鹿児島石鯛倶楽部 狙撃隊のブログ

鹿児島石鯛倶楽部狙撃隊は石鯛・クエ・ロウニンアジ等の大物を狙い坊津・枕崎・屋久島・吐喝喇列島(トカラ列島)へ釣行しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15]

[ 前のページ | 次のページ ]

離島遠征 Part3

6月18日〜19日
 
最終章
危険をも顧みず、巨大なクエ・ロウニンアジ・イソマグロを狙う狂戦士H・狂戦士Mとの3名で離島遠征に挑んだ。
 
日中は石鯛を狙うMさん。
白ウニの芯掛けを投入すると、直ぐに素針にされてしまう。
そこで、白ウニの丸掛けを投入してみる。
魚の活性が高いようで、丸掛けも素針にされてしまう状況に興奮度MAXのMさん。
白ウニの丸掛けを投入して、5投目位してだろうか、
Mさんの「オオッ」と言う声がした。
竿先を見てみると、押さえ込まれているではないか!!
Hさんと私も一緒になり「走れ、走れ」と声を出す。
その直後、一気に竿が極限まで曲がった。
Mさんが合わせを入れようとしたとき、魚の反応が消えた。
首を傾げ、仕掛けを回収すると、49本撚りのワイヤーが切られているではないか(驚)!!
まさか、49本撚りをきられるとは(涙)
アタリ方や白ウニの丸掛けに喰ってくるということは、間違いなく奴の仕業では!?
「白ウニの丸掛けに喰ってこない奴は要らない」
と、豪語するMさんですが、大本命を逃してしまったMさん、撃沈です。
それ以降、アタリはなく、翌日に持ち越しになりました。
翌日は、白ウニを分けてもらい、私も石鯛狙いに参戦させて頂きました。
白ウニの粗割りを投げ込んでみると、アタリがあります!
3投目、置き竿にしていた私の竿が、海面へ。合わせを入れ、なんなく上がってきたのは、2キロ程のイシガキでした。
すみません。Mさん。先にやっちゃいました(笑)。
その後も二人で石鯛を狙ったが、昨日のようなアタリはなく、納竿にした。
 
初日より石鯛を狙わなかったのは、日中より、Hさんと大物狙いに挑んでいたからだ。
 
大物仕掛けにもアタリはあるものの、小型魚に遊ばれて終わりといった状況だ。
が、ようやく、私の竿に今までとは違うアタリがでた。
合わせを入れ、全体重を掛け、魚の抵抗に耐える。しかし、抵抗を見せたのは最初ばかりで、後は全く引かない。
ただ重いだけといった感じで、3人で遊び遊び、リールを巻く。
海面近くになり、やっと抵抗し始めましたが、もうすでに遅し。
落とし網で回収したのは
イメージ 1
イメージ 2
15キロの青チビキでした。
このサイズのチビキには、ちょっと驚かされた。
 
日が暮れ夜の部へ移行した。
屋久島の畠山さんも参戦し、4人で巨魚へ挑んだ。
 
各自、思い思いのポイントへ仕掛けを投入する。
ミュートスHHH+ステラSW20000を片手にルアーを投げ入れてみた。
すると、一投目のファーストアクションで、ゴツンとアタリがあり、上がってきたのはギンガメ。
それから直ぐに畠山さんの仕掛けにもアタリがでた。必死に魚の抵抗に耐える畠山さん。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
全く、抵抗を止めない魚に、耐えるだけ耐えたがラインブレイク(悲)
それから、単発的にアタリはあるものの、小型魚に遊ばれている状況に、私と畠山さんはルアーマンに変身することにした。
ルアーを投げ入れていると、私にもHITするものの、ミクロばかり。
イメージ 7
 
畠山さんのルアーには、けたたましくドラグ音のする魚ばかりHIT。全く止まろうとしない。全体重を掛け、魚の抵抗に耐えるが、全てラインブレイク(悲)
 
腕の違いを見せ付けられた感じでした(悲
 
私たちがルアーを投げ入れている間に、Hさんにも小さな魚がHITしたようだ。
H「これじゃT(トレバリー)じゃん」
H「ティーしか釣れないし」
ミクロGTを釣り上げていました。
 
ルアーに興味をもったHさんが私の元にやってきました。
H「ルアー投げさせて」
私「どうぞ」「リーダーが絡んでますよ」
H「解くから」
と言い、リーダーの絡みを解くが、中々解けません。
H「先に餌を投げ込んでくる」
と、再び、餌を投げ入れ戻ってきた。
その直後、畠山さんが大きな声で「アタリ・アタリ」
と叫んでいる。
仕掛けを見ると、Hさんの竿にHITしている。
慌てて、竿を取り、合わせをいれると、けたたましいドラグ音が鳴った。
全体重を掛け、フルドラグにするも、リールより勢いよく、ラインが引き出されていく。全く止まる気配がない。
座り込み必死に耐えるのが精一杯のようだ。
こちらが、恐れをなしてしまいそうになる。
その間もどんどん、ラインは出て行くばかり。
ファーストランでどの位、ラインが出ただろうか!?
 
やっとのこと、巻いてもラインは引き出されてしまう。
それでも、まだ見えぬ大物は、全く抵抗を止めようとしない。
その繰り返しにHさんにも疲れが見え始めた。
イメージ 8
 
畠山さん、Mさんと一緒に「頑張れ、頑張れ」と、声援を送る。
縦横無尽に走り続ける、まだ見えぬ大物との距離を少しでも短くするため、そして、障害物などによるラインブレイクを回避するため、Hさんを誘導する畠山さん。
ラインを巻いては、出て行く。ラインを巻いては出て行く。それを繰り返すこと20分。
やっとのこと海面を割って出た!
4人掛りで無事にランディング!!
イメージ 9
イメージ 10
137cm 43kgのGT!!
 
おめでとうございます!
やっとG(ジャイアント)が付く魚を仕留めましたね!!
 
H「ティーしか釣れない」
と、嘆いたいたHさんでしたが
137cm 43キロのGTに大満足のようです!
 
これを釣るにあたり、運命の分かれ道がありました。
あそこで、ルアーのリーダーを解き続けていたら、このチャンスはものに出来なかったでしょう!!
 
それにしても良かったです。
本当におめでとうございます。
 
来年はMさんの番ですよ!それまでは、お酒を飲み過ぎないように、体を鍛えてて下さいよ(笑)!
 
屋久島の畠山さん。
色々とお世話になりました。ありがとうございました。
腕の違いを見せ付けられた感じでした。
また、よろしくお願いします。
 
イメージ 11
イメージ 3
 
北九州の○川弟さん。
もったいぶってしまいました(笑)
今週は、秘境の地へ行かれるのですよね!
是非、大物を仕留めてきて下さい。
 

開く コメント(8)

離島遠征 Part2

6月11日〜12日
 
前回の屈辱を果たしに挑んだ離島遠征。
 
今回こそは、大物を仕留めてやると、意気込んだ。
 
Hさん、先週の遠征後より、早速ロッドをオーダーし購入した。そのロッドでの初ファイトを期待した。
 
最初にHITしたのは、Hさん。
巨魚とのゴング音が鳴った!!
ニューロッドが大きくしなり、必死に耐えるHさん。
だが、今回、ニューロッドを手にしたHさんは違う。前回と比べ、余裕がある様子♪
Hさん「このロッド、中々いい調子だ!強引なファイトができる」
魚の抵抗を交わしながらも、強引に近くまで巻き上げてきた。
海面近くに、白く大きな魚影が映った。
私「白い魚影が見えた。どんどん巻いて!」
海面まで、数メートル!
あと少し、と、エールを送る。
しかし、魚も再び抵抗する。
その時、Hさんが激しく尻餅をついた。針外れかと、仕掛けを回収すると、100号のラインが切れている(涙)
 
おそらく、魚影からすると、サメ??の仕業だろう。
 
気を取り直して、再度、仕掛けを投入するが、アタリがない。
 
夜中も、仕掛けを何度も投入するが、反応はないまま。
もちろん、私の竿にもアタリはない。
 
そうこうしている内に、Hさんは疲れ果て入眠してしまった。
いつも元気なHさんであるが、巨魚とのファイトに疲れてしまったのか・・・?
 
アタリもなく、石鯛仕掛けを準備し、切り身を投げ込んでみる。
面白いようにアタリがあり、竿先のケミホタルが、一瞬で視界から消え海面へ。
大物釣りより、こちらの方が面白くなってきた。
Hさんを起こし、誘うが興味がないようだ。
結局、朝方まで切り身で遊び続けてこの釣果。
イメージ 1
 
夜が明け始め、Hさんは片付けを始めた。
私「ラスト、これまで」
と最後の仕掛けを投げ入れた。
Hさん「潮が動き出したね」
その直後、魚とのゴング音が鳴った。
直ぐに、竿を手にし、体重を掛け、魚の抵抗に耐える。
が、秒殺。
そのまま、尻餅をついて倒れこんでしまった。
 
回収すると、ラインブレイク(涙)
 
今回も、二人してラインブレイクで終わってしまった。
 
二人して、大物を抱え、写真を撮っているはずが・・・(悲)
 
来週、ラスト!?チャレンジ!!
 
○川弟さんへ
今回もGET成らずでした。もったいぶってしまいました(笑)
来週、リベンジです。
 

開く コメント(3)

離島遠征

6月4日〜5日
 
大物を追い求め離島遠征へ挑んだ。
今回、参戦したのはHさん。
5月の釣行は、今回の釣行のためにと、我慢するだけした。
 
それだけ楽しみの離島遠征!
 
天気予報も曇り晴れと、中々のコンディション!
 
日中は、予報通り、天気も穏やかで石鯛を狙った。
が、魚の活性!?が悪く、250個程準備した餌も3個程使用し、残りは撒き餌になった。
 
今回の一番のイベントは、何と言っても夜釣り!
仕掛けも頑丈に、これでもか!!と言う仕掛けを準備した
 
日が暮れ、Hさんの竿が、僅かに動いた気がした。
首を傾げ、竿を眺めているHさん。
Hさん「うつぼ・うつぼ・・・
その直後、竿先のケミ蛍が視界から消えた。
Hさん「巨大うつぼかも!?」
 
リールを巻くが、ドラグ音が鳴り、道糸は出て行くばかり!
Hさん「違う・・うつぼじゃない・・」
 
座り込み、まだ見えぬ魚の抵抗に必死に耐えるHさん。
引きずられそうになりながらも、やっと耐えている。
 
もしかして、アラ!?
 
耐えるのに限界になってきたHさん。筋肉の塊のHさんも息をきらしている。
 
耐えに、耐え、海面を割って出たのは、なんと20〜30kg程のエイでした。
イメージ 1
 
二人では上げることが出来ず、4人掛りで取り込みました。
 
釣り上げたHさんが、こんな弱音を吐いていました。
「もう、無理やっど。かなり、びびった」
「次から、大きな仕掛けは使わないことにする。大物釣りは止めるかも」
 
一ヶ月前のHさん
「すべて獲る♪♪」
「余裕っしょ!!」
 
でした。
 
今回の離島遠征では北九州の○川さん兄弟に大変お世話になりました。エイのランディングから、荷物の移動などなど・・・。
本当にありがとうございました。
夜中になり、バケツで水を被ったような大雨になりゴアテックスのカッパも中までビッショリ。
そんな中、非難するのに○川さん兄弟にお手伝い頂きました。
 
次、お会いするときは石鯛釣りに行きたいですね!
屋久島は最高ですよ!
イメージ 2
今週、Hさんとリベンジ予定です。
○川さんが、磯でばらした様な大物を仕留められると良いのですが・・・!
来週のブログは、二人で大きな魚を抱えた写真!?をアップ予定です!!!
それと、Hさんですが、○川さんより教えていただいた情報をもとに、早速、ネット検索しているようでしたよ。
もしかすとる、もう購入したかもしれません!!
 
それでは来週、釣果報告しますね。
 
 
 

開く コメント(3)

坊津

5月16日
 
久々に坊津の海人Tさんと。
 
T 「何釣りをするけ〜」
私 「暇だから・・・何でも。ジギングは!?」
T 「なんも釣れんよ」
私 「じゃ〜ホロ引き!?」
T 「釣れとらんよ
私 「・・・」
T 「鯛ラバでもしてみる?」
私 「じゃ それで!!」
 
昼過ぎより出港しポイントへ。
 
海上で侍丸の船長さんより
 「昨日も・今日も石鯛釣れてますよ!」
 「○○さんの撒き餌が効いているみたいです!!
坊津は好調のようです!!
 
魚探を覗き込むが、良い反応がありません(涙)
ポイントを変えても変えても、反応は今ひとつ。
 
上げ潮が入っているようで、船がドンドン流されます。
 
コゴロや大瀬付近も最高の潮が入っています。
 
しかし、釣れません。
 
夕方になり魚探の反応も良くなってきました。
 
T「いい反応しだしたよ」
大瀬周辺にきたところで
Tさんに待望のアタリがありました。
しかし、竿に乗ることはなく・・・。
 
その後も時間だけが過ぎて行き、最後にコゴロ周辺を攻めてみることに。
 
やっとのこと私にもアタリが
Tさんの「今だー!!」の掛け声で合わせを入れました!!
 
スポッ(涙)
 
またまたやってしまいました。
 
な、なんと、仕掛けを回収してみると
 
イメージ 1
針が伸ばされていました!!
 
鯛ラバでの初HITがこんな結果になるとは・・・。
 
そのアタリを最後に帰港となりました。
 
今週、またリベンジすることになりました。
 
天気がいいといいけどな〜。
 
鹿児島石鯛倶楽部 狙撃隊HP http://www.ab.auone-net.jp/~sogeki/

開く コメント(4)

石鯛釣行

4月30日
 
船間遠征を予定していた副隊長でしたが、時化男のようです!!
 
船間・南薩方面も強風のため渡船は出港せず。
それでも諦めない副隊長!
こんな時こそ頼りになる桜島(避難港12番)へ。いつもの渡船でポイントへ渡る。
桜島側へ釣座を構えると、ここは水道のようになっており、かなり深い。ちょっと投げるとカウンターで50m近く入る。
いざ仕掛けを投入・・・。
そのまま静かな時間が流れる・・・。
 
イメージ 1
 
しばらくして、仕掛けを回収してみると、なんと赤貝がそのまま・・・。
 
その後も棚を変えて探ってみるが、全くあたりなし。
正午を越える頃、右へ潮が流れ出し、コツコツッというあたりが!!
しかし、竿先にそれ以上の動きはなく、流れも止まってしまった。
 
足下にいたガンガゼを捕まえて投げ入れてもまったく変化なし。
 
あきらめムードの頃、フッと足元の海面に目をやると、大きなイカを発見!
なんとか念仏鯛を釣り、たまたまあったイカリ針を結び、投入!
相方にタモ入れしてもらい、こちらは意外と??簡単に釣れました。
 
イメージ 2
 
その後も石鯛竿は何の変化もなし・・・。
石鯛の魚影は濃いとのことですが、やはり池のような桜島で釣り上げるのは難しいんですね。
どなたか教えてください。
 
鹿児島石鯛倶楽部 狙撃隊HP http://www.ab.auone-net.jp/~sogeki/

開く コメント(4)

全15ページ

[10] [11] [12] [13] [14] [15]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事