ライトノベル読書&借金減量日記

糖尿と高血圧と借金、迫り来る寿命とのたたかいの記録。

全体表示

[ リスト ]

ローダンのパターン

新兵器で新たなる分野に進出!→実は更に進んだ文明がいて、そいつらに捕まる
→ジャングル・未知の惑星(大抵の場合はジャングル)放浪
→相対的不死者たちは細胞活性装置の御蔭で休み無く動けて元気
→ミュータント(超能力者)が敵をだまして敵に変装(巻が進むと、この辺理由付けがややこしくなる)
→敵を威すとか騙すとかして新兵器奪取(そのたびに、4次元兵器→5次元兵器→6次元兵器とあがっていく)
→敵が壊滅するか、はりきりすぎて作者達の予想外に太陽系帝国が繁栄してしまった場合、リセット(文明崩壊)
→数十〜数百年経過→最初に戻る

これを50巻100話に分けて7・8回繰り返した所で、アルコン帝国の1隻の宇宙船の後押しによりローダンは、色々と策を弄し、ミュータントを仲間に引き込み、まず手始めに北方連邦(ソ連)の指導者達を透明スーツを使い捕縛、滅ぼして国際軍事裁判にかけた。
その後、中華連邦やアメリカなどの全面核戦争が始まるが、宇宙船からの介入により阻止。で、ローダン」ご一行は「それ」という精神生命体、要するに神様っぽいのに会って「細胞活性シャワー」というのを浴びる。
30年間くらい、不老不死になる。
なんやかんやで地球が落ち着いた頃、最初のラスボスである、アトランこと、アルコン帝国の1万2千年前の皇族である水晶王子が登場。ローダンを一騎打ち。ローダン勝利。アトランが仲間になる。
で、アトランはアルコン帝国のロボット摂政を説得し、アルコン帝国皇帝ゴノツァル8世に即位するが・・・

爬虫類異星人との戦い、寄生異星人との戦い、アメリカ内部でのクーデターによる地球統一、マークスとの和解、「それ」の逃亡に伴う細胞活性装置をめぐる戦い、アンドロメダ銀河の「島の王」との戦い、時間警察との戦い、第一次遺伝子危機、カピンとの戦い、大群の痴呆放射。
それら全ての試練を乗り越えた地球人類は、太陽系帝国を樹立したローダンによって、35世紀まで生き延びた。

ここまで300巻。

時に西暦3430年くらい。平行世界の独裁者、ローダン2との戦いが始まる。

で、今、目の前にある327巻の最初のページに、もう少なくとも50回は同じ展開だったはずの「ジャングル」の5文字が見えたので閉じて、しばらく放置している状態。

ああ、画像の「月面脳ネーサン」ね。姉さんじゃないぞ。
アルコン帝国のロボット摂政は巨大な生体ポジトロン脳(LSI技術が発展する前の作品です)によって、支えられていたので、地球もまねをして建造してから1500年が経過したもの。
で、このオッサンは、旧アメリカ人でローダンのお友達として地球初の月ロケットに乗っていて、ローダンが最初に作った第三勢力に加わったという縁だけで太陽系帝国の「国家元帥」になった、レジナルド=ブルね。

ゴレンジャーでいえば、キレンジャー。

ここまで読むのに11年掛かった。(うち5年間は無職により読書中断)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事