HM保守の備忘録

共産党と組む民進党も破防法適用の対象とすべき。

韓国批判

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

韓国の戦略無き媚中。

朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国の「抗日・反ファシスト戦争勝利70周年記念式典」に出席したことついて、米国国務省の公式の反応とは裏腹に、ワシントンはかなり否定的な雰囲気だ。

マーク・トナー国務省副報道官は3日(現地時間)の定例ブリーフィングで、「地域内の他の国とどのような関係を結ぶかを決めるのは韓国の主権事項」という従来の立場を再確認した。米国務省は、これまで朴大統領の戦勝記念式典への出席を「尊重する」という態度を維持してきた。

しかし、ワシントンのあるシンクタンクの専門家は、匿名を条件に「朴大統領の戦勝式典への出席について、ワシントンの全般的な雰囲気はかなり否定的」だとし「一部では『ブルーチームにいるべき人がレッドチームにいる』とまで言っている」と伝えた。ブルーチームは「わがチーム」、レッドチームは「相手チーム」のことを指す言葉で、国防部では「味方」と「敵」の意味で使う場合もある。それほど朴大統領の戦勝記念式典への出席を深刻に受け止めているということだ。

中国の軍事パレードと関連して、トナー副報道官は「私たちは、中国が記念行事を主催する権利と権限に疑問を呈したり、挑戦したいわけではない」としながらも、「和解と癒しを強調する行事を望むという点を中国と共有してきた」と強調することで、今回の行事の“日本叩き”的な側面について、遠回しで不満を示した。ピーター・クック国防省報道官も「(パレードは)私たちのスタイルではない。米軍は世界最強だ。軍事パレードで私たちの能力を見せつける必要はない」とし、中国の武力誇示を皮肉った。

専門家の間では「中国の軍事パレードは自国民を対象にしたメッセージ」(ボニー・グラッソー戦略国際問題研究所上席研究員)という「国内向け」という見解と、「冷戦時代の時代錯誤的な印象を受けた」(スコット・スナイダー米国外交協会上席研究員)という批判的な見解に、見方が分かれた。

中国による歴史を歪曲した記念式典に出席した国は韓国を除き、全て戦略に基づくものだ。

ロシアが参加したのは、言うまでもなくアメリカに対する牽制と日本に対して「領土問題で譲歩しないぞ。」というメッセージを発信するためで、歴史認識において中国の言い分を鵜呑みにしてると思ったら大間違いである。アフリカ諸国の場合、中国からの経済支援を受けるための物乞い外交であり、中国共産党の功績に関心があるとは思えない。

結局のところ中国に媚びることだけを目的に、この式典に参加したのは韓国だけである。その韓国と同じ行動を謀ったのがキチガイ左翼の村山だ。どうせなら村山は自分だけでなく、SEALDSの連中も連れてって中国にそのまま亡命すべきだったな。

開く コメント(2)

韓国の民間調査機関「韓国ギャラップ」が4日公表した世論調査(1〜3日実施)によると、朴槿恵大統領の職務遂行を肯定的に評価するという回答は、前週の調査に比べ5ポイント増加し、54%に達した。

2014年4月の旅客船セウォル号沈没事故以降、支持率が50%を超えたのは初めて。

肯定的に評価した回答者のうち、36%が北朝鮮・安保政策、17%が外交・国際関係をそれぞれ理由に挙げており、朴大統領の訪中が評価されたとみられるという。

朴大統領の支持率は8月25日の南北高官会談での合意発表後に急上昇し、先週の調査では今年最高の49%を記録した。

支持率上昇の理由は、北朝鮮に強硬な姿勢で臨んだことにあるが、日本の悪口を言ったり、北朝鮮に強気に出た程度の理由で支持率が急上昇するんだから、安倍総理をはじめ世界各国の代表は、韓国の大統領はバカでも務まると思っているのだろう。

日本の総理が中国の軍拡を批判したら、左翼マスゴミやSEALDS、制服向上委員会といった民主党など左翼政党の喜び組が、寄って集って「右翼だ、タカ派だ。」と発狂して支持率が下がる。かと言ってアメリカを批判すれば左翼は支持に回るのかというと、沖縄の左翼以外が支持に転ずることはない。

この事実から、やはり日本の野党連中は全員、韓国に亡命した方が良い。安倍の悪口を言えば言うほど韓国人は大喜びするし、バカの一つ覚えの反日的言動さえしてれば、安泰な老後が過ごせるから今の韓国は左翼にとって、まさに「地上の楽園」である。

開く コメント(7)

リオデジャネイロ五輪出場権を懸けたバレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会は31日、仙台市体育館(宮城)などで第7日が行われ、世界ランク4位の日本は同10位の韓国と対戦した。25―17、26―24、25―17でストレート勝ちし5連勝。通算6勝1敗で勝ち点を「18」に積み上げ2位に浮上した。首位のロシアはセルビアにフルセットで敗れて初黒星を喫し首位から陥落。2位米国が首位に立った。

日本はアジア最大のライバル、韓国と激突。ロンドン五輪の銅メダルマッチでも対戦した相手には最近5連勝しているが、“100年に1人の逸材”と言われる世界的なエース・金軟景(キム・ヨンギョン)を擁する難敵を警戒した。試合前に古賀が「スタートからバンバン攻めたい」と話すなど、日本選手は並々ならぬ決意で臨んだ。

第1セットは長岡、木村、古賀、島村、宮下、大竹が先発。序盤から宮下のサーブポイントなどで先行してリズムをつくった。日本がリードする展開も韓国は192センチの金軟景が強烈なバックアタックを決め盛り返す。だが19―16と徐々に詰められてきた日本はサウスポーエースの長岡のアタックなどで5連続ポイントを奪い、そのまま25―17で第1セットを先取した。

第2セットは壮絶な点の取り合い。12―12からは3連続ポイントを許すも、日本は点差を縮めていき大竹のサーブで18―18と追いつく。そして山口のブロックで逆転した。粘る韓国に再びリードを許すが、24―24のデュースからエース木村のアタックなどで連続ポイントを挙げ韓国を振り切った。

第3セットは序盤から古賀や木村のアタックでポイントを稼ぎ韓国との差を広げた。中盤以降は長岡のサーブポイントとバックアタック、そして山口のブロック&アタックなどで効果的に加点。終盤韓国の攻撃に耐えて25―17でストレート勝ちを決めた。

韓国は五輪出場ではなく、日本を倒すことしか考えてなかったに違いないが、ストレート負けを喫した以上、明日は大規模な反日デモが予想される。

その時には是非とも「日韓断交」を激しく主張してくれ。それと野党のバカ共はSEALDSみたいなクソ左翼に媚を売るヒマがあったら、韓国に行って今日の日本勝利に関する遺憾の意を表明し、そのまま亡命しろ。オマエらの存在自体、日本にとって害悪以外の何物でもないからな。

開く コメント(1)

韓国大統領府は20日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が9月2〜4日に訪中し、北京で3日に開かれる「抗日戦争勝利70周年記念行事」に出席すると明らかにした。米国と中国の間で「二股外交」を続けてきた朴氏だが、習近平政権の恫喝まがいの出席要求を拒否できなかったようだ。

朴氏の出席をめぐっては、米国が事実上出席を見合わせるよう求めた一方、中国共産党機関紙、人民日報系「環球時報」(電子版)は社説で「朴氏が最終的にどのような判断を下すかによって、中国の民衆の受け止め方も違ってくるだろう」などと“圧力”をかけていた。

「最大の貿易相手国」である中国との関係を重視した朴氏だが、メーンイベントである軍事パレードへの参加は「検討中」としている。

韓国は朝鮮戦争の再開を宣言し、中国とアメリカに対し「韓国側につくのか北朝鮮の側につくのか明確な意志表示をしろ。」位のことを言うかと思っていたが、結局のところ政府も国民も「反日」であること以外に明確な政治スタンスが無いから、このような発想に至らず中国とアメリカの顔色を窺うだけのクソバカ外交に終始するのである。

中国も天津の爆破事故の後始末が出来てないくせに軍事パレードなどやってる場合かと思うのだが、そんな誘いを「北朝鮮が何をしでかすか分からない状態だから参加するヒマがない。」と言い切れない韓国外交はホント、カスだな。

開く コメント(2)

焼身パフォーマンス。

ソウルの日本大使館前で12日、男性が液体を自分の体にかけて火を付けた。

韓国警察によると、韓国南西部・光州市出身の高齢男性で、手や顔などにやけどを負っているという。同大使館前ではこの日、元慰安婦を支援する市民団体が毎週水曜日の昼に開催している集会が行われていた。

いくら反日一辺倒の韓国とは言え、目立つために自分自身に火を付ける行為は尋常ではない。韓国人=火病であることが頷ける。

民主党のバカ共は、このキチガイジジイの行為を安倍政権批判に利用し、安保関連法案反対運動や、戦後70年談話に関して自虐的な談話を公表するよう強要するだろうが、そんなヒマがあったら、焼身パフォーマンスを敢行したジジイの見舞いに行ってやれ。そして二度と日本に帰って来るな。

開く コメント(4)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事