全体表示

[ リスト ]

08年度の選手年鑑を見つけたので早速購入して眺めてみました。

サンガ代表として表紙を飾るのは柳沢・・・凄くどうでも良いですが、最近雑誌のインタビューでもなんでも柳沢とか森岡とかばっかりで、ちょっと複雑な感じです。そりゃ、サンガに加入した選手ですが、まだサンガの選手って感じじゃないじゃないですか。森岡は昨シーズンキャプテンも務めたりしたのでまだ納得できますが、柳沢はねぇ。まあ、知名度はチーム一でしょうけど、普通に考えればファンの心裡からすれば斉藤大介とか、平井直人とか、パウリーニョとか・・・サッカーダイジェスト編集部もわかってないなぁ、と少し思いました。

まあ、それはおいといて、今日は名鑑を眺めながら寸評で今シーズンへの期待と不安を少し書きたいと思います。こんなの、サンガファンなら言われるまでもないことでしょうし、サンガファンじゃなければ興味も全然ないでしょうけど、まあ、このブログは独り言なので(笑)

まず、チーム全体を見て思うのは・・・イマイチ、サンガって言う感じがしないなあ。数えてみたら、プロとしてのキャリアをサンガではじめた選手か、移籍してきて5シーズン以上サンガにいる選手が全部でルーキーを除いて9人しかいない。まあ、パウリーニョはサンガの選手って言う感じがするので3シーズンしか在籍していないですが入れていい気もしますが、それにしたって10人。多くはない気がします。

ポジション別に寸評を加えていくと

GK
1.平井直人・・・反射神経だけなら日本代表級のサンガの守護神。その代わり判断力の無さも驚異的で、どんな適当なクロスでも思わず目を閉じ耳を塞ぎたくなります。まあ、最近だいぶマシになりましたが。でも、サンガ一筋で若いときから見ているせいか、ぽかをやっても許せるんですよね。昔松永がミスを連発していたときはサッカーやめろと思いましたが。この辺が、生え抜きが得なところかもしれません。
21.水谷雄一・・・サポーターに中指突き立てたり唾はいたりするようなやつはサンガにはふさわしくないと思う。しかも、10代のころとかならともかく、もう27だろ・・・あの亀田でさえ「客にはせえへん」と言っているのに。たとえ相手チームのサポーターであっても絶対にやっちゃいけないことだと思う。フロントも、西村出してこんなやつとってくるなんて何考えてるのか理解に苦しむ。
33.上野秀章・・・ハイボールの処理だけなら平井よりはるかに上。ただ、やっぱりインパクトの点で平井の方がサンガの守護神!って感じなんだよなぁ。素材自体はいずれ代表も狙えるレベルだと思うのはサポーターの欲目かな。

DF
3.シジクレイ・・・ホントお帰りって感じですね。前にサンガでプレーしたときも良い選手だなぁ、と思って、1年で放出したのを勿体ないと思いましたが、強豪ガンバの中心選手になるとは。こういう選手を簡単に放出してしまうあたり、フロントの見る目の無さが浮き彫りに。ストロングタイプのCBは意外とサンガにいないので、この補強はヒットかもしれません。
4.中谷勇介・・・攻守にハイレベルな左SB。去年は苦しい台所事情に合わせてなんとFWでもプレーしていて目を疑いましたが。名古屋時代から良い選手だと思っていましたが、まさかサンガの選手になるとは・・・個人的には駒野なんかにも引けをとらないと思います。
5.手島和希・・・サンガの最終ラインと言えばこの人。読みの鋭さと俊足を生かしたカバーリング能力はワールドユース準優勝で実証済。守備もクリーンで、去年の愛媛戦みたいなアクシデントがなければまず退場なんかもしない計算できる選手。ただ、4バックのセンターとしてはちょっと人の強さに不安が残るのも事実。今年出番があるのか気になるところですが、やっぱり、サンガの準生え抜きの選手なので頑張ってほしいです。まあ、一番は怪我なく一年を過ごして欲しいですが・・・
6.森岡隆三・・・なんか、いろんな雑誌でサンガの顔、みたいに書かれていますが、個人的には納得がいかない。まあ、確か最初に見た試合がビハインドの状況で攻撃力のある大剛が交代要員でタッチに来ているのにつまらない報復行為で退場になった試合だったので、それが尾を引いているのかもしれませんが。ベテランのやることじゃないですよね。彼も4バックのセンターにはあまり向いていないタイプだと思うので、森岡を使うくらいなら手島を使って欲しいと思う僕は排他的サンガファンなんだろうか・・・
19.登尾顕徳・・・荒削りだけど潜在能力に期待を持たせるパワータイプのCB。今季に期待と思っていたらレンタル移籍しちまったぜ・・・
20.平島崇・・・なんだろうなぁ、イマイチ印象にないんですよねえ。結構見に行った試合で出ていたはずなんですが。SBで印象にないって言うことはおそらく無難にプレーしていたということだと思うので、悪い選手ではないんでしょうけどね。
23.大久保裕樹・・・はじめてアジアユースで見た時は、そのフィジカルの強さと強気なプレースタイルになかなか好印象を受けました。そしたらサンガに来てびっくり。まだ波はありますが、勢いに乗った時の攻撃参加はもの凄い迫力ありますからね。守れといわれれば守れる、攻めろといわれれば攻められる選手ですが、もうちょっとバランス良く判断できればいいんだけどね。
24.増島竜也・・・高校選手権やワールドユースで見て、ああ、良い選手だなと思いましたが、端で見ている感じではブレイクし切れていない感じですね。勿体ない。サンガで開花してくれることを祈りたいですが、その余裕があるのかなぁ。
26.角田誠・・・かつて若き日本のカンナバーロと呼ばれた逸材。ワールドユースのイングランド戦で全く角田を突破できなかった相手の監督がフォーメーションを変えたという逸話も残っています。ただ、身体能力は高いんですが、プレーが少々正直すぎるんですよね。だから狡猾にファウルをとられたり、逆に空中戦でバランスを崩されたり。ただ、そこがカワイイところなんですよね(笑)この辺の評価が甘くなるのは、黄金時代を支えたメイド・イン・サンガの選手だからなんだろうなあ。

・・・書いていたら1回の日記に収まらなくなったのでMF以降はその2で。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事