船長らを批判する前に犠牲者遺族の真ん前で、正々堂々と「私は反日を貫き通しました。あなた達だって、日本に借りを作るのは嫌でしょ。」と言うべきだった。遺族からは罵声を浴びせられるだろうが、遺族以外の韓国人からは賞賛され、支持率が下落することもなかったはずだ。

この事故における韓国の不可解な対応を挙げるとすれば、反日のタッグパートナーである中国に支援を求めなかったことだ。安重根の記念碑を建立してもらう位だから客船事故の救済も喜んでやってくれたはずである。また、韓国輿論も日本の支援要請を拒否したことよりも、中国に助けを求めなかったことに対する政府批判をするのが筋であるが、そういう声は聞こえない。韓国人の合理性ゼロの感性は日本人と相容れないことを象徴している。

開く コメント(3)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事