キリギリスのように暮らし、アリのように蓄える

戦略的バリュー投資で安全確実に資産を増やす。

全体表示

[ リスト ]

いつか来た道

今週は僕のポートフォリオにもプチ稲妻が輝きました。年初来のパフォーマンスも+35%を超えてきました。

サムティ、シノケン、エヌアイシ、日本創発が大きく貢献。ついでにFPGも^^

いや、確かにこの程度のパフォーマンスなんて大したことないかもしれませんよ、特に今のようなイケイケのマーケットではね。

でもね、僕は、昨年後半くらいからはもう安全性重視といいますか、インカムゲイン重視と言いますか、そういった観点でそのポートフォリオを組んできました。

サムティにしても日本創発グループにしてもFPGもその高配当利回りを第一の目的に投資を開始したわけです。大きく上げたエヌアイシだって買ったときはその配当利回りも良かった。

なのにこんなに含み益が増えている(株価が上昇している)。


高配当利回り銘柄投資はそのキャピタルゲイン的リターンは期待できないって言うじゃないですか。そんなことないですよね。高配当利回りという下値抵抗(安全性)を持ちながらも十分なキャピタルゲインを狙うこともできるのです。

ディフェンスを重視しながらでも、ある程度攻撃力のある(キャピタルゲインを得る)ポートフォリオを組むことは可能だと思います。



これは他所から拝借してきたもので、マイクロキャップ(超小型株)のパフォーマンスが突出しているというデータですが、これを見るとその通り、自分もこのマイクロキャップ銘柄のパフォーマンスの恩恵により今の資産を築くことができたのだと納得できます。

イメージ 1


マイクロキャップとは、時価総額300億円未満の株のことを言うそうですが、僕たち個人投資家が大好きな、そしてそのポートフォリオの大きな部分を占めているのもこのマイクロキャップではないでしょうか?

そしてそのパフォーマンスの恩恵によって、これまで大きな資産を築いてきた投資家も少なくないと思います。


でも、このデータを見ていて思うのは、やさしい相場環境においてそのパフォーマンスは突出していますが、その天井を打った後の高値からのその下落率もなかなかなものですよね。

2003年からのバブル的な上昇も2009年には元の木阿弥、行って来い状態です。

そしてこのチャートを見ると、2016年末にはすでに過去の高値が霞んで見えるくらいの高値まで到達しています。

ですので、これまでの上昇が元の木阿弥的な株価まで下がる可能性は十分にあるわけです。そこまで行かないにしても半値とかは十分ありそうですね。


最近というかここ1年くらい、資産億りましたとか仕事辞めて専業になりましたとか、そういった個人投資家のつぶやきが多くなってきているように感じています。

ライブドアショック前の2005年当時によく耳にした言葉です。そしてその頃の、なかなかもう割安な投資対象が無くなってしまった、という感覚に今現在が似てきているようにも感じます。

ITバブルが崩壊し、市場暴落から下げ相場が続き、その底を打ったのが2003年4月。

そこから2007年までの4年間、上げ相場つまり投資家にとってのやさしい相場環境が続きます。そしてそこで大きく投資資産を増やした投資家の多くがその次に来る下げ相場(リーマンショック含む)で市場から退場していきました。

退場までは行かなくても、僕もそうですが、投資資産の大きなドローダウンを喰らいました。


そして今回のやさしい相場は、リーマンショックによる暴落で底を打った2008年10月から始まります。つまり、このやさしい相場、大した実力がなくとも世間一般常識を遥かに超えて資産を増やすことができた投資家を量産してきた相場は、前回、ITバブル崩壊後の4年間続いたやさしい相場をはるかに上回る9年近くにも及んでいます。

これはそのマイクロキャップの上昇トレンドを見ればわかります。個人投資家がいかに儲かるしかない(損のしようがない)相場環境に恵まれていたのか。


おそらく、今回のやさしい相場環境終焉後の下げ相場では、前回の下げ相場での個人投資家の惨状をさらに大きく上回るレベルの惨状が繰り広げられると考えています。

それはもう、9年間も簡単に勝てる相場が続けば、誰だって自分の実力だと勘違いするし、仕方のないことだと思います。

特にリーマンショックのような本物の暴落を経験していない投資家で、この長期的なやさしい相場環境で資産を大きく増やしてきた投資家にとっては、今は想像もつかないような相場環境が到来すると思います。


マーケットは、長期的にはディフェンス能力の高い投資家が生き残って資産を増やしていく世界だと考えています。

そのディフェンス能力とは、わかりもしないマーケットタイミングを考えたリスクヘッジのポジションを持つようなことではなく、その時その時のマーケットで、自分が割安だと思う銘柄群でポートフォリを管理し続けること、そしてその投資資産がたとえ半値になろうとも、割安だと思うポートフォリを維持し続けるだけの精神力を持つこと、それが可能な生活環境を整えておくことだと考えています。

この記事に

閉じる コメント(7)

magicさん、こんにちは。
もう梅雨明けかというくらい連日、暑い日が続いてます。

マイクロキャップ銘柄が売られ下落が続けば、何かしらのショックまたは半値までくると僕も思います。
リーマンショックからそろそろ10年が経とうとしてますが、magicさんはこれから危険な兆候など何に注視してますか?
ご教授お願いします。

2017/7/15(土) 午後 0:09 [ hrk*emt ] 返信する

顔アイコン

今年始まってからは未来の成長に期待出来る株が買われていった印象でしたが
それももうだいたい織り込まれてしまって、期待値込みでも買えるものが少なくなってきたように思います
FPGの上昇を監視してましたが、前半いまいちだった優良銘柄もここから意識されていきそうなイメージです

相場は簡単でもいいですが、今が簡単すぎる状態だという意識は必要ですよね

2017/7/15(土) 午後 4:49 [ Gurgoyle ] 返信する

顔アイコン

サムティを買って儲けさせていただきました。ありがとうございます。

2017/7/17(月) 午後 8:25 [ sio***** ] 返信する

顔アイコン

> hrk*emtさん

僕はマクロ的な指標から危険な兆候とかを読み取ることはできないので、個別の銘柄の指標を見て、割安なものが枯渇してきた状態だと思えば、それが危険な兆候のように感じます。

2017/7/19(水) 午後 7:37 magic 返信する

顔アイコン

> sho*ti*g*tar7*11さん

大きな利益確定ですね。コーヒー数年分は飲めますね^^

2017/7/19(水) 午後 7:42 magic 返信する

顔アイコン

> Gurgoyleさん

そうですね。今は簡単すぎると思います。

2017/7/19(水) 午後 7:43 magic 返信する

顔アイコン

> sio*****さん

それは良かったです。僕はもっと儲けようと思ってます^^

2017/7/19(水) 午後 7:44 magic 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事