快適な空間創りをお手伝いするSO建築設計です。

世田谷の設計事務所です。新築をお考えの方へ、御質問、御相談何でも承ります。

全体表示

[ リスト ]

建築・住宅情報サイトで「住宅用防火サッシ、一斉に販売終了」との一瞬驚かせるような見出しの記事が掲載されていました。

そこで気になってその内容を読んだところ、例えばLIXIL社のトステムブランドでは、一般的なアルミサッシのデュオPGや、アルミ樹脂複合サッシのシンフォニーウッディー/マイルド等、主力製品が軒並み7月末で住宅防火戸を販売終了したとのことでした。

特に普段当事務所で携わることの多い、都区内の準防火以上の地域内の住宅で、延焼のおそれのある部分の開口部は、住宅防火戸としなければならず、以前遮炎性能の大臣認定違反で問題となったアルミ樹脂複合サッシのシンフォニーウッディー/マイルドはともかく、通常使用することの多いアルミサッシのデュオPGも使用できないとなると、実際の住宅設計にも大きな支障がでてくるので、この記事が本当なのか、確認のためLIXILに問い合わせることにしました。

LIXILからの回答としましては、住宅防火戸の販売中止製品は掲載記事のとおり(LIXLILのサイトにも販売終了商品一覧掲載)ですが、代わって8月よりアルミ樹脂複合サッシのサーモスHが、10月よりアルミサッシのサーモスSがそれぞれ販売開始、又は予定(LIXILサイトに継続販売商品一覧掲載)とのことです。

但し、開閉形式は縦すべり出し窓,横すべり出し窓,FIX窓,テラスドア等、一部に限られ、また引き違い窓もシャッター付での対応で、しかも販売されるのはアルミ樹脂複合サッシのサーモスHのみで、アルミサッシのサーモスSは引き違い窓は未対応とのことと、更に通常アルミ樹脂複合サッシでも内観木目色も選択不可で、ホワイト1色のみの対応ということ等、窓のサイズ,デザイン上、様々な制約が出てくるようです。

なお後継の新商品として販売されるサーモスは、サッシの框と複層ガラス枠を一体化することにより、より枠見付が細くシャープな形状となり、また断熱性能も向上したとのことですが、まだ製品が販売開始されてから間もないようで、仕様,価格等の内容に不明な点も多く、これから順次個別認定により住宅防火戸に対応した開閉形式のサッシも販売されることも予測されますが、しばらくは動向を注視しながら使用対応を検討していきたいと思います。
(関連記事を次回コラムに記しました)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家
(↑をクリックお願いします。別ウィンドウでhttps://house.blogmura.com/building/img/building80_15.gifの人気ランキングサイトが開きます)
のランキングサイトに参加しています。
当ブログ記事が参考になりましたらクリックお願いします。
クリックして頂けると大変励みになります!
SO建築設計HP
(※現在、新規記事より不適切投稿防止のためコメント、トラックバック共、不可の設定としております。
コメント頂ける方は恐れ入りますが、ゲストブックにお書き込み下さい)
http://x8.uijin.com/bin/ll?11164830D
アクセス解析

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事