全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(2005)☆☆☆★★
※[913]、国内、現代、小説、犬、軍用犬、年代記

二つの犬の系統の話。二つの大きな物語の流れ。
イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる?

1943年、アリューシャン列島の無人の島に残された日本軍の軍用犬四頭を祖とする血統の物語。それは時をまたぎ、世界をまたぎ、拡散し、そして集束される。いっぽうロシアの宇宙開発においてロケットに乗せられた二頭の犬、ベルカとストレルカ。 犬の血統、広がる犬の子どもたち、孫たちの物語。ロシアの片隅で暮らす老人と、人質としてとらえられた日本のヤクザの娘と犬の物語。
ふたつの犬の系統の物語。犬の年代記、そしてロシアの老人、日本の少女を中心とした物語。ふたつと、ふたつの物語が並行して、交差して物語を進める。

好きな作家古川日出男の最新作。2005年上半期直木賞候補作。残念ながら受賞を逃す。残念?本当に残念なのか?この作品が直木賞を受賞したならば大変なことが起こる。大衆文芸であるはずの直木賞で、理解できない作品が受賞。そう、理解できないのだ。
文芸か、文学かと問われれば僅かに文芸であり、小説である本作品。自信をもって理解したといえる本読み人が何人いるのだろう。かくいうぼくも理解してない。古川日出男については以前から書いている通り、ぼくにとって「読む」ためにある。その文体と、思考パターンに身を任せる。畳み掛けるような文体。平気で嘘をつき、あたかもそれがほんとうのことであるかのように、事実と真実を混ぜ込む。

ただ正直言って本作品、冗長。とくに300ページを過ぎたあたりから、急に失速。それまでのスピード感が、ドライブ感が失せ、爽快さがなくなる。これは主観。そこが残念。もちろん、古川日出男を万人にオススメするようなことは、今回もできない、する気もない。その主観だけで評価している作家の作品として、残念ながら今回はあまり評価できない。

好きな作家の作品を読んだという感想であり、記録。

個人的には怪犬仮面とサモア人のボディガードを含む犬のエピソードが楽しい。捕らえられたヤクザの娘の不敵な態度も○。この娘、すげぇよ。

蛇足:軍用犬からか、押井守の描く「人狼-ケルベロス-」が想起された。全然重ならないのだが。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ネットの本読み人仲間の八方美人男さんが書評をあがているので、urlのっけときます。 ブログもいかが?>八方美人男さん http://www2u.biglobe.ne.jp/~BIJIN-8/fsyohyo/berca_ho.html

2005/7/21(木) 午前 8:26 すの▲ 返信する

先月ベルカを図書館で借りて読みました。私は日常、声に出して本を読むのですが、古川日出男の文体は素晴らしく気持ちが良いですよね。ハンガリー出身のアゴタ・クリストフという女流作家がいて、古川さんの本にとても似た雰囲気です。非常に良いので機会があったら読んでみてください。

2005/8/12(金) 午後 0:46 [ - ] 返信する

顔アイコン

宿題がたくさんあって、たどりつくまでに時間がかかりそうですが、ぜひ読ませていただきます。 しかし、朗読ですか。スゴイ!音の響きはどうなのでしょうね。ぼくは字面の響きしか知らないので、興味津々。

2005/8/12(金) 午後 11:40 すの▲ 返信する

顔アイコン

古川日出男作品はまだ2冊目なので評価のしようがなく、とても参考になりました。もっと作品に触れて、その世界を堪能し浸りたいと思います! 削除

2005/12/20(火) 午後 6:31 [ ましろ ] 返信する

刺激的でいいですね、この作品は。非常に興奮させられました、久々に。古川日出男に触れるのはこれが初だったんですけど、結構書いてますよね?私が好きそうな話、ありますでしょうか?こうして訊ねるのも、どうかと思うんですけどね(笑)

2006/2/23(木) 午後 0:25 かえで 返信する

顔アイコン

>カエデさん 古田日出男は、読者を選びます。それがいいか悪いかは、いい人にはいいし、万人向けでないという意味では、評価をどうすべきか悩むところです。個人的には大好きです、でも、レビューでの評価に悩みます。オススメですか、「ベルカ〜」に対する猫的アンサーと、多分作家は言わなかったけど、編集者が勝手に書いた「LOVE」が強いて言えば今、一番のオススメです。

2006/2/25(土) 午前 7:07 すの▲ 返信する

また結構苦戦しました。でも読んでよかったと思います。 私もわかろうとしないで、感じるように心がけます。

2006/2/27(月) 午前 8:43 ゆうき 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました。 うーん、直木賞って感じじゃ、ないですね、、。 勝手に呼んでますが、世界文学系です、。 削除

2006/5/13(土) 午後 10:37 [ indi-book ] 返信する

300ページからの失速というのは頷けました。ただ、私はとても面白く読みました。ところで↑であげられているアゴタ・クリストフ、私もお薦めします!「悪童日記」シリーズは最高ですよ。

2007/2/26(月) 午後 10:25 べる 返信する

顔アイコン

もう本を図書館に返却してしまったので、300ページがどこなのか定かではないのですが、ソビエト崩壊以後のくだりならば同感です。古川さんの作品は読むのにエネルギー取られます(笑)。トラックバックありがとうございました。

2007/4/17(火) 午後 10:47 智 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(20)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事