山口そば遊人会のブログ

山口県防府市 手打ちそば 素人そば 打ち そば打ち体験 出張そば打ち 山口手打ちそば

そば打ち

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
1月26日(土)、今年初めての定例会を開催しました。
今回は、綿利そば製粉さんの新商品、福井県丸岡産の丸抜きの40メッシュ。
丸岡産は、小粒なそばの実で、綿利さんでは、玄挽きのみだったのですが、今年から、丸抜きが出来るようになったそうです。まずは、試し打ち。
イメージ 1
写真では、わかりずらいですが、きれいな、薄い緑色をしたそば粉です。
加水は、50%近く入りましたが、とても、しっとりして、弾力があり、打ちやすいそば粉でした。
イメージ 2
お昼に試食。
イメージ 3
こしが強く、味も濃く、とても美味しい丸岡産のそば粉でした。
 
山口県の北東部、萩市中川にある「株式会社 澄川酒造場」に行ってきました。
そう、あの「東洋美人」と造られている蔵元です。
以前から超辛口+15度を飲んでいるので、行ってみたい蔵元さんでしたが、やっと念願が叶いました。
今、製造中は、山形の酒米「酒未来」をつかった、純米吟醸の東洋美人。
イメージ 1
酒未来といえば、あの「十四代」。
澄川酒造の若社長さんが接客してくださり、話をしていると、若い頃の修行先が、「十四代」を造っている高木酒造さんだったそうで、特別に酒未来をわけてもらって、製造しているそうです。
よく見れば、ラベルも十四代のラベルに似ていますよね。これは、楽しみなお酒ですね。じっくり味わってみたいです。
それにしても、「十四代」繋がりで、山口にも、いいお酒を発見できて、うれしい限りです。

中山さん来防!

宮崎の中山さんが、豊平流の総会の出席の途中、わざわざ、山口に寄ってくださいました。
去年の11月、福井であった全日本素人そば打ち名人大会のDVDを持ってきてくださり、感謝感激でした。名人戦のDVDを見て、そば打ちに励みます。
 
イメージ 1
 
その後、お馴染みの「酒膳庵 天壱」さんに行き、十四代で乾杯。
最初のお酒は、「十四代 吟撰 吟醸酒」
イメージ 2
次に頂いたのが、「十四代 槽垂れ 原酒おりがらみ」
イメージ 3
〆には、「十四代 双虹 大吟醸酒」
イメージ 4
どれもこれも、とても、美味しいお酒でした。
これだけ「十四代」を置いているお店は、ないと、中山さんも感激されていました。
 
 

蕎麦屋 しらいし

イメージ 1
北九州市小倉にある蕎麦屋さん、「しらいし」に行ってきました。
平尾台手打ちそば倶楽部の、会長さんの先生にあたる方のお店です。
お昼時に行ったので、中は、満席状態で、外でしばらく待ってからの入店です。
大将に山口から来ましたとひと声かけてから、席に着き、メニューをみて、お昼のランチメニューのもりそば定食に。
イメージ 2
 
イメージ 3
小鉢が煮豆、生海苔、大根と揚げの煮物、ごはんに汁ともりそばで1080円。
そばは、香りが豊かで、とても美味しいお蕎麦でした。
もりそば定食を食べた後、かけそばもいただきました。
イメージ 4
三つ葉と柚子がはいり、すっきりとした味のお蕎麦でした。
イメージ 5
お昼のピークが過ぎた後、ゆっくりお店の中をみると、なんだろうなというメニューが
ありました。次回の楽しみにして、お店を後にしました。
 
 蕎麦屋 しらいし
 北九州市小倉北区紺屋町4−9
 電話 093−521−2482
会員のみなさん、寒い雪の朝ですが、本年も元気でそば打ち、頑張っていきましょう。
3月にある3段位認定会まで、あともうすこしです。しっかり練習していきましょう。
1月の定例会ですが、
1月26日(土) 朝 9時〜
1月27日(日) 朝 9時〜 午後は、新年会の予定です
たくさんのご参加をお待ちしております。
本年もよろしくお願いします。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事