ここから本文です
日経新聞を読んで

書庫全体表示

運動会で娘にしたヘアアレンジ
芸能人ブログ人気ブログAmeba新規登録(無料)
気づき・発想・考える力を育てる「気づき発見」サイト。

人は気づきによって、発想し考える。気づきは泉から湧き出るように智慧の源泉。これを引き出し、発想や行動に結び、成果お引き出す情報発サイトです。「気づき」は、その発生から成果を生み出すまでを個人的側面、組織的側面から効果的にマネジメントすることが必要です

ブログトップ
記事一覧
画像一覧
このブログを検索する
◆『私のリーダー論』(小路明善 アサヒグループHO社長兼CEO)
◆脚本家がつくる共感の世界(私の履歴書 橋田壽賀子氏)
NEW!2019-05-20 09:41:59

テーマ:ブログ
「気づき」は宝もの!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「気づき・発想・考える」を鍛える

最もシンプルな「気づき成長マンダラ」のブログ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

習慣化によって「気づき力」を磨くサイト

「気づき」は宝もの!!



KM20190520

【気づき】

◆日経新聞5月の『私の履歴書』は脚本家橋田嘉賀子氏である。脚本家として裏話が面白いので毎回読んでいるが、「おしん」の制作過程が楽しみである。

創作の世界で視聴者の共感を呼ぶ本質についても次のように書かれている。

人の気持ちを拾う「共感」について考える機会ともなるので拾ってみた。。



◆視聴者の共感をよる要素

 嵜閥瓩淵董璽沺廚任△襪海

◆崚験に富んでいる」こと

⓷「リアルな問題点」

の三つである。



◆どんきほ〜て:ナルホド!! なるほど!!

「おしん」の背景は、時代的「認知共感」と、当時の人々が感じていた心情的な「情動共感」が一体なった(やさしい経済学より)結果が、一大ブームを生んだのだろう。

指摘しておられるような視点を、それぞれの要素をもう一歩進めて、マンダラで展開してみると面白いものが抽出できるかも知れない。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事