ここから本文です
日経新聞を読んで

KM20180622 【気づき】 ◆社是で存在価値を語れ 今日の日経産業 NIKKEI BUSINESS Dailyの『Smart Times』に大阪大学の榮藤 稔教授の主張が 載っている。 分かったようで分かっていない『社是』を具現化する提言として分かりやすい。 ◆榮藤教授の主張 〜篭伴圓料曚い龍餮讐修必要になってきている。 △靴し、社員は「ナゼこの会社が存在するのか」という内容が、 「自分ごと化」(自分の言語化、同質化)として腹に落とし込んでいない。 い修譴蓮◆惻卆А戮魘饌療数値などに落とし込んでも、そこには落とし穴がある Г修海忙って行くと、具体的な数値達成の「ハウ」だけが追及され、 自己定義出すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • KM20140511 ◆熱風の日本史:きのう日経新聞のこの欄に、 隣組の「クモの巣社会」が載っている。 編集委員井上亮氏の記事である。 「クモの巣社会」とは、 戦後にアメリカのジャーナリストであるフランク・ギブニーが、 日本の戦前・戦後の隣組制度をそう呼んだものであるが、 極めて日本的な制度で、 ...すべて表示すべて表示

  • ◆富士通は、人工衛星や航空写真を使った観測データをコンピュータで自動的に解析するサービスを始める。商用化は2013年から。解析サービスは、農地の土地利用、建物の建築変更状況、廃棄物の不法投棄等を自動的に解説するのに活用が期待されている。富士通では地方自治体、企業、農業団体等での活用を見込んでいる。 〇農業での想定利用法:’醒呂龍莢菁聴、土地利用 ...すべて表示すべて表示

  • KM120429 〇保存するには、一般的に凍結させる。だが、一旦凍結するとスカスカになるケースが多い。こんな現象を解消させる新技術が登場した。凍結保存しておいて、解凍後に美味しく食べられる食生活が楽しめそうだ。 〇不凍たんぱく質とは?:南極の魚が冷凍下の海水でも何故凍らないかかと云う素朴な疑問を追及する過程から見つかったもので、魚、植物、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事