全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

夏休み家族旅行!

去年の夏休みに家族で旅行してからすっかり虜になってしまった【式根島】。
 
今年もまた2泊3日で行ってきました♪
 
東京竹芝からジェット船で約2時間半くらい。
 
初日は残念ながら曇りでしたが、2日目、3日目は猛暑になりました。
 
天気がいいのは嬉しいけど、ちょっと猛暑過ぎ・・・。
 
まぁ、贅沢言ってはいけませんね(^_^;
 
初日は【石白川海水浴場】へ。
 
曇っていたせいか?海水が濁っていて海藻類がぷかぷか・・・。
 
子供達は喜んでいましたが、私はちょっと泳いですぐ、砂浜へ避難。
 
やっぱり海水欲は、カンカン照りの中、透明な海じゃなくっちゃ!
 
ということで、初日は2時半頃まで海水浴を楽しんだ後、のんびり宿で過ごしました。
 
さて2日目。
 
この日は、電動アシスト付自転車を4台借りて別の海水浴場へ!
 
小学校4年生になる娘達は、もう24インチの自転車に乗れるので助かります♪
 
レンタル料1日2000円の価値ありです!!
 
2000円 x 4人 = 8000円 (T▽T)/~
 
旅行は金がかかるねぇ・・・。
 
それでも、去年は普通の自転車借りて猛暑の中、坂道の多い式根島で死にそうな思いをしたので、レンタルして大正解でした♪
 
電動アシスト付自転車に感動しながら、急な坂道もスイスイ登り、午前中は【中の浦海水浴場】へ。
 
ここにはお魚がたっくさんいました。
 
海の透明度も良かったです♪
 
ただね・・・小さなクラゲがチラホラと。
 
お魚もいたけど、クラゲもいてかなりビビリました。。。
 
さされると痛いからねぇ。
 
しかもここで大事件が!!
 
ラッシュガードのポケットに携帯を入れたまま・・・泳いじゃった私。(TmT)
 
携帯死んでしまいました。
 
まぁ、携帯使えなくてもさほど困りませんが、やっぱりデータが消えてしまったのが一番のショック。
 
仕方ないので、暑中お見舞いはがきで『携帯水没のため、連絡先メールして♪』とみんなに送ろうかと思います。
 
さて、次女が『クラゲが!クラゲが!!』と大騒ぎするので、午後は【泊海水浴場】へ移動しました。(笑)
 
結果的にここが一番でしたね〜〜〜。
 
去年もここが一番綺麗だと思ったけど、今回はもっと実感できました。
 
遊泳禁止区域ギリギリまで行って、透明なエメラルドグリーの海の中をシュノーケルで満喫。
 
天気が良かったので、海底に日の光がキラキラ反射して、なんともいえない世界が広がっていました♪
 
クラゲもいなくて快適!!
 
お魚は【中の浦】よりは少なかったけど、まるで水族館の中を泳いでいるような、そんな綺麗な海でした♪
 
観光協会の写真↓↓↓
イメージ 1
 
携帯がね・・・水没してしまったのでね。
 
画像がないのですよ。(T▽T)/
 
この写真の通りの綺麗な海でした〜〜〜。
 
そして最終日。
 
海水浴は満喫したので、午前中は釣りに行きました。
 
足がないので、宿から歩いていける距離にある式根港へ。
 
海の底まで見えるくらいの透明度!!
 
すっごく綺麗な海でした。
 
だけど暑すぎるのか??大物は現れずで。。。
 
それでも縞あじ1匹と、食べられない綺麗なお魚4〜5匹釣れました♪
 
もちろん、キャッチ&リリースで。(^m^)b
 
とっても楽しい3日間でした。
 
家族旅行は、家族同士の心の距離を縮める絶好の機会ですね!!!
 
3日間、お父さんとお母さんとずっと一緒に居られて、娘達は大満足だったようです。
 
普段甘えられないお父さんに、思いっきり甘えちゃって。(笑)
 
お父さんも、普段見せないくらい優しいお父さんになっていました。(爆)
 
娘達に甘えられて嬉しかったのでしょうね〜〜。
 
そして宿一部屋で家族4人川の字で寝る。
 
これ、ものすごくいいですね!!
 
普段はバラバラに自分達の部屋で過ごして会話も少ないけど、一部屋だけだから、一緒にテレビ観て笑って。
 
明日はどこに行こう?なんて会話も弾むし。
 
とってもよい家族旅行でした〜〜。(*^_^*)
 
また来年も家族みんなで【式根島】へ行けます様に。。。

自我の発達

先日 『「未熟な夫」どうどうつきあうの?』 という本を読んでから精神が未熟ってどういうこと?という疑問が浮かんできました。
 
なのでネットで早速調べてみました!!
 
私が求めていた答え、見つけましたよ〜。
 
「専門家プロファイル」パーソナルコーチ阿妻 靖史氏の記事です。
 
(1部抜粋します)
 
人間の自我の発達は4段階で進むと考えられているそうです。
 
第1段階・・・初期の自我
 
いわゆる「イヤイヤ期」「反抗期」の頃に芽生える自我。
2歳頃になると、自分の意思が出てくる。
やりたいことを主張したり、それができないと泣いたり、自己主張が始まる。
これが、初期の自我。
まだ自分のことしか分かりません。
他人の立場を理解できるわけではない。
 
第2段階・・・中期の自我
 
自分の思い通りになんでもできるわけではない、ということを学び始めた段階。
分かりやすく言うと、他人の顔色をうかがうようになる、ということ。
「怒られなければ何をしてもいい」「見つからなければ何をしてもいい」というルールが特徴的。
 
第3段階・・・後期の自我
 
相手の顔色をうかがうのではなく、自分の中に行動の規範、やっていいこととダメなことが内在化された状態。
つまり精神的に「自立した」「ひとり立ちした」段階。
但し自分の基準を、他人にも強制したくなり、他人を許したり、受け入れたりすることが、まだ難しい段階。
 
第4段階・・・成熟した自我
 
本来のありたい自分と、社会に合わせて作ってきた仮面の自分が、統合されて、自分の意思で、社会に合わせた行動を取ることも出来るし、自分の責任で、あえて自分の主張を通すこともできるようになった状態。
自立を超えて、「人を育てる段階」に至ったと言える段階。
 
そして人間関係でトラブルが多い人というのは、第2段階から精神的に成長していない大人に多いそうです。
 
なるほど〜〜〜〜でした。
 
そしてね、相手に成長して欲しいと思ったら、まずは自分が成長することだそうです。
 
第4段階の「成熟した自我」ですね。
 
ここまで自分が成長することができれば、「人を育てる」ことができるのだそう。
 
だから相手を変えたいと思ったら、まずは自分が変わらないとと言われる所以なんですね〜〜。
 
求めていた答えを見つけることができて、スッキリ〜〜♪♪
 
ちなみに結婚当初、私も旦那も精神的には第2段階だったと思います。
 
そして子供が生まれ子育てしていくうちに、私は子供に親として育てられ第3段階まで成長できたと思います。
 
旦那は第2段階のまま。(笑)
 
そして2年前の出来事を乗り越えることで、私は第4段階まで成長できたんじゃないかなと思います。
 
旦那は今ようやく第2段階から第3段階へ、成長している真っ最中といった感じ。
 
理性が働いている時は第3段階なんだけど、お酒が入ると第2段階に戻るみたいな。(笑)
 
記事の最後はこう締めくくられていました。
 
「いい歳になってまだ中期の自我(他人の顔色をうかがっている段階)の人の成長をうながそうという場合、子供をひとり育てるような、相当の根気が必要です。そこまでする覚悟を決められるかどうか。それが一番始めに必要な決断かもしれませんね。」
 
何事も根気が必要なんですね〜〜。
 
勉強になりました!!
イメージ 1
 
〜説明文〜
 
【講演会などで「未熟な夫」という言葉を口にすると、間違いなくドッと沸きます。男性の聴衆ですらいささか顔をゆがませながら笑います。
 
みんな「そうだよね…」と未熟な誰かを思い浮かべているのです。
 
似たもの夫婦。
 
未熟もお互い様であるはずなに、なぜか「夫たちの未熟」ばかりが目立つ時代です。
 
少なくとも、カウンセリングルームから垣間見える家庭の中の男たちは、大半が「未熟な夫」。
 
他方で妻たちの多くは「大人になろう」としてひたむきに歩んでいます。妻も夫もよい人生であってほしい。
 
「未熟な夫」を嘆くのではなく、男も女もより心地よい日々生きられるようになってほしい。
 
本書に込めた祈りです。】 〜Amazonより〜
 
 
すっごく面白そうな本を見つけました♪
 
これ、今の私にピッタリの本じゃないかしら〜。(笑)

日本という国には、未熟な夫がとても多いそうです。
 
そんな未熟な夫をどう成長させていけば幸せな夫婦になれるのか?というヒントが書いてあるそうです。(^m^)b
 
気になる目次は・・・
 
 
プロローグ 「成長しない夫」に困っているあなたへ
 
第一章 子どもより手がかかる!「未熟な夫」たち
 
第二章 「仕事能力」と「家庭能力」、どちらが大事?
 
第三章 ここまでアピールしないと、夫には伝わらない!
 
第四章 「未熟な夫」に振り回されない対処法
 
第五章 二人の関係を変えるコミュニケーション
 
第六章 夫に満たされなくても幸せになる方法
 
エピローグ 人はみな独り、だからこそ触れ合いたい
 
 
まだ第一章を読み始めたばかり。
 
読み終わったら感想アップしたいと思います♪♪
 
いやぁ、楽しみ楽しみ。(笑)
♪゚+.ゎィ(((*´'∀')从('∀'`*)))ゎィ.+゚♪
 
 
【追記】
 
本読み終えました〜。
 
さくさく読める本でしたね♪
 
うんうん、その通り!と思わずうなずいてしまったのは
 
男性たちは、反省が苦手です。
 
男の沽券とやらにかかわると思うのでしょう、「これまでの俺は間違っていた」と認めるのが苦手です。
 
新しい価値観や感覚を受け入れるのも苦手で、「これまでのやり方」や「体験の中で培った価値観」にこだわり、しがみつきます。
 
すなわち男性一般に「柔軟な意識改革や成長」を拒む傾向が強いのです。
 
妙〜〜〜に納得してしまいました!!!
 
一方女性は必要に迫られて問題に向かい合わざるを得ないので、生きる年月に比例するかのように成長を重ねるそうです。
 
だから夫婦を長く続けていると、だんだん妻と夫で精神年齢に差が出てきてしまうのですね〜〜。
 
男性が反省して成長をしようとする場合には、よっぽどの出来事がない限りめったにないそうです。
 
なので男性とはそういうものだと理解しておくと、心に余裕を持って夫と接することができるようになるということのようです。(笑)
 
ここでのポイントは、妻がしっかり自立心を持つことだそう。
 
いざとなったら独りでも生きていけるという強さを、心に持つことだと書いてありました。
 
夫に依存しているままでは、本音が言えないからだそうです。
 
本音が言えるようになると、夫も変わってくるそうです。
 
これ、よくわかります。
 
2年近く前、私が【離婚】を覚悟した時から、夫が変わって来ました。
 
本気で【離婚】を覚悟すると、夫が怖くなくなるんです。
 
本音もバンバン言えるようになりました。
 
だけど本音は言うけど、決して夫を貶めたり責めたりする言動はしません。
 
ただひたすら、自分の感じたとおりの気持ちを伝え続けてきました。
 
嫌な時は嫌、悲しい時は悲しい、辛い時は辛い、嬉しい時はうれしい、楽しい時は楽しい
 
夫に理解してもらおうなんて上から目線でもなく、ただただ伝え続けました。
 
そして夫もずいぶん成長してくれました。(笑)
 
以前の夫は、娘達より手のかかる大きい子供でした。
 
今は娘達のお父さんっぽいところまで変わりましたね〜。
 
「お父さんっぽい」ってところが、なんとなくニュアンス伝わるかしら。(笑)
 
まだまだ未熟なところがあるけど、それなりに子供っぽい性格から成長してくれたって感じです。
 
男性が書いた本だったので、男性心理がよくわかってとっても面白い本でした!

くまもん弁当

今日は双子が校外学習の為、お弁当でした。
 
私が作れる数少ない(笑)キャラ弁の【くまもん】弁当作りましたよ〜〜〜。
 
イメージ 1
 
カニカマ丸く切ることが出来ず断念。。。
 
だけど、双子には好評でした♪
 
ただこの猛暑・・・きっと食べる頃にはチーズドロドロかと。(^_^;
 
ま、お腹に入ってしまえば一緒か〜。(笑)
 
熱中症に気をつけて行ってらっしゃい!!

家族会議

昨日、我が家では第二回目の『家族会議』をしました。
 
一回目は3ヵ月くらい前だったかな。
 
家族みんなで『我が家のルール』作りました。
 
個人のことに関しては自己責任でいい。
 
だけど家族みんなの問題点は、きちんと話し合わないとストレスになっちゃうから。
 
っていうか、問題が発生すると全部お母さんが負担することに。
 
なので私のための家族会議だったりします。(笑)
 
そのルールがね、どうもうまく機能していなくて。
 
特に問題点は2箇所。
 
①おやつのゴミをゴミ箱に捨てる。
 
②お風呂に入る時間
 
です。
 
前回決めた時から、①が全然守られていませんでした。
 
私が帰宅するとリビングのあちこちにおやつゴミが。
 
毎回「ゴミはきちんとゴミ箱に捨てる!」というのにいい加減疲れてしまいました。
 
子供達が寝た後、結局私がゴミを拾って捨てたりね・・・。
 
私が何度話しても改善されないので、再度家族会議で話し合うことにしました。
 
お父さんがいると、子供達も良い子になります。(笑)
 
結局、今までのルールは「ゴミは必ずゴミ箱に捨てる」となっていて、この「必ず」が落とし穴だったことがわかりました。
 
子供達からすれば、とりあえずここに置いておいて後で捨てるつもりってことみたいで。
 
で、捨てるの忘れちゃった〜となっていたらしい。
 
そこでお父さん「ゴミはすぐにゴミ箱に捨てる」に変更しろって。
 
さすがお父さん、子供達もすぐに「は〜い」といいお返事でした。
 
さて②ですが。
 
我が家は二世帯住宅で1階にはおじいさんとおばあさんが住んでいます。
 
玄関とお風呂が共同です。
 
お風呂については、おじいさんおばあさんの希望で、私たち家族が先に入ることになっています。
 
なので子供達がいつまでもお風呂に入らないでグダグダしていると、おじいさんとおばあさんがお風呂に入る時間が遅くなってしまうんです。
 
今までは「テレビはお風呂に入ってから」というルールでした。
 
最初の頃は、テレビ観たさにさっさとお風呂に入っていました。
 
でも最近は、テレビを見るより自分の部屋で漫画や本を読んだり、絵を描いたりして遊んでることが多くて。
 
(ちなみに我が家ではまだDS等のゲームやスマホは与えていません。)
 
子供達曰く「テレビ観てないんだから、別にお風呂は後でもいいでしょ。」って。
 
何度「一緒に住んでいるんだから、おじいさんおばあさんのことも考えて行動しなさい。」と話してもダメで。
 
ルール破ってないと開き直る始末。
 
なので、ここはやっぱりお父さんの出番です。(笑)
 
お父さんの前では素直な子に変身するので、自分達から「おじいちゃんとおばあちゃんが遅くなっちゃうから、6時までにお風呂に入るってルールにすればいいんじゃない?」だって。(笑)
 
それ、私が言い続けてきたことだから〜〜〜。
 
まぁ、自分達でお父さんの前で宣言したんだから、これからはきちんとルール守ってもらいましょう!!
 
さて、ルールを破った時のペナルティですが・・・。
 
今までは「食器の後片付けをする」となっていました。
 
だけど、今月から我が家では自分の食器は自分で洗うルールが追加になったので、このペナルティも機能していなくて。
 
子供達に何が一番悲しいか聞いてみたら「ドラえもんとクレヨンしんちゃんが観れないのが悲しい」と言うので、ルールを破ったら、ドラえもんとクレヨンしんちゃんが1回観れないというペナルティに変更しました。(笑)
 
もちろん録画してあれば、録画も削除!!
 
その週のドラえもんとクレヨンしんちゃんの話が再放送かDVDにならない限り、しばらく観れないというね。
 
「そんなの嫌だ〜〜〜〜」と言っていたので、よいペナルティになったと思います。(笑)
 
さてさて、この新ルールは今日からスタート!!!
 
ちゃんと子供達がルールを意識して行動するか、楽しみです♪

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事