そば粉屋で生まれたネコ(=`ェ´=)

多忙(学校の役員など)のため、更新おやすみさせていただいていますm(__)m

季節のおさんぽ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

2009.10.28付け日経新聞に

そば粉クレープ 手ごろなランチ


という記事がありました。


そば粉のクレープが人気を集めている♪という内容で

有名な「ル・ブルターニュ」さんのガレットが掲載されていましたが

平日ランチが1680円で

「フレンチ」にしては”安め”とのこと。



「ル・ブルターニュ」さんには

私も食べに行きましたが、ガレットはお腹いっぱいになるので

食事の満足感があります♪


そば粉のクレープは、そば粉さえあれば家庭でも簡単に作れて 絶対的に安上がり♪

シンプルなレシピだけに、おうちでも失敗無く

しかも自分の好きな素材をいれれば なお幸せ♪


お財布がピンチの時には、スライスハムととろけるチーズ。

ちょっぴり余裕があるときは、生ハにしてチーズもこだわってみたりして。

デザート系の甘いものもOKですが

私的にはお勧めは、しょっぱ系のものをのせて

完全なるお食事クレープにしちゃうことです。


以前ブログに載せたレシピをコピーしておきますw



そば粉のクレープ 材料 (直径20cm、10〜12枚分)


●そば粉  200g
●水    400cc
●塩      4g
●卵    1/2個
●(あれば)シードル  20cc


<具の材料>
●卵1個
●グリュイエールチーズ(なければとろけるチーズで 全然OK)
●生ハム(ロースハムでも おっけー おっけー)
●レタス
●有塩バター適量




1. 大きめのボウルに そば粉と塩を入れ、 用意した水の1/3を少しずつ注ぎ よくかき混ぜる。



   生地に粘り気が出たら 卵を混ぜ 残りの水の半分を混ぜ、さらにこねる。



2. シードルと残りの水も加え 丹念に混ぜる。
   
   生地はラップをして 一晩冷蔵庫でねかせる。



3. 熱したフライパンに薄くバターをひき、 生地を流しこんで 円形に広げる



   やや強火で焼き 生地表面が乾いたら 溶かしたバターを塗る。



4. 生地中央に卵を落とし 回りに小さく刻んだチーズを散らし 上にハムをのせる。



   チーズが溶け出し 生地に焼き色が付いたら レタスをちらし 四方を内部に包み込む。
 
   たたんだ生地の部分にバターを塗り 香ばしい香りがしたら 出来あがり。

イメージ 1

素敵な本に出会いました。

「そば」&「まねきねこ」 ・・・ このキーワードじゃ買うっきゃない!


村田エミコさん作・絵 「そばやのまねきねこ」

2ちょうめのおそばやさんは、いつもお客さんでいっぱいです。

いつもお店のかたすみでお客さんを呼んでいる、まねきねこのすずのすけ。

「そとの世界ってどんなだろう」 満月の夜、お店を飛び出して、町へ冒険にでかけます・・・。



イメージ 2


活気あふれる町並みが、版画でいきいきと表現されています。

描かれた町はまさに、私が子供時代をすごした昭和の商店街そのもの。

懐かしい思い出や匂いまでも、たくさん浮かんできます。


ストーリは単純明快で、あと味のよい絵本です。



ちなみに、すずのすけは左手を上げています。

左手はお金を招き寄せます。

2ちょうめのおそばやさんは、儲かってしょうがないわけですね♪


私もすずのすけに招かれて、本を買うようにしむけられたようです^^

今年も「保土ヶ谷宿場まつり」をご好評のうちに終了することができました。

ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

今年は2日間ともお天気に恵まれ、例年以上にたくさんの方々にご来場いただけました。

(宿場まつりの日は、晴れの確率が高いんです!^^v)


恒例になりました、「ぶっかけそば」は

今年は商店街の皆さまのご協力をいただきましたおかげで、

両日で700食楽しんでいただくことができました。


そばにゃんパパを始め、製粉所のスタッフで

朝からノンストップで蕎麦打ちをしていましたが、

たくさんの方にご来場いただきましたので

お待たせしてしまう時間帯もできてしまい申し訳ございませんでした。


皆さまに「おいしかったよ〜」と言っていただけて

そば打ちの腰の痛みも吹っ飛ぶ思いです^^;


日曜日も早くに完売になってしまいましたので

そばにゃんパパが手打ちの実演をして、楽しんでいただきました〜♪

ちいさな女の子のファンもできて、喜んでいました。

「職人さ〜ん!かっこいい♪」って言ってもらえたそうです^^



同じ商店街のはちみつ専門店「花みつ」さんの、”蕎麦はちみつ”も大好評で

こちらも早くに完売になってしまいました。


今年は、夏場の日照不足や長雨の影響で、ソバの花も咲きが悪く

蕎麦のはちみつは大変貴重です!

養蜂家でらっしゃる「花みつ」さんのご主人さまに大変なご尽力をいただきまして

ご用意していただいた貴重なはちみつでした。

宿場まつりの当日朝に、採蜜地の富山県氷見から、届けていただきました。



天王町の「ベーカリーキキ」さん特製の、そば粉入りパンも大好評!

今年も200個あっという間に完売でした。

焼きたてパンは本当においしい♪

毎年お祭りのためだけに、そば粉入りパンを快く焼いてくださる

キキさんのご主人さまにも感謝感謝です!


当日お会いしたみなさま、宿場まつりのスタッフのみなさま

蕎麦関連商品を用意してくださった花みつさま、キキさま、そばから枕のカマラードさま

本当にお世話になりました。ありがとうございました!!!

イメージ 1

来月10日(土)11日(日)に、保土ヶ谷駅周辺にて保土ヶ谷宿場まつりが開催されます。

このお祭りも、今年で20回目!

すっかり地元に定着したお祭りになりました。


毎年、そばにゃんの製粉所では、

手打ちぶっかけそばを販売して、皆様においしく楽しんでいただいていましたが

今年は商店街の皆さんの協力で、販売することになりました。

(場所がお隣に変わります)


製粉所では、例年通りそば粉の販売もお祭り価格で行う予定です。

今年は、「蕎麦殻まくら」や「そば粉のお菓子」や「蕎麦のはちみつ」なども

ご紹介できるように準備中です。


商店街では楽しい催し物が、盛りだくさんですので

お時間があれば足を運んでみてくださいね。

イメージ 1

ローソンのPOPに

「19日はシュークリームの日!(通常105円が95円)」

って書いてあったもので・・・つい。。。

「19日」 → 「じゅうくにち」 → 「しゅーくに・」 → 「シュークリーム」

・・・だそうで・・・ものすごい駄洒落@。@

でも、まんまと買ってしまいました^^;




シュークリームの語源は、フランス語です。

英語の shoe cream=靴磨きクリーム と発音が似てるって笑い話にありますが

英語には shoe cream と言う表現はありません。


正式には chou à la crème (シュ・ア・ラ・クレム)といい

「シュークリーム」は、完全なる和製英語。

フランス語の chou=キャベツ・ハクサイ・ハボタンなどの総称ですが

焼いた外生地が、キャベツに似ているから・・・と言われています。


文明開化のころの日本では、「ミルクの入ったおまんじゅう」ともいわれたそうです。



そば粉シュークリーム・・・ な〜んてレシピにも挑戦してみようかなぁ〜w

焼いた外生地が さっくりしそうでいいかも♪

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事