わたしちゃんで〜す。

ニューヨークでテラス ガーデニングを楽しんでいます

きょうのお話

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

アメリカの少数民族

イメージ 1

数年前から言われていますが、アメリカはこの10年くらいの間に、白人が少数民族になるらしい。作年あたりまでは、本当かしら?と思っていましたが、今年になって、急激にその傾向が見えはじめています。毎朝わたしちゃんのアパートからセットショップまで歩いて通勤していますが、朝、顔を合わせる黒人の女性がいらっしゃる。この方は品があり、ほっそりとした背の高い素敵な女性です。グッドモーニングとご挨拶するのですが、どこに住んでいらっしゃるのか知りません。きっとご近所同士。

4月の24日はイースターでした。誰が聞いても、わたしちゃんの英語はアクセントがあるので、外国人です。イースターデイナーにご招待してくださいました。アメリカに何年も住んでいるにもかかわらず、この女性が初めて知り合った黒人。黒人とスペイン系のかたは、レストランで働いている人と、お掃除の人、セットショップで働いている人以外は知りませんでした。

アパートについたら、とってもハンサムなご主人と、映画スターのハリーベリーのように美しい二人のお嬢さんと、姪の方がわたしちゃんより先にいらっしゃっていました。ご主人は会計士、女性は銀行員、お嬢さんたちは弁護士、姪は医者と、皆さんが専門職の方たちでした。わたしちゃんをのぞいて皆さんが黒人。初めての経験だったので、不思議な感じがしました。そして、毎年8月にイーストハンプトンの別荘でやるパーテイーに招待してくださいました。アパートの中は、見覚えのあるアートと骨董品で装飾されて素敵でした。ご両親はお父さまがアメリカの歴史に残る家族のご主人お付きの運転手、お母さまが、お料理人長だったそうです。昔ハーレムが優雅だったころの話、ご両親のお話はわたしちゃんにとって本でしか読んだことのないお話で楽しかったです。

テイファニーや、シャネルでも、一時は上客さまを応対する店員が日本人、韓国人、中国人に変わっていましたが、いまは、黒人とスペイン系の店員さんがいます。セットショップのお客さまは白人の男性が多かったのですが、最近は黒人とスペイン系のお客さまに変わっています。

何年もつずいた白人社会から、人種差別を超えた人間平等社会に変わっているのでしょうか〜。

開く コメント(27)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事