全体表示

[ リスト ]

2013濃茶付花月

濃茶付花月

花月之式 の始めに濃茶が付くのが濃茶付花月です。
薄茶は3服でお仕舞です。

最初の月 濃茶点前
初花
 薄茶点前前半 薄器を清めるなど
二花 茶入・薄器の置き換え 薄茶点てる 
仕舞花 薄茶点前後半 仕舞水など 濃茶の拝見

水屋で札をひいて席順を決めます。
花は亭主、月が正客、一・二・三が連客になります。
亭主は帛紗を腰に付け、点前の用意をします。
客四人は扇子を持って八畳に、 席入り

席中が定まると 亭主は踏込畳に入り、斜めに座り、迎え付けの主客総礼。
亭主は戻り、折据を前に置いて茶道口に。

客四人は揃って帛紗を腰に付ける。
上座の人が「お先に」と次礼をしたら、下座に次礼をする。
ウェーヴのように次々と四畳半に入る。

亭主は折据を右向こう左手前で回し、正客の前へ持ち出す。
茶碗を運び出し、仮置き、置き合せ。
建水を持ち出し、敷き合わせに置く。
右から立って、三歩下がって向きをかえ、右から仮座に入る。

亭主は仮座に座り正客に「折据お廻しを」。 付き花月では言います。
正客は受礼し、次客に次礼して折据から札を取り廻す。
亭主が札を取り、折据を置くと、一斉に札を見て、月・花が名乗る。
付き花月では月も名乗ります(ムダ月ではない)。

月・花は替札とり、折据が正客に納まったら月は立つ。
月が建水を持って立つと同時に、月以降の人は立って繰り上げる。

月は濃茶点前
茶碗を出したら       仮座へ。一緒に濃茶を喫する。
正客「お茶碗拝見」
月は茶碗を清め正客へ。



中水一杓
茶碗返り、取込み総礼
一度小すすぎし 茶碗すこし向うへ置き 替札持ち 仮座

初花 薄器を清め、建水のかたへ。薄茶を点る。

点前が茶杓と持ったら、正客は折据を取り廻す。
茶碗が出たら、札を開けて、月・花・松と間髪入れず名乗る。
花が仮座に座ったら、四客は折据を仮座に送る。
月は替札をとり薄茶を喫し、花は替札を持ち点前座へ。
仮座の人は花が後を通ったら、立って空いた座に座る。

二花 濃茶入と薄器 置換え (茶杓を水指に)
薄茶を点る。

茶杓で、正客は折据を取り廻す。
茶碗が出たら、月・花・松
同上

付もの花月は薄茶を3服で終ります。
三花は仕舞花です。
薄茶を点る。
茶杓で、正客は折据を角掛けに廻す。 詰 折据を点前へ

茶碗が出たら、月 松名乗る。(ムダ花)
仕舞花 客付にまわり替札を折据へ 詰 折据を取りに
居前に戻り仕舞水一杓

折据が正客に納まると、月は茶碗を返す。
取込み総礼 座替り 二上がり三下りで自席へ
仕舞花 仕舞付け 水指蓋

正客 茶入・茶杓・袋 拝見

仕舞花 茶入・茶杓・袋 出す
柄杓・蓋置:棚へ。 茶碗:勝手つきへ 薄器:棚へ荘る
建水持ち、左足で立ち三歩下り、敷合せに座り建水置き、右足から立ち自席へ

亭主 仮座から左足で立ち敷合へ。建水・茶碗ひき、水注ぐ。
正客 拝見もの取込み、すぐに拝見。

正客 折据え
末客 拝見もの返す

亭主 拝見もの取りに、総礼。
 折据を懐中し、拝見もの持ち立つ。 客いっせいに左足から立ち八畳へ。
亭主 送り礼 客 退席。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

濃茶付花月を検索していて、JUGEMブログで
「こちら↓を参考」をクリックしたら、この記事でした。
脱サラなんちゃって茶道で、自分の記録のために書いています。
間違いも多々あります。怪しいと疑って見て下さい。 sofo

2018/7/5(木) 午前 10:58 [ sof*_*yo*syuku*nn ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事