ここから本文です
日経新聞を読んで

書庫全体表示

◆富士通は、人工衛星や航空写真を使った観測データをコンピュータで自動的に解析するサービスを始める。商用化は2013年から。解析サービスは、農地の土地利用、建物の建築変更状況、廃棄物の不法投棄等を自動的に解説するのに活用が期待されている。富士通では地方自治体、企業、農業団体等での活用を見込んでいる。

〇農業での想定利用法:’醒呂龍莢菁聴、土地利用の変化の把握(過去と現在)、G精酳の作地別の把握、づ效呂凌緤量の測定、ス椋酳棄地の発見、Р鮴皀如璽燭鮓気砲靴晋家鏡の画像から、従来はシャーレ内の細菌数を数えていたものを自動計測する事も可能。

〇行政での想定利用法:|亙自治体の固定資産税の申告漏れの発見、大規模な産業廃棄の不法投棄の発見など。

◇どんきほ〜て:問題は利用価格だ。個別の農業者が、作付管理、出来高管理、年度別の肥料使用管理、薬剤管理、作付状況管路等の経営管理面でも使えるかも知れない。その時に、安い料金で利用できるように、農業の支援機関等で整備が必要だろうと思う。このようなインフラ整備も政府、行政には求められるのだろう。産業俳句物では、県別での管理体制が現存してために、いりいろと問題も発ししているようので、このシステムは有効かも知れない。

関連ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/teisitu/49694120.html
http://blogs.yahoo.co.jp/shigeo_sonobe/25864659.html

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事