HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

国際問題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

オバマ大統領の広島訪問を数時間後に控えた27日午後、広島市中区の原爆ドーム前でオバマ大統領の広島訪問を反対するデモ隊と「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーらが“衝突”した。「オバマは来るな!」と語気を強めるデモ隊に、在特会が「頭のおかしい人たち」「エセ平和団体」と批判するなど、一時緊迫した状態に。20〜30人の警察官が取り囲む中、攻撃的な言い合いが約30分間続いた。

「目の前の頭のおかしい人たちにだまされないでください。オバマ大統領を歓迎しないなんて、日本人とは思えない」。デモ隊が集まる原爆ドーム前の歩道に立った女性(40)が、マイクごしに叫んだ。

デモ隊へ抗議していたのは、在特会のメンバーらでつくる市民団体「行動する保守運動」。オバマ大統領に歓迎の気持ちを示したいと、広島を訪れたという。活動に参加した広島市の男性(35)は被爆2世といい、「今日という日が、これから先の平和を見据えた第一歩になってほしい」と強調した。

謝罪が無かったとは言え、オバマが来広したことは決して悪いことではない上、オバマは核を無くすとまで発言したのである。この発言は本来ならば、保守派より左翼の連中が喜ぶべきなのだが、何故か左翼が憤慨している。これまで私は左翼のバカっぷりをブログで書き綴ってきたが、今回の左翼の抗議ほど支離滅裂なものはない。

やはり、こういうデモに参加するキチガイ連中が民進党や共産党を支持するのだろう。今からでも遅くないから民進党と共産党は潔く「デモ隊の主張を断固支持する。」と表明すべきだ。SEALDSを支持してコイツらを支持しないのでは、筋が通らないからな。

国外務省の華春瑩(フアチュンイン)副報道局長は23日の定例記者会見で、遼寧省丹東に駐在する北朝鮮外交官が2月10日未明に交通事故を起こし、中国人2人が死亡したと明らかにした。

中朝関係筋によると、外交官は北朝鮮総領事館丹東出張所の領事で、北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射(2月7日)を祝う宴席で泥酔した後、自ら車を運転していたという。

中朝関係筋によると、外交官の車が対向車線にはみ出してタクシーに衝突。タクシーの乗客と運転手が死亡した。外交官は遺族に多額の賠償金を支払い、現在も丹東で勤務を続けている。親族に朝鮮労働党の幹部がいる関係から、処罰や北朝鮮への送還を免れている可能性もあるという。

日本の外交官が同じことをやったら、中国は日本政府に厳重抗議するどころか、戦争を仕掛けてくるだろう。また、当然反日デモも中国各地で勃発する。

しかしながら、この事件に関して中国が北朝鮮に抗議したという話は全く聞かない。民主党の不祥事に対するマスゴミの対応と一緒で、お咎めなしということなのだろう。

やはり、中国と北朝鮮は表向き冷え切っているように見えるが、裏ではガッチリ握手を交わしていると考えても不思議ではない。

北朝鮮による核実験を受け政府は、日本独自の制裁強化の検討に着手した。

いったん解除した人的往来を再び禁止することなどが柱となる。国連安全保障理事会では制裁強化のための新たな決議案の協議が進行中で、政府はその内容を見極めた上で、最終判断する考えだ。

安倍晋三首相は7日の参院本会議で、「わが国独自の措置の検討を含め、北朝鮮に対して、毅然(きぜん)かつ断固たる対応を行っていく」と述べ、日本独自の制裁強化を検討する考えを強調した。

北朝鮮が日本人拉致被害者らの安否に関する再調査を開始したことに伴い、政府は2014年7月に、(1)北朝鮮籍者や当局職員の入国禁止の解除(2)人道目的に限り北朝鮮籍船舶の入港容認(3)北朝鮮への送金規制の緩和―などの措置を取った。制裁強化は、これらを再び科すことが柱となる見通しで、外務省幹部は「全てを土俵に上げて検討する」と明言した。

拉致問題を抱える中で制裁を強化すれば、日朝協議への影響は必至だ。しかし、北朝鮮の核実験を強く批判する国際社会と歩調を合わせていく必要があり、政府筋は「拉致問題があるからといって、日本だけ制裁を緩めることはできない」と語った。

制裁強化のタイミングについて、菅義偉官房長官は会見で「安保理決議の動向や北朝鮮の反応を見ながら、わが国の対応を検討したい」と説明。安保理決議の採択にあわせ実施することを示唆した。

久々のブログ更新である。今日まで更新しなかった理由としては、中国や韓国、そしてコイツらの走狗である民主党、社民党、共産党の批判をこれまで散々やってきたが、ここ最近のコイツらの動きは相変わらずで、私の過去の主張と重複する結果になることから、同じことを何度も書くのに疲れたことにある。

従って私は今回のような北朝鮮の暴発も過去に触れている。今でこそ中国は強硬な態度を演じているが、どうせ非難決議となれば棄権若しくは反対することは目に見えている。こういう茶番は過去に何度も見せられているが、マスゴミは「今度こそ中国は本気で北朝鮮に怒っている。」などと言ってるから、あまりの学習能力の無さに呆れるばかりだ。

開く トラックバック(1)

2016年の米大統領選挙で民主党からの出馬を目指すヒラリー・クリントン氏は27日、中国の習近平国家主席がニューヨークの国連本部で女性の権利に関するサミットを開催したことを、「恥知らず」だと非難した。習主席は20年前に北京で開催された国連の女性会議を記念する同サミットの共同議長を務めた。

ヒラリー氏はツイッターで、中国が女性の権利を主張する活動家を今年拘束したこと取り上げ、習主席を批判。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)のこれら活動家に関する記事へのリンクを添え、「男女同権主義者を迫害しながら、習主席が国連で女性の権利に関する会合を主催するとは恥知らずだ」とコメントした。

国際女性の日に合わせて中国で反セクハラ運動を計画していた女性らはそれぞれ、混乱を引き起こしたとして逮捕された。国連への書簡によれば、ほとんどの女性は釈放されたが、引き続き中国の法律の下で犯罪容疑者と見なされている。

中国外交当局者のリ・チュンホア氏はヒラリー・クリントン氏のコメントについてニューヨークでの記者説明会で、国内における女性の権利進展を判断するのは中国国民、特に女性だと指摘。「根拠のない主張をしたり、理解の欠如を示したりする一部の個人や団体がいる。女性の逮捕は女性の権利を守ろうとしたことではなく、法律に従わなかったことが理由だ」と述べた。

ヒラリーは民主党であるが故、基本的に日本との同盟関係を強化するよりも、中国との関係を重視するタイプなので私は評価してないが、習近平への批判は筋が通っている。

それに比べるとレンホーや辻元をはじめとする日本の女左翼のダブスタぶりには反吐が出る。中ピ連みたいな格好をして「セクハラだ!!」とバカ騒ぎする一方で、自民党の女性議員が民主党のヤツに暴行されたことについてはお咎め無しだもんな。

しかし、民主党や共産党のバカ共が、どんなに騒ごうがシリアの難民受入れ問題という観点から見てもハンガリーのように自国民を守るべきという保守的な思想がヨーロッパの大半を占めているのが現状だ。マスゴミはそういう考えを恣意的に「右派」と言っているが、私に言わせれば「常識派」である。従って、難民どころか在日特権を享受する一方で反日的な思想を持つ在日朝鮮人を批判する在特会などの団体に関しては、「殺せ」などという表現は拙いにしても、主張そのものは正論だし、橋下が言うような弱い者虐めでも何でも無いと思うのだが。

ハンガリーのセルビア国境付近で警察から逃げる移民らに足を引っ掛けて転ばせたり子どもを蹴ったりする様子を撮影され世界中のひんしゅくを買った女性カメラマンが11日、沈黙を破り「当時はパニック状態にあった」などと釈明した。

このカメラマンは本件により治安妨害容疑で刑事捜査対象となっているペトラ・ラースロー(Petra Laszlo)容疑者(40)。ラースロー容疑者はハンガリー右派系紙マジャールネムゼット(Magyar Nemzet)に送った手紙のなかで「いま映像を見たが、あれが自分だとはとても思えなかった。自分がしたことを心から悔いているし責任をとるつもりだ」と述べ、「あの時はパニック状態だった。わたしは無慈悲に子どもを蹴ったりするような人種差別主義のカメラマンではない」と訴えた。手紙はマジャールネムゼット紙のウェブサイトに掲載された。

ラースロー容疑者は10日、治安妨害の疑いで警察に身柄を拘束され、事情聴取されたのち釈放されている。

マジャールネムゼットに送った手紙でラースロー容疑者は「やっと今になって、この手紙を書けるまで正気を取り戻せた。自分がした行為と、それによるわたしへの仕打ちからショック状態にある」と訴え、当時の状況については「何百人もの移民たちが警察の規制線を突破する様子をカメラで撮影していたとき、移民の1人が突進してきて私はパニックになってしまった。大勢が突進してくるという恐怖から、わたしの頭のなかで何かがはじけた。カメラを構えていたので誰が向かってくるのか見えなかった。襲われるということしか頭になく、自分の身を守らなければと思った」と説明した。

さらにラースロー容疑者は「わたしも母親であり、とりわけ残念に思うのはこちらに走ってきたのが子どもだったことだ。あの時のわたしには、それが分からなかった。パニック状態にあるときに適切な決断をすることは難しい」と後悔の念も示した。

そのうえでラースロー容疑者は、政治的な「魔女狩り」や誹謗(ひぼう)中傷、殺害するという脅迫にさらされていると明かし、「わたしは1人の女性にすぎない。今ではパニック状態で誤った決断をしてしまった結果、幼い子どもを抱え失業した母親でもある」と訴えた。

難民に蹴りを入れたのは、明らかにやり過ぎであるが、この女の行為の動機には愛国心も理由の1つにあったと思われる。従って、全面的に非難するつもりはない。

日本国内に北朝鮮の難民が大挙押し寄せて来る場面に遭遇した場合、私もペトラ・ラースローのような行為に及ぶかも知れない。もっと身近な例で言えば、自分の家に老若男女問わず物乞いが大挙押寄せてきた場合、この女のように蹴りを入れる可能性は自分の場合、大いに有り得る。

ペトラ・ラースローを必要以上に批判するヤツは、国籍を問わず偽善者だと私は思う。

開く トラックバック(1)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事