ここから本文です
日経新聞を読んで

KM20181022 【気づき】 ◆「自分を問い直し」て、「自分を取り戻す紙とペン」 今日の日経新聞の『こころの健康学』で、認知行動療法研究所会センター大野 裕氏のセミナー内容として紹介事例、「自分をと取り戻すのに「紙とペン」の重要性」が紹介されえている。このことの重要性について面白い内容なので拾ってみた。 ◆自分を取り戻す「紙とペン」の重要性 〇笋燭舛蓮∪験茲涼罎罵遒噌んだり、腹が立ったりする。 △修鵑併に、感情に流されて現実に目が向かないことが多い。 ⓷そのために自分の世界に入って、ますますつらく感じて、悪循環にはまり込む。 い修鵑併、「紙とペン」と自分を思い出すようにすことができる。 ゼ分の自分の気持ちや考え方を紙すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • KM20140511 ◆熱風の日本史:きのう日経新聞のこの欄に、 隣組の「クモの巣社会」が載っている。 編集委員井上亮氏の記事である。 「クモの巣社会」とは、 戦後にアメリカのジャーナリストであるフランク・ギブニーが、 日本の戦前・戦後の隣組制度をそう呼んだものであるが、 極めて日本的な制度で、 ...すべて表示すべて表示

  • ◆富士通は、人工衛星や航空写真を使った観測データをコンピュータで自動的に解析するサービスを始める。商用化は2013年から。解析サービスは、農地の土地利用、建物の建築変更状況、廃棄物の不法投棄等を自動的に解説するのに活用が期待されている。富士通では地方自治体、企業、農業団体等での活用を見込んでいる。 〇農業での想定利用法:’醒呂龍莢菁聴、土地利用 ...すべて表示すべて表示

  • KM120429 〇保存するには、一般的に凍結させる。だが、一旦凍結するとスカスカになるケースが多い。こんな現象を解消させる新技術が登場した。凍結保存しておいて、解凍後に美味しく食べられる食生活が楽しめそうだ。 〇不凍たんぱく質とは?:南極の魚が冷凍下の海水でも何故凍らないかかと云う素朴な疑問を追及する過程から見つかったもので、魚、植物、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事