ここから本文です
そふとましんの広場
ブログのネタは無限大♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全564ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ホワイト・ドッグ

イメージ 1


B級監督と言われながら、サミュエル・フラーはアメリカ社会の偽善、欺瞞を暴き続けた偉大な映画作家だった。
本作はそんなフラーの晩年期の傑作。製作は82年。音楽はエンニオ・モリコーネ
主演はこの頃の青春スターであったクリスティ・マクニコル。



イメージ 2

犬や猫を飼っている人たちには冷や水を浴びせそうな映画であり、そういう人たちは観ていて気分が悪いと思う。しかしながら、本作のテーマは極めて重要で重い。

ホワイト・ドッグとは、黒人だけを襲うように調教された犬のこと。
幼犬の頃に麻薬中毒の黒人に毎日虐待をさせ続け、黒人に対して異様な敵意を剥き出すように調教されるのだ。



イメージ 3

ヒロインのクリスティ・マクニコル演じる新人女優ジュリーは、ある日車を運転中に誤って白いシェパード犬を轢いてしまう。
すぐに病院へ連れていき、犬は命に別状なく、引き取り手もないので彼女が自分で飼うことにする。
仕事の撮影現場にこの白いシェパード犬を連れていくと、共演相手の黒人女優に突如襲いかかる。普段は極めておとなしいのに。
犬の調教のプロのところに連れて行くと、白人の人種差別主義者に黒人攻撃犬にされた犬であることが判明し、まともになるよう調教が開始されるが・・・。



イメージ 4

イメージ 5

本作でサミュエル・フラーが投げかけるテーマはもちろん人種差別の問題もあるが、それと同時に、人間と飼い犬との関係性とは何か?・・・というものもあるだろう。
フラーはB級ゆえの予算枠で常にタブーに切り込んだ映画を作り続け、アメリカ社会を批判した。
他の多くの作品も観終わった後必ず何がしかの引っ掻き傷を残すものが多い。
何よりも偽善が無いフラーの創作姿勢は、ハリウッドの口先だけのリベラルたちの眉をひそめさせたことだろう。
それは孤高の闘争であり、真の映画作家の姿勢であると思う。



イメージ 1

イメージ 2




いろいろ文句のある御仁もいるだろうけど、要は聴きたくなきゃ聴かなけりゃいいのだ。
聴きたくないなら無理して聴く必要もない。
今さらミック・テイラー時代がどうのこうのとか、うるせ〜よ。

俺は聴いている。
ファンの務めだとか、仁義だとか、そういう事ではない。
聴き始めたらやはり全部聴いてしまうし、曲単位で聴いてもいい。




イメージ 3

聴いていてふと思った。
ストーンズは果たして「円熟」しているのだろうか?
もちろん、これは結成10年や20年のバンドの出せる音ではない。
だが、このジイサマどもは齢70をとうに超えている老人である。
俺の人生分のプロ経験がある。
普通なら円熟を通り越してフニャチンになっていてもおかしくはない。
しかしながら、この演奏は、老成しているのかもしれないが、何か乱暴な感じもする。
何か乱暴なブルースだ。
偉大なる先人たちから受け継いだブルースを真っ当に演奏しているようには思えない。
少なくともフニャチンではない。

何か、いかがわしくもある・・・。
手癖のオンパレードのようで、ある意味いい加減で・・・。
この超テキトーなジャケットが物語っているではないか。
どうしようもないわ、このジイサマどもは・・・。

というわけで、聴きながら笑ってしまうのである。


憂国

イメージ 1

イメージ 2



俺が所持しているのはアメリカ版DVDだが、その豪華な装丁に驚く。
パッケージに和紙が使われている。
それでいて日本版DVDより安い!!





イメージ 3

イメージ 4

三島由紀夫が原作・監督・主演を務めた有名な短編フィルム。
小説「憂国」をそのまま映画化したというものではなく、映像化したい部分を拡大して映像化したような趣。

台詞は一切無く、全編にワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」が流れ、能舞台を模したセットで三島由紀夫演じる武山中尉と、鶴岡淑子演じる妻の麗子が極めて様式化された性愛と死を演じる。




イメージ 5

イメージ 6

映像的には素晴らしいの一言で、これはスタッフの技術力の高さも伺える。
映像的には本当に素晴らしい。

ただ、やはり、1本の短編映画として総合的に見た時・・・やはりこれは三島の自己満足の極致ではなかろうか?とも思える。
能舞台で腹切り、自死の美学・・・嫌いな人は大嫌いだろう。

「死とエロス」は映画というものにおいて重要な要素だが、本作には三島が大きな影響を受けたジョルジュ・バタイユ的なそれが横たわっているのかもしれない。

何にせよ、俺の矮小なアタマの中身で多くは語りたくないフィルムではある。


開くトラックバック(1)

BAD FILM

イメージ 1



園子温が、自身が結成した路上パフォーマンス集団「東京ガガガ」のメンバーを出演させて撮った、2時間40分に及ぶ壮大な自主製作映画。95年から約1年間を費やして撮影されたが、途中で資金が底をついて未完のまま放り投げられていた。
その後、150時間以上の映像を編集して完成させ、2012年に公開、当初はBOXセットの一部としてだがDVD化もされた。
園子温のメジャー・デビューを2002年の『自殺サークル』とすればそれに先立つ7年前である。今は彼の8ミリ、16ミリ時代の作品もYouTube等で容易に観ることが出来るが、本作は全編がソニーの8ミリ・ビデオ上位機種だったHi-8で撮られている。
作品のテンションの高さはインディーズ時代屈指のものだ。



イメージ 2

イメージ 3

東京を舞台とし、在日外国人排斥を掲げる日本人自警団グループと、高円寺近辺を縄張りとする中国人グループの抗争を描いている。まるで今の「在特会」の登場を予見したかのようでもある。
出演者たちは監督の園子温含めて「東京ガガガ」のメンバーなので全員ほぼ素人同然。(園子温の8ミリ作品『桂子ですけど』に主演している鈴木桂子も出演)
 
手ブレしまくりのパンキッシュな映像が多いが、園子温らしい詩情を感じる映像もあり、成熟一歩手前の才気が爆発している。とにかく、猛烈なエネルギーに満ちている。
同性愛、過剰なヴァイオレンス等々、後の園子温作品に繋がる要素も既に出ている。
 


イメージ 4

イメージ 5

度肝を抜かれるのがゲリラ撮影の部分で、中央線の電車をジャックして撮影された両グループの衝突のシーン、新宿アルタ前の大乱闘シーン、街宣車による演説シーンなどなど、傍から見た人は「何が起きているのか?」と驚いたろう。今じゃ絶対に考えられない映像ではなかろうか?
観る人を選ぶ映画ではあるが、個人的には全面支持する。世に出たことを喜びたい。
 


イメージ 6
 
園子温が結成した路上パフォーマンス集団「東京ガガガ」は今考えるととんでもない事をやっており、過激な横断幕を広げて大勢で練り歩いたり、大声で騒いだり、スクランブル交差点の真ん中で寸劇を繰り広げたり、右翼の街宣車に向かって「チ○○!マ○○!」と叫んだり、そういう集団だったらしい。政治的な主張はまるでない。
 
今でこそそれなりに落ち着いているが、園子温という男は極めて危ない男だったんだと思う。突き抜けた文系野郎というか、一歩間違えば逮捕されていてもおかしくはない。パンクな寺山修司というか・・・。
年齢は俺の2つ上なのでほぼ同世代で、サブカル的趣向が映画以外の分野においても俺と似ているような気がして、下ネタ好きなところも含めて共感出来る部分は多い。好き放題なことをツイートしたりするので敵も多いが、そんな事は気にしなくてもいい。今の日本の映画界にはこのような映画作家が必要なのだ。
 

シリアナ

イメージ 1



こういう原題こそ邦題付けろよと言いたくなるが、「シリアナ」とは、「アメリカの利益にかなう中東の新しい国」を意味するワシントンのシンクタンク業界用語。余計な邦題など不要なのかもしれない。
中東諸国やアメリカの石油利権をめぐる陰謀を描いており、中国も絡む。群像劇のスタイルをとる骨太な傑作。

人脈や組織の設定が複雑で、相関図を作成しないと混乱してしまいそうな映画ではある。描写もあまり親切心は無く、説明的な台詞もナレーションもない。画面を構成するサインを注意深く見る必要がある。




イメージ 2

同時進行する話は4つ。

ジョージ・クルーニー演じるCIA工作員のバーンズは、長年イランなどで非合法活動を行ってきたが、デスクワークへと退くことを決意し、最後の活動としてとある中東の産油国における作戦に赴く。




イメージ 3

イメージ 4

とある中東の産油国の王位継承者ナシール王子は、マット・デイモン演じるエネルギー業界アナリストのウッドマンを相談役にして、自国の天然ガスの掘削権をアメリカ1国に依存せずに、中国の企業に移すことを画策する。




イメージ 5

アメリカのエネルギー関連企業であるコネックス社は、カザフスタンの掘削権を得たキリーン社と合併することなり、ジェフリー・ライト演じるワシントンの大手法律事務所に所属する弁護士のベネットはこの合併に関する調査を行う(コネックス社に有利になるよう)。




イメージ 6

コネックス社の精製施設で働いていた他の中東諸国からの出稼ぎ労働者ワシームは、2社の合併話の煽りを受けて解雇されてしまう。転職先が見つからない中、過激な思想を持つイスラム神学校の男がワシームに接近してくる





イメージ 7

日本人にはわかりにくい部分が多いが、まず、アメリカの弁護士というものは人を弁護する以外に、この映画で描かれているような調査業務まで行い、政財界のフィクサーのような役割をしているのが驚く。日本にこんな弁護士はいない。

エネルギー関連企業であるコネックス社とキリーン社の合併話には司法省の承認が不可欠であるらしく、一民間企業同士の合併といえどもお上の承認が要るのは日本の電力会社みたいなもので国策が絡むのだろう。

本作の監督・脚本はスティーブン・ギャガン。製作総指揮にはジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグが名を連ね、『トラフィック』のスタッフが再結集している。それゆえなのか、全体のタッチはソダーバーグ的。
個人的には好きなタッチなのだが、説明的ではないので相当に集中しないとストーリーにおいて行かれる。




イメージ 8

アメリカ依存脱却の理想に燃えて民主的な国づくりを唱えるものの、アメリカの画策により王位継承を邪な弟に奪われ、あげくアメリカにより爆殺されてしまうナシール王子と、失職した後にイスラム過激派に感化されて自爆テロで果てる労働者ワシームに、中東産油国の縮図を見る思いだ。観ていて痛切な思いがにじむ。

それにしても、よくぞこんな映画をアメリカが製作したものだ。
シナリオの基になったのが、元CIA工作官ロバート・ベアの『CIAは何をしていた?』という告発本。多少の脚色はあるにせよ、この映画で描かれるような事はいかにもアメリカがやりそうだ。
公開からもう12年経過しているが、根本は今も何も変わってはいないだろう。




全564ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事